« ネモフィラ満開 | トップページ | 訛り懐かし »

2016年4月25日 (月)

風光明媚な訳

またしても大きな災害に見舞われ、心落ち着かない日本列島。
何度こんな光景が繰り返されるのか?
被災された方々に同情しても、明日は我が身かもしれない不穏な世の中の真ん中にいる。
いつかTVで、リタイアした後。南阿蘇の森の中で素敵なカフェを営んでいる夫婦を観たことがある。豊かな自然に囲まれ、温暖な気候は豊かな食材に恵まれている。
あのカフェは無事だろうか?

ここ琵琶湖西岸も大きな活断層が走っていて、いつ最大規模の地震が起こってもおかしくないと言われて久しい。
美くい山々や川や湖があるということは、大昔に地殻変動が繰り返されたことを意味する。
風光明媚なところほど、危険と隣り合わせなのかもしれない。
つまり風光明媚な日本列島そのものが危険な島と言えるのだろう。
せめて、防災グッズを今一度見直すことくらいはしなくては。

シラーが咲き始めて、何も手をかけなかった花壇でも花盛り。
2016_04240004

ラベンダーも蕾が膨らんできた

2016_04240003_2
ネモフィラは今も盛り
2016_04240005_2

植えっぱなしもいろいろ出てきて思いがけずかわいい2016_04240008_2


|

« ネモフィラ満開 | トップページ | 訛り懐かし »