« 2018年9月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月30日 (水)

病名を告げられて2年

ちょうど2年前のことです。
その日は心療内科の受診日で、夫に休んでもらっていましたが、朝から体の震えが止まりません。そうは言っても時間外の原因不明の症状では総合病院の救急受診は断られ、結局のところ救急車に受け入れ先を探してもらって、私は生まれて初めて救急搬送されたのです。

1週間の検査入院を経て、病名が判明しました。
そのころ、私がそうではないかと疑っていた通り、パーキンソン病でした。
近々の命にかかわるような病ではありませんが、今のところ難病と呼ばれる不治の病です。
若くはないので、皆より少し早く不自由な体になるくらいに思っていればいいと周りは言ったものです。
「今は良い薬ができているから心配しないで」と担当医師。
あまり症状が重くなかったそのころは、このまま頑張って現状を維持すればこれからも笑って年を重ねられるだろうと思っていました。

私なんかよりはるかに重篤な病と日々向き合っている方たちのこと思えば、落ち込むことは贅沢と言えましょう。。ブログに投稿している同じ病の方や、そのご家族の方の前向きに頑張っている姿に刺激を受けながら、この2年を過ごしてきました。
自分は病が進行せず、進行させないと信じることで日々過ごせてこれたように思います。

それでも残念ながら、確かに症状が進行しているのがわかります。
薬も少しずつ増え、痛みや痺れの範囲も広がりつつあります。
ブログを読んで元気を分けてもらっていた方たちにも、2年前に比べると苦難が読み取れるようになりました。、

1日でも長く、時間がかかっても、不格好でも、自分のことは自分でするように頑張ろう。
小さな目標だけど、大事な自分との約束です。

Img_0683  
こんなに蕾があがっているのに
寒くて咲けない
戸外のガーデンシクラメン

| | コメント (0)

2019年1月28日 (月)

はじめましてミャーミャーです

昨春、みどりが弱り始めたころに、山小屋に子猫が捨てられていました。
何とか生き残った一匹が、そのまま山に住み着いています。
やっと歩けるみどりのそばをちょこちょこ歩き、一緒に散歩をする姿は可愛くて、みどりも私も元気をもらっていたように思います。

多分今は一歳くらいになると思うけど、すっかり大きくたくましく育って、山小屋暮らしをしています。
夫が畑仕事をするときは、ずっとそばにいて、時折、肩や背中に上っては作業の邪魔をしますが、「ミャーミャー」と可愛い声でないて甘えるのでしょっちゅう作業は中断です。

P_20190113_115314_2 自由に野山を駆け回って生きているので、野生そのもの。
モグラやカエルを捕まえるのはもちろん、小鳥やへびまで捕まえてきたりして、自慢そうに見せに来るのには驚かされています。
私は家に連れて帰りたいのですが、夫は今さら家に閉じ込めるのはかえってかわいそうだと言ってフードを運んでやっています、

ミャーミャーそうなの?

フフ(*^-^) ぶちゃいくだねえ~

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

ブログを再開

新年も明けてはや正月も終わろうとしています。
ブログをやめるつもりでしたが、再開を決心しました。。
同じ病にめげることなく頑張っている方たちや、そのご家族のブログを読むにつけ、不甲斐ない自分に気づきます。
めげそうな私を大きな優しさでサポートしようとしてくれる周囲の方たちには、どんなにありがたいか、何かの形で答えようと思うようになりました。
少しづつですが、体力と気持ちの続くあいだはがんばってみます。

昨日から雪模様。
少し積もりましたが、雪かきするほどではありません。
比良山系もうっすらと雪化粧。
寒いけれど冬はやっぱりこの景色。
里山の田畑も、まぶしくきらめく雪の原。
澄み切った冷たい空気を胸いっぱい吸い込むと、健康を取り戻せるような気持になります。

Img_0678

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2019年2月 »