« 病は人を選ばない | トップページ | 待ち遠しい »

2019年2月20日 (水)

電車に乗って病院に行く

月に一度、大津の病院で診察を受けます。
けっこう遠くてバスと電車を乗り継ぎながら1時間かかるけど通い始めてから2年。
少しずつ通うのがしんどくなってきて、日によっては休み休みに歩いていても、疲れと足の痛みで座り込むこともあります。それでもひと月経つと、またきょうも頑張ってみようと思うことにしています。
そんなこんなで、この2年、他の病院も含めなんとか一人で通院できています。
他の病院というのが、これまた厄介で、胃腸の具合が悪かったり、足腰の具合が悪かったり、耳が聞こえなくなったり、そのほかにも気になる症状が出てきて、いろんな医院に通っているのです。
パーキンソンのせいにしたら悪いけど、薬の副作用かもしれないし、ストレスの影響かもしれないし、姿勢のバランスが変わったことでの弊害かもしれないけれど、とにかくなんでも考えられますが、ひとつずつつぶしていくしかありません。
以前より、外に出ることが少なくなったので運動不足は当然だから、病院通いはいい体力づくりと思ってむしろ自分に課しています。

大津の病院に行くには、まずJR湖西線に乗って(今日は”忍者電車”でした)
Img_07051

大津京で2両編成の京阪電車石坂線(比叡山坂本と石山寺を結ぶ)
に乗り換えます(今日は漫画”ちはやふる”の電車でした)
Img_07121


スマホに古い吉田拓郎の好きな歌だけ数曲入れています。
久しぶりに聞く歌は、一気に若い自分を思い起こします。
電車でずっと聞きながら、目の前で戯れる下校中の高校生たちを見て、今も昔も変わらない若者の仕草や言葉に思わず微笑えんでしまいます。
あんな若いころに帰ってみたいな。
拓郎の歌はそう思わせる淡いあこがれに満ちています。

たまに電車に乗るのは楽しい時間です。
きょうは少し春めいて暖かく、琵琶湖も明るくきらめいていました。
来月も元気で病院へ行こう。

|

« 病は人を選ばない | トップページ | 待ち遠しい »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。