2013年9月 4日 (水)

ツイスター

ずいぶん前になるが、”ツイスター”という映画を観た
検索してみると1996年の作品で、”スピード”を撮ったヤン・デ・ボン監督
どおりで面白かったはずだ
CGを駆使したど迫力の作品で、よく覚えている
作品の中では、F5を想定した竜巻で、広いアメリカの大地を迫りくる大竜巻は、家やトレーラーや牛までもゴミのように巻き込み宙に舞う
当時は、心のどこかで「こんなことあるわけない」との前提は明白で、映画のフィクションを楽しんでいた。

しかし今や、面白いなんてばちあたりなことを言ってられない
規模は小さいとはいえ、まるであの時の映画のような竜巻が、この小さな日本でもおこるようになったってことだ。
竜巻に限らず、信じられない自然災害の光景が、ここ数年何度も何度も繰り返し映し出される。

現実だってことは、CGをはるかに超えて怖い。

竜巻の被害を写しながら、TVの画面の上部には、大雨洪水警報、土砂災害情報、竜巻注意報が出された地方をテロップがひっきりなしに伝える。
巨大地震もいつ起こってもおかしくないらしい

危うい時代を生きている

青い花々160
 
ヘリオトロープ

バニラのような甘い強い香りは魅力です
何度買っても枯らしてしまうのは、日本の気候に合わないのか、私が下手なのか?
2013_09020002_2

|

2010年6月10日 (木)

初夏をむかえた里山ガーデン

1006100003 春の訪れが遅かった里山ガーデンも、このところの高い気温で、いっせいに勢いをつけてきました。
小屋の窓辺の一年目のアンジェラは、花もポツポツ。
一株植えていたタピアンは、痩せこけた土が合っているのか、どんどん増えます。
こぼれ種から数本、千鳥草。


ガウラも咲き始め、ガーデンに下りる階段の上から棚田を見下ろします。

1006100005
1006050029 花友に分けていただいたレースフラワーが、たくさん咲きました。
ジギタリス,チドリソウ、フランネルソウは、種がこぼれて、あちこちで勝手に咲きます。
もうすぐ咲くかな?背高のっぽのチコリ。



里山に花壇を作り始めて4年目です。
みんな小さな苗から育てたので、すきまだらけだったけど、ようやく緑におおわれ、全体を写せるようになりました。
空いたところに植える作業は、育つものも育ちにくいものも、背の高さも、花の季節も考えていなくて、勝手に育ちたいものが育っている状態です。
こちらから見ると、初夏はまだほとんど緑。
レモングラスも、やっと新芽が出てきています。
セージ類は元気に新芽を展開し、花穂が見えてきました。
左から、
チコリ、フェンネル、レモングラス、ラベンダーセージ、ブッドレア、フランネルソウ、
手前は、ペンステモン、カンパネラサラストロ、ダリア、セントジョンズワートなどなど
1006090039_2
上の写真の右後ろから撮ると、
手前はカモミール。 左端は3尺あるかな?三尺バーベナ。
名前を忘れた3年目のアジサイに、初めてたくさん花があがっています。
たぶん、アメリカアジサイライアンゲイニー。
右となりは、伸び始めたアズレア、ジキタリス。
1006100026


青い花々(159)

ムラサキセンダイハギ
去年、三井寺の植木市で買った苗。
今年は5本花穂がでました。
黄色のセンダイハギは山を歩いているとよく見かけます。
さかさまに見ると、藤棚みたいですね。
葉も花もとてもきれいな色だけど、散るのが早いのは残念。
1006040001

| | コメント (0)

2010年3月 6日 (土)

デンドロが華やかな窓辺でした

冬の室内に飾れる鉢花は数が限られるので、いつもシクラメンを置いていましたが、シクラメンの夏越しは難しく、冬でも戸外に置ける原種とガーデンシクラメンを主流に育てることにして、今年は蘭の中でも育てるのが楽な、デンドロビュームを少し増やしました。

去年、苗を買ったばかりで、今年咲くのかな?と思っていたけど、見事にいっぱい咲いて、今年の冬の窓辺は華やかでした。
外には雪がちらつく、2月の初旬に撮ったものです。
今は、花が半分くらいに減っています。

1002060035

 ユーピンキング”セレナーデ”
   育てて数年、デンドロビュームは私でも育てられると認識させてもらいました。
       1002030013_3

シーマリー”スノーキング”  キュートドレス”マイボーイ”  スプリングドリーム”クミコ
1002030017_3 1002060036_3 1002030018


青い花々(157)
プリムラオブコニカ
1003040080
春一番に出回る桜草の類でも、オブコニカは日照の少ない室内でもよく咲いてくれます。
色も好きな色が多く、毎年窓辺に欠かせません。
ひと月前、見切り処分で198円で買ったものを、大きな鉢に植え替えたら、どんどん花があがり、今はこんなに咲いています。
左のサーモンピンクも、きのう100円の処分品を見つけて、植え替えたものです。
ひと月後には、右のくらいに大きく育つかな~?

| | コメント (18)

2009年9月17日 (木)

秋空、アズレア、彼岸花

晴れわたる、秋空に青空色のセージが揺れる季節。
幸せなシーズンの到来です。

名のとおり、空色のアズレアは青空に溶けてしまいそうです。
チェリーセージに似た花の咲き方も、伸び放題のお行儀悪さも、繊細な細い葉も魅力的。
毎年書いていますが、私の一番好きな花。
澄み切った秋空のもと、風に揺れるこの花を見られるこの季節は、ほんとに待ち遠しい。
0909160006


初夏からずっと咲き続けているラベンダーセージ
どこに植えてもとにかく強くて、大株になってしまうけど濃い青紫の花穂がきれいです。
0909090024



そろそろ花穂が伸びてきたアメジストセージ(サルビアレウカンサ、メキシカンブッシュセージ)
ビロードのような花びらは、これから秋の終わりまですくすく伸びてセージ畑の中心になります。
0909170013


稲刈りが済んだ田んぼのあぜに、彼岸花がポツポツ咲き始めています。
0909170011


0909100001

青い花々(156)
ロシアンセージ

以前植えていたのがいつのまにか消滅して、この春苗を植えつけました。
細い銀葉が淡いブルーの花に似合います。

| | コメント (6)

2009年7月 7日 (火)

ツマグロヒョウモンの誕生

スイトピーのタネを採っていたら、サナギを見つけた。
ピカピカと光る、メタリックな棘をもった、粋なサナギ。

ぴくぴく動くので、観察、観察と、キッチンの窓辺へ置いてみた。
3日目の朝、庭で花ガラを摘んでいて、ふと窓辺を見上げると、
「あれ~、いつ出たん??」

0906290004 0907030028



あわてて、パチリ、パチリ。
生まれたばかりで、ほとんど動かないので、裏庭に移動させパチリパチリ。
羽を拡げて飛びたつのを待ったけど、30分たってもほとんど動かない。
日に焼けるし、用事はあるし、あきらめてそのままにしておいた。
0907030041 0907030043








何を見てる?
0907030046

2時間ほどして外出して帰ってきたら、フウロソウ(ゲラニウムロザンネイ)から離れて、となりのハーデンベルギアに止って羽を拡げていた。
ソレっとカメラを持った瞬間、大きく羽を広げて、すごい速さで上空へ。
私を待っていて、「こんなに飛べるよ」と見せてくれたようでした。
ネットで調べたら、やっぱりツマグロヒョウモン。
羽化したばかりは、羽の裏側ばかり見えて、よくわかりませんでした。
ツマグロヒョウモンは、以前は関西にはほとんどいなかったらしいけど、数年前からとても多く見られるようになったそうです。これも、温暖化?

羽化して2日。
昨日も今朝も、風に揺れるフウロソウのあたりに、一羽のツマグロヒョウモンがやってきます。
「あの子やな~」と思って見ています。


0906300010
青い花々(153)

カタナンケ
里山に今年も植えてみました。
でも里山には朝と夕方しか行かないので、なかなか花が開いたところが見えません。
お昼にしか咲かないのでしょうか?
とても綺麗な花で、いっぱい見たいのですが。




0906300012
青い花々(154)
ストケシア

里山の花壇で、雨に打たれて寝転んでいます。
今年は株が大きくなって、たくさん花が咲きました。

| | コメント (6)

2009年6月21日 (日)

メジロが降ってきた~っ!!

裏庭で、鉢植えの植え替えをしていたら、突然、目の前にストンと小さな鳥が降ってきた。
メジロの子供らしいけど、目を閉じ、足は硬直し、完全に動かない。
そっと手のひらにとったけど動かない。
水を一滴、くちばしに持っていくと、少しくちばしを開き、まぶたを開いた。

死んじゃうのかな?
介抱できないかな?

室内に連れ帰り、今度はメロンの片端をくちばしに付けてみた。
 (メロンがいつもあるわけではありません。お嫁さんからのおすそ分けです。
                     ありがとう、Nちゃん。とっても美味しかったよ)
そのとたん、バタバタと羽をばたつかせ、危なげながらも天井に向かって飛び立った。

「よかった。元気やんか!!」 気を失ってたのかな~?

それからが、大変。
全部窓を開け放っても、出て行けない。
捕まえようとしても、あっちへ、こっちへ。
       あっちや
0906190013

                                                       
               こっちへ                           0906190016
 






うちの前の公園では、親だろうか?、高い声で、「ピーピピ、ピーピー」と呼んでいる風で、気絶ちゃんメジロも鳴き声のほうへ、頭をむける。

何とか外へ出そうと悪戦苦闘の、ほぼ30分。
ふう~っ、やっと窓からレモンの木に向かって飛び立ち、すぐ公園のクスノキの中へ消えた。
親子対面できたかな~。
しばらく、喜んでいるような(と私には聞こえた)メジロのさえずり。

花と暮らす日々は、小さな命とも触れ合う日々

0906190030 今朝早く、里山のカモミールの真ん中で休んでいる大きな野うさぎに遭遇。
ぴょん、ぴょんと慌てもせず、となりの笹の中に消えた。
カメラは間に合わなかったけど、ここがその跡。
なんで、この場所がいつもへっこんでいるのか原因がわかった。
カモミールが好きなのかな?
そういえば、今年もさんざんフェンネルを食べられたけど、野うさぎさんはハーブ好き?


0906170005

夏の花が咲き始めたので、いろんな蝶も見かけます。
デュランタの一番花にやってきたキアゲハ






青い花々(152)

セラトシグマ”デザートスカイ”
0906200024_2 葉の色が綺麗なうえ、青い花まで咲くという。
鉢ではなかなか大きくならなかったので、昨年地に下ろしたら、今年はぐんぐん育って花が咲いた。
ルリマツリによく似ています。
「手間がかからず、病害虫に強く、寒さ暑さに強い」
大好きです。こんな説明書き。
低潅木(30~60cm)で、花壇に植えると、色のコントラストがとてもGOOD。
私の中では、今年の大ヒットです。
向こうはイソトマ。

| | コメント (23)

2009年6月20日 (土)

チコリの花とベルケアパープレア

今年も、里山のチコリが咲き始めた。
0906190012

あのサラダにする小さな葉からは想像できないくらい、背が高くたくましい。
こぼれダネから出てきた4~5本が、ぐんぐん育ち、可愛い空色の一日花をつぎつぎ咲かせています。

ラークスパーの濃紫、薄紫も、去年の種がこぼれて出てきたものです。
0906190031



カンパニュラサルストロも大株に育ち、花が重たそうです。
0906190025_2












青い花々(151)

0906160002_3 ベルケアパープレア

はじめて育てたけど、大きくて個性的でちょっと驚き。
薄紫のヒマワリみたいな花だけど、サボテンのような茎は、あざみのように棘で覆われています。







| | コメント (8)

2009年6月 8日 (月)

里山のジギタリス、ラークスパー、

0906030046はじめて里山に植えた花は、ジキタリスとポピーでした。
まだ、畑も花壇も形すらない、雑草と藪の片隅を少し掘り返して、ポピーの種を一袋蒔き、ジギタリスの苗を3株植えたのです。
荒れた山の片隅に、明るいポピーの花が揺れ、すっくとジギタリスがびわ湖を見下ろすように背のびをして咲いたとき、いつか、この荒地を花いっぱいにしようと思ったのです。

石の上にも3年とはよく言ったもの。
アリさんのようにこつこつと、藪を掘り返し、雑草を抜き、土を耕し、少しは畑らしく、花壇らしくなってきました。
ポピーは、年々雑草に負けて出なくなりましたが、ジギタリスははじめて植えた場所(下の田んぼとの境の斜面)で咲き、こぼれダネもあちこちに散らばって、思いがけないところで咲いたりします。
とても強くて、雑草の中で元気に育ちます。

昨秋、種を蒔いたラークスパーの背高のっぽも咲きました。
そばにあるのは、去年植えたばかりのクルミ。
0906080012_2 









やっと青々と伸びてきた花壇のあちこちに、いろんな色のラークスパーが咲いています。
左手前はダリア。右手前はローマンカモミール。
そのほかは、これからどんどん伸びてくる、青い花々です。
0906080014

 






ブルーのラークスパーの間には、青い傘咲きルピナスが咲きました。
青い花々(150)
傘咲きルピナス

以前育てた”ルピナスブルーボンネット”がとてもかわいかったので、今年同じものかと思って種を蒔きました。
花は同じように綺麗な青色ですが、背が高く(普通のルピナスほど高くありません)、花も葉も少し大きく、葉が傘のような形に開いています。
0906030052

| | コメント (5)

2009年5月28日 (木)

ジャーマンダーセージとサルビアマセラリア

空色の花に魅せられるのはなぜだろ?
その中でもセージの花に魅せられるのはなぜだろ?

まあそんなことはどうでもいい。
今年もうれしい青いセージのシーズンがはじまりました。
暑さとともに、どんどん育ちますが、まずは庭のレモンの木のそばでは、コンパクトなセージたちが咲き始めています。

この時期惚れちゃうジャーマンダーセージと今年初めて咲いたサルビアマセラリア。
0905270031

シルバーの丸っぽい葉と、深い蒼色の花のジャーマンダーセージは、寒さの中でも植えっぱなしで、世話なく元気で茎を伸ばして増えていきます。

0905270030 青い花々(150)
サルビアマセラリア

去年苗を買って花を見ないまま冬越しましたが、耐寒と知ったので、この春地に下ろしました。
はじめて見る花は、すっきりとした紫で、あざやかな緑の葉も、背の高さ(30cmくらい)もジャーマンダーセージのそばがよく似合いました。




2つのセージ達といっしょに、コンボルブルスサバティウス(ブルーカーペット)も、毎年この場所この時期に咲いて、うれしい空色コーナーです。
夏には、メドーセージとボッグセージ、コバノランタナ(白、ピンク)に変わります。
左後ろは、いま満開のミントブッシュ。
0905280023

| | コメント (13)

2009年5月27日 (水)

里山花壇では

里山に花壇を作りはじめて3年。
とにかく好きな花を、ところかまわず植えていたけど、どれもこれも成長がいまいち。

とにかく掘れば細い竹の根がでるし、石がごろごろで、土が悪すぎた。
この2年は畑を優先に土作りに追われたが、花壇も畑のように手をかけようと、今年の冬は夫が堆肥や腐葉土を漉きこんでくれました。
さすがに今年の春は、少し元気かな?

里山は気温が低いので、ここのところへきてやっと青々と成長し、花も咲き始めてきました。

青い花々(149)
クリーピングボリジ
はじめて咲いた這うタイプのボリジ
小さな(径1.5cm)青い花は、普通のボリジより淡い青です。
0905280014 0905280006






伸び始めたレモングラス
どんどん増えちゃうフランネルソウ
去年のこぼれ種からこんなに大きく育ったチコリ
0905280016

ペニシアさんのように堆肥を作ろうと去年植えたコンフリーとこぼれ種からたくさん出てきたニゲラ
0905280001

ナミキソウ(浪来草)も咲き始めました。
里山の環境はとても合っているらしく、毎年花壇は、この花で埋め尽くされるので、困っています。
でも、ビロードのような青い花がさざ波のように咲き広がる様子はとてもきれいです。
みどりは、ナミキソウの上に寝そべるのが好きです。
0905280011

| | コメント (3)

より以前の記事一覧