2016年7月24日 (日)

ミニミニきゅうりとコロコロきゅうり

通販で苗を買って育てたきゅうりが、つぎつぎ実ります。
どちらもかわいい大きさのきゅうりです。
プチトマトと比べると、その小ささがよくわかります。
2016_07180017

丸いほうは、ほんとうはつるつるきゅうり(とげがないので)と言うのですが、コロコロのほうが似合ってると思うんだけど。

どちらもピクルスに向いているので、ピクルスにしました。
セロリ以外は自家製の野菜です。
2016_07180016
パリポリパリポリと小気味よい食感で、酸味ほど良く、美味しく出来上がりました(o^-^o)
う~ん、夏向き2016_07180018

|

2014年4月25日 (金)

木の芽どき

おとなりのフェンスを越えて山椒の木が伸びてくる
青々と新芽がきれいです2014_04250005
昨日、夫が知り合いからたけのこをいただいてきました
さっそく糠を入れてゆがき、あく抜きをして、うちで取って干しておいたしいたけと共に煮つけました
まだたくさん残っているので、早速おとなりの山椒の葉を失敬して、木の芽あえにし、残りはたけのこごはんにしました
とっても美味しくできました
山椒の強い香りがいつまでも手に残ります
2014_04250001
たけのこごはんと木の芽あえ

春はありがたい
里山ではあちこちに山菜が見つかります
このところ、ふきのとう、タラの芽、わらび、ぜんまいなどなど、食卓は春の香りでいっぱいです

|

2013年11月28日 (木)

はまってます きのこカレー

久しぶりにクッキングの記事です
いつも食べてしまってから、ああ写真撮り忘れたと(ノ_-。)

「あまちゃん」を見るようになって、「あさイチ」をそのまま見ることが多かったこの秋
とは言っても興味あるテーマだけだけど
やっぱり料理には心惹かれてだいたい見ている

9月18日の、”スーパー主婦直伝! どこよりもおいしい!時短ごはん”でやっていた
”ひき肉きのこカレー”にはまっています
  フライパン一つでできちゃう
  15分でできちゃう
  安価な材料費でできちゃう
  一晩寝かせなくても美味しい
  ヘルシーである
  
この秋もう何度作ったでしょう
チョットやみつきになる味と食感です
こんなにたくさんキノコを使います
(きょうは、えのき、しいたけ、まいたけ、ぶなしめじ)
2013_11280035_2
ひき肉のいため方をレシピどおりにすることが大切

今朝も、夕べの残りをいただいちゃいました(*^-^)
2013_11280037

この日の直伝では、もうひとつうちの定番になったものがありますが、例によって食べてしまったので(ノ_-。)また次回に‥‥

|

2009年7月 8日 (水)

せっせっと葉っぱを摘んで

今年は、コンパニオン・プランツとして、とまとの側にバジルとシソをたくさん植えました。

バジルは若い芽を摘みます

これで120g
0906270068








”COOKPAD”を参考に、ジェノベーゼソースを作りました。
材料をミキサーで混ぜ合わせるだけです。
0906280071 0906280074







まずは、ポピュラーにパスタに使って試食。
ちょっとしょっぱかったので、塩を少し減らし、パルメザンチーズは食べる時に加減して入れることにしました。
できました。数人分づつにわけて、冷凍保存します。
0906250007 0906280078








青じそ、赤ジソ、セントジョンズワートも摘みました

0907050063












0907060069赤ジソの葉は、梅(2kg)対して200g
を使って、梅干を漬けました。
このまま土用まで待ちましょう。





0907060068_2

シソジュースには、
赤ジソ 150g
青ジソ 200g  を使いました
水やソーダで5倍に薄めると、とってもきれいなローズレッド。
ミルクと混ぜるとちょっととろみがついて、ヨーグルトドリンクのようになります。
ちょっと歯が、きしきしってするけど、味はとってもさわやかで美味しいし、健康にいいらしいのは、なおけっこう。





0907060071_2 セントジョンズワートは、蕾の付いた穂先を摘んで、バージンオリーブオイルに漬け込みます。
日光に当てて、毎日瓶を振りながら一ヶ月待ち、褐色に変色したオイルを濾して保存しておきます。
「ペニシアのハーブ便り」によると、50肩が治まり、筋肉痛、神経痛、肩こりなどに利くと書いてあります。
早く試してみた~い。



葉っぱを摘むのは、豊かな香りに包まれて幸せな作業でした。

きょうも雨降り。
今朝は、レディースデイなので、久しぶりに映画を見に行きます。
上映を待っていた「愛を読む人」です。
では、行ってきま~す。

| | コメント (18)

2009年6月 4日 (木)

ストロベリーフィールズフォーエバー

畑のイチゴは終わったけど、今年も楽しみなイチゴ摘みがはじまりました。
里山の畑の近くに、土地の以前の持ち主が植えていたイチゴが野生化しているところがあります。

ドクダミとイチゴの野原になってしまっていて、それはそれできれいなんだけど、ほっておくのはもったいない。
粒も小さく(ちょうど木苺くらい)、ちょっと酸っぱいので、野鳥も猿も食べません。
その酸味のおかげで、ジャムにするととても美味しいのです。
よく熟したのは、みどりの好物で、競争で採ります。
負けるもんか!!

0906020011 0906020012

今朝はこれだけ採りました。
ジャムにしたら2ビン。昨日は1ビン。
ワーイ、早起きは三ビンの得 ヽ(´▽`)/
今年から、hiroさんに習ってビンのまま冷凍しています。
0906020015 0906020018
 

野生のめぐみをもうひとつ。
山を歩くとついつい採りたくなるワラビ。
いまでも、まだまだ採れます。
一握りづつ束ねて、塩漬けにして冷蔵庫で保存しています。
使う時は、お湯(65℃)で茹でこぼしてから、水を数回変えて、一日水にさらします。
灰や重曹であくを抜く必要がなく、塩分もすっかり消えます。
まだ新しいのでこんなにみずみずしくもどりますよ。
0905310004 0905310006
戻しシイタケ(春に収穫して干したもの)と油揚げと一緒に炊いて、夕食の一品に。

0906020020
            

  自然の恵みに感謝、感謝。





(室内の写真はピンボケでした m(_ _)m)

| | コメント (10)

2008年12月16日 (火)

自家製レモンカード

0801060007                    

レモンが、やっと黄色く色づいてきたので、収穫。                                                                                               
といってもたった3個ですが、1個150gの大きなものです。
冬は雪の積もる寒い土地柄なので、仕方ないですね。

 レモンカードを作ることにしました。

   材料   レ モ ン       2個
         無塩バター     50g
         砂   糖      70g
           卵         1個



 ① レモンは、薄く皮をすりおろし、果汁をしぼる(60cc)
 ② 卵を溶いて裏ごしをし、バターは小さな塊にカットして、①のすりおろした皮、果   汁、砂糖、と混ぜ合わせる。
 ③ 湯せん(50度位)をして、時々かき混ぜながら、徐々に加熱して(90度くらいま   で)カスタードより少しゆるい程度のとろみがでたら出来上がり。
 ④煮沸消毒したピンに詰めて保存。
 冷蔵庫で2週間もちます。

0801090024 0801090026








レモンの香りと酸味が魅力のレモンカードが出来ました。
パンやパンケーキに塗っていただきます。
0801090030










来年はもっとたくさん実ったらいいけどな~。




| | コメント (4)

2008年7月 3日 (木)

天然酵母でパン作り

以前NaNaさんのブログで見てから、ずっと作ってみたかった天然酵母のパン。
本を買ったり、ネットで探したり、失敗を繰り返して、やっと自分なりに完成。
全粒粉でつくる元種にこだわってみました。

①液種を作ります
いろんな果物で出来るようですが、
まずは、一番簡単そうなレーズンでやってみることに。
0504200002_2
 材料
  ノンオイルコーティングのレーズン  120g
  浄水した水 400ml
  砂糖     大匙 2

材料を広口ビンにいれ、室温に置きます。
 注) ビンは熱湯をかけて滅菌しておく。
ときどき、軽く振ったり、フタを開けてガスを抜きます。
シュワシュワと発酵してきました。
5~6日して、レーズンが上に上がってきたら、もう1~2日置き、熟成したレーズンは捨てて、液種は冷蔵庫で保存します。(2ヶ月は保存OK)

②パン種を作ります
液種に、全粒粉を加え、7~8分よくこねて密封容器に入れ
常温で1~2日、冷蔵庫でもう1日寝かせます。
                                       
これを、3回繰り返します。                     これが倍に膨らみます
0504110002_2      
 材料 1回目 液種80~100ml 全粒粉100g
     2回目 液種80~100ml 全粒粉100g 
         1回目のパン種60g
     3回目 液種80~100ml 全粒粉100g 
          2回目のパン種60g
        
残ったパン種は、それぞれ密封できるビン(ジャムのビンなど)で冷蔵庫に保存して、順次、パン種おこしに使用します。
    
③パン種おこしをします                      元種ができました
0504150026 材料を粘りがでるまで、よくこねて、広口のビンに入れて、2倍の量になるまで6~8時間室温におきます。
出来たら、冷蔵庫に保存。
私は1週間に一度パン種をおこすことにしました。
 
 材料
  強力粉  50g
  全粒粉 100g
  水    130ml
  塩     2g
  3回目のパン種  50g

④やっとパンを焼きます
もっともシンプルな生地なので、混ぜるものは工夫次第。
これで、直径7~8cmの小型のパン8個分です。

 材料
  ③でおこした元種80g
  強力粉 200g
  バター  12g
  牛乳   120ml
  砂糖    大さじ 1、5杯
  塩     小さじ  1弱

あとは、普通のパン作りと同じです。
1次発酵は、季節により異なりますがほぼ半日。
3~4倍の量になればOKです。
ベンチタイム20分。
2次発酵は、1~1時間半かかります。

       1次発酵         ベンチタイム            2次発酵   
0504180033 0504200003 0504200005  





200度のオーブンで15分。
ひねりパンと、クルミパンの焼き上がりです。
0504200006









私は、朝こねて、夕方晩御飯を作りながら、焼いています。
朝、オーブントースターで少し暖めれば焼きたての柔らかさに。
少しもちっとしてしっとり。
素朴だけど、味わい深く、とても気に入っています。
ハイジやローラもこんなパンを食べたのかな~?

いろいろなやり方があるようですが、この方法で、はじめてうまくできました。
もっと、簡単で美味しいやり方があったら、どなたか教えてください。

| | コメント (16)

2008年6月20日 (金)

畑のめぐみとブログのめぐみ

里山の畑は、いろんな動物が出入りしているようです。

0504060010 フェンネルは、葉っぱが伸びるとこの通り。
やっと、葉っぱが復活してもこの通り。
コーラルさんに教えてもらって、魚のムニエルの周りに飾ったのは、一度きりです。
せめて、もう一回使いたいんだけどな~。
人参も、やっと大きくなってきたらこの通り。
フェンネル同様、葉っぱがほとんど無くなりました。
0504060011








レタスも、とうもろこしも、インゲンマメも、少し伸びてきたと思ったら、誰かにかじられています。
となりのおじさんの畑のインゲンも、茎だけで葉っぱがありません。

「かわいい赤ちゃんウサギが入ってくるんや。奥さんに見せてあげたくて、捕まえようとするけど、すぐ逃げられてしまうわ。」とおじさん。
耳がまだちっちゃくてとてもかわいいらしいので、たしかに見てみたいけど、捕まえないでねおじさん。
となりの畑は、金網でしっかり囲ってあるのですが、隙間を見つけて、子ウサギはなんなく入るようです。

うちの畑も、去年はサルやイノシシに、サトイモ、サツマイモ、カボチャ、ハヤトウリ、きゅうりと片っ端からやられたので、簡単な柵をしたら、今年は、なんとか持ちこたえていますが、子うさぎと、野鳥は、やはり網をしなくては防げません。
まあ、少しはあげてもいいけど、ちょっと大変なんだな~。
山にはいっぱい食べるものがあるのに、
やっぱり、人の食べるもののほうが、美味しいのでしょう。
山の動物さんも、いまやグルメの域に達しています。

0504080003_2 それでも、たまねぎと、ジャガイモは無事に収穫。







新たまねぎで、早速hiroさんに習って、ドレッシングをつくりました。

作り方はこちらへ
(hiroさん、勝手にリンクさせていただきました)
私は大きなたまねぎを使ったせいなのか、みじん切りを間違えてスライスにしたせいなのか、たまねぎだらけだったので、たまねぎ一個で、調味料を倍にしました。
0504080004_2 今晩は、センジュさんのところで見た大分名物のとりてんと、今年初めて取れたきゅうり、トマト、ピーマン、無事だったレタスに、このドレッシングをかけていただいきましょう。
さっき舐めてみたら、う~ん、美味し~い!!
畑のめぐみと、いろいろ教えてもらえるブログ仲間のめぐみにサンキュー。

そうそう、夕べは、もう一品。
日向夏さんに教えてもらったおかひじき。
春先に種まきしましたが、やっと気温が上がってきて、伸びてきました。
金魚鉢の水草に似ていますね~。
伸びた先を10cmくらいカットして、2分湯がき、からし酢味噌をかけてみました。
味は、まったくくせがなく、というより無味な感じですが、ショリショリとした歯ざざわりと、きれいな色が、夏らしい一品となりました。
  やっと茎を伸ばしてきたおかひじき         からし酢味噌でいただきました
0504060012_3 0504080001_2







| | コメント (15)

2008年5月 2日 (金)

山菜料理あれこれ、あれこれ。

山笑う季節です。
みどりとの里山散歩は、山菜採りの時間でもあります。
0502170009












ここ3日ほどの献立の一部です。
里山のめぐみは、日々の食卓をうるおし、エンゲル係数を下げてくれます。
ここのところの、物価高の折、感謝、感謝!!!です。

ワラビの3品
     白和え         油揚げとの煮物     しょうが醤油かけ

0502170003 0502130072 0502150006







  筍と厚揚げの煮物       筍ご飯      山蕗と昆布のあっさり煮
0502150009 0502170006_2 0502170004 








  ゼンマイのお浸し     イタドリのキンピラ    落しブタも大活躍です
0502180016 0502170001 0502150007   









ところでイタドリを食べたことありますか?            これがイタドリ
0502160033

イタドリは、折るとスポンッといい音がする、スカンポ、スイバとも呼ばれる、噛むと酸っぱい植物で、子供の頃、よくかじっていた人も多いと思います。
数年前、これの調理法を友人に教えてもらい、毎年この季節になると、1m位の太い(3cm)ものを選んで、折って帰ります。      

 沸騰寸前のお湯につけて泳がせます    
0502160037






皮を剥き、お風呂より少し熱いお湯につけて半日~1日置きます

0502170012







半日だと、少し酸味が残りますが、私はそのほうが好きです。
これをベースに、煮物にしたり、ほそく刻んでキンピラにしたりします。
少し酸味のあるショリショリ感は、ちょっと意外な美味しさですよ。





     

| | コメント (18)

2007年7月25日 (水)

ヤミーさんのお料理本

超人気ブログ、ヤミーさんの3STEPCOOKINGが楽しい。
先日、本が出版されたので、眺めていると、毎日作ってみたくなる。

寝坊、けちん坊、食いしん坊の3坊おばさんとしては、料理は嫌いではない。
三人の子供たちが食べ盛りの頃は、いかに安く、いかに多く、いかに美味しそうに、お料理するかいつも悪戦苦闘していた。
毎日のようにパンを焼いていたし、誕生日、お節句には必ずケーキを焼き、季節季節の行事には、それぞれにふさわしい食卓にするよう心がけたものだ。

夫と二人暮らしになったとたん、量も少なくなって、だんだん手間のかかるものは、買ってすませるようになっていたけど、こんなに簡単にできるなら、やっぱり手作りは美味しい。
ヤミーさんは、世界中の料理を、一人分だけ、フライパン、レンジ、オーブントースター、コンロだけで、作ってしまう工夫がすごい。
これで、できちゃうの???   でも味は本格的。
洗う調理器具がほとんどないのもうれしい、うれしい。
それになにより、たくさん使われている輸入食材を探してきて、試してみるのが楽しくてたまらない。
   30分でできるベーグル                 レンジで10分のカラ揚げ
0707240012_1 0707250023







フライパンでつくるチーズケーキ              みどりも食べたいね~
0707250026 0707250028







小さなフライパンがなかったので、テフロンのおなべで作りました。

0707240001
こんなに美味しいものばかり食べてたら太りません?
そうなんです。
だから、最近、こんなことやってま~す。


        

| | コメント (15)

より以前の記事一覧