« 病名を告げられて2年 | トップページ | 病と向き合う男と女 »

2019年2月 2日 (土)

 励まされています

私の病を知ってから、旧友たちが励ましてくれます。
私にとって役立つと思うことをアドバイスしてくれたり、参考になることを教えてくれます。
中には、悪くなったら私が看てあげるから引っ越しておいでと、とんでもないことを言う友人もいて泣き笑いです。

301_2 先日、DVDを送っていただきました。
それは10年前にパーキンソン病と診断された方が、リハビリに励み、念願だった広島から愛媛までのしまなみ街道70キロを3日間かけて、息子さんと一緒に自転車で走破するというものでした。
当時75歳の挑戦でした。
何度も転ぶ姿や、危なっかしい姿勢でペダルを踏む姿、病状が悪化して辛そうな姿は涙なくしては見ていられませんでした。
完走の後、親子がお互いをたたえあい、
「病気のおかげで、行動に移すことができた」と言われた息子さんの言葉は、私たちにとって大きな勇気をもらえる言葉です。
故人となられた今も、颯爽と街道を走る姿、ゴールの笑顔、親子の涙は、多くの病気と闘う人に、病気と共に暮らすお手本を示してくださっているようです.

ありがとう。
旧友に感謝でいっぱいです。








|

« 病名を告げられて2年 | トップページ | 病と向き合う男と女 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。