« ラコリーナ近江八幡へ | トップページ | 私にとっての名曲 »

2015年6月10日 (水)

蒼いセージ咲く夏へ

花壇に植える苗を年2回作るのは、楽しいけれど年齢を重ねるとともに面倒だなあと感じるようになりました。
さほど広い花壇ではありませんが、鉢植えと合わせると、半年に200株ほど種まきをして、育苗をすることになります。
そんなこんなで、少しずつ宿根草を植えて、一年草の苗植えの面積を狭めていこうと思っています。
宿根草は、植えっぱなしで楽ですが、咲いていない期間のバランスや、どんどん大株になると強いものだけがはびこってしまうときのバランスに苦慮します。
まあ、悩みどころですが、好きな花だけ植えていけば、それなりに整うでしょう。

蒼いセージの季節が始まりました。
一昨年花壇に下ろした、ラベンダーセージ、ジャヤーマンダーセージ、ボックセージ.、ロシアンセージが咲き始めています。
やっぱりセージは強くて楽です。

ラベンダーセージ                        ジャーマンダーセージ
2015_061000062015_06100004













大好きなアズレアの花はまだですが、茎は元気よく伸びてきました。2015_06100009
ロシアンセージ                    ボックセージ
2015_061000052015_06100008












蒼いセージは、風にそよぎ、アロマのように健やかな香りを放ち、夏にお似合いです。
そう言えば、セージの花ってほとんど青色系なんですよね。
花壇の空いている面積が少なくなりましたが、種から育てたペチュニアと日々草を植えました。セージのおかげで、苗も少なくて済みました。
もうすぐ、鉢植えも、花壇も花いっぱいの夏バージョンとなります。
宿根草と一年草のせめぎ合いがうまくいいけばいいのですが?

明日からまた雨。
本格的な梅雨に入り、セージはぐんぐん蒼い背伸びをしています。

|

« ラコリーナ近江八幡へ | トップページ | 私にとっての名曲 »