« マーガレットシーズン | トップページ | ラコリーナ近江八幡へ »

2015年5月25日 (月)

ゲラニウムシーズン

ゲラニウム(フウロソウ)の種類は多い。
山を歩けば、足元にもすぐ見つかる。
かわいいピンクの小花もいいけど、イングリッシュガーデンには必ずと言っていいくらい植えられているゲラニウムジョンソンズブルーは、その透明感のある青紫色の大きな花が、群れて咲いてひときわ美しい。
何度か、植えては消えてしまっていたけど、この場所に根付いてから4~5年。
年々、株が大きくなり、咲く花の数も増えています。
風通しの良い、乾燥した土が好きなようです。2015_05230011
昨日、パンジーやネモフィラを抜いたので、道に面した花壇は、淋しいばかりですが、壁側は今が盛り。
ラベンダーやバラ(バレリーナ)と共にゲラニウムの青が存在感を示しています。
2015_05230010

ニゲラの青は、うれしい空色です。
こぼれ種で、毎年どこかで咲いてます。
2015_05230013

台風被害からかろうじて生き返ったレモンの若葉を、この方(アゲハの幼虫)に食べられちゃいました。
まあいいかこれくらい。
今年は、花が30個くらい咲いたので、何とか実をつけてほしいレモンです。2015_05230017


|

« マーガレットシーズン | トップページ | ラコリーナ近江八幡へ »