« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月25日 (月)

ゲラニウムシーズン

ゲラニウム(フウロソウ)の種類は多い。
山を歩けば、足元にもすぐ見つかる。
かわいいピンクの小花もいいけど、イングリッシュガーデンには必ずと言っていいくらい植えられているゲラニウムジョンソンズブルーは、その透明感のある青紫色の大きな花が、群れて咲いてひときわ美しい。
何度か、植えては消えてしまっていたけど、この場所に根付いてから4~5年。
年々、株が大きくなり、咲く花の数も増えています。
風通しの良い、乾燥した土が好きなようです。2015_05230011
昨日、パンジーやネモフィラを抜いたので、道に面した花壇は、淋しいばかりですが、壁側は今が盛り。
ラベンダーやバラ(バレリーナ)と共にゲラニウムの青が存在感を示しています。
2015_05230010

ニゲラの青は、うれしい空色です。
こぼれ種で、毎年どこかで咲いてます。
2015_05230013

台風被害からかろうじて生き返ったレモンの若葉を、この方(アゲハの幼虫)に食べられちゃいました。
まあいいかこれくらい。
今年は、花が30個くらい咲いたので、何とか実をつけてほしいレモンです。2015_05230017


|

2015年5月24日 (日)

マーガレットシーズン

今年に入ってから、夫は平地に畑を借りて、野菜作りに夢中です
里山の畑は、主に果樹と冷涼地向きの作物に切り替えました。

マーガレットは、勝手に拡がっています。
痩せた土地でも、雑草のかわりに茂ってくれるので助かります
2015_05230002

ブルーベリーは、昨年豊作だったので、本数を増やしました。
冷涼なので、里山は向いているようです

2015_05230004
ブラックベリーもたくさん実ります
淡い淡いピンクの野生のバラのようでとってもきれいです2015_05230005
ほかに、クワ、桃、ゆず、いちじく、ラズベリー、などなど。
マーガレットが咲くシーズンは、果樹の花も咲きそろう美しい季節です
里山の遅い田植えも終わりました
夕暮れ時は、蛙の大合唱を背に、みどりと家路に着きます。
「カエルが鳴くから かえ~ろ」って、幼いころ歌いましたよね
2015_05230008

|

2015年5月18日 (月)

ビーンズ・シーズン

畑はお豆のシーズンです。
スナップエンドウが終わるのと同時に、
今は、実エンドウ、絹ざやが豊作です。
連日、豆ごはんですが、飽きません。
甘くておいし~い。

実エンドウ                          絹ざや
2015_051800092015_05180008









ソラマメもたわわに実り始めています。2015_05180007
うちの花壇で、毎朝スズメがうるさくさえずっているのは、スイトピーの実を取り合いしているからです。
2015_05180037
スイトピーもマメ科
すずめもお豆がお好きなようです。
てな訳でスイトピーの種は、スズメの朝ごはんとなって採れませんが、採ったところで、同じ花の色は咲かずほとんどピンクに戻ってしまいます。
ああこれって生物の時間に習ったっけ?メンデルの法則?
あれもエンドウ豆を使って研究していたっけ?

忘れちゃってるわ 高校の生物の授業(*v.v)。

|

2015年5月12日 (火)

みたび(三度)、淡路の花に魅かれて

淡路島夢舞台に、GWを避けた先週末に行きました。
3度目の淡路島。
比較的近いけれど、ゆっくり過ごしたいのでいつも一泊します。
みどりは車でおとなしく寝てくれます。

明石海峡大橋
を渡ります

2015_05090051
ホテルのロビーから見た「百段苑」 2015_05090071
広い敷地内にはいろんな施設があって、工夫をこらした花や緑でいっぱいです
山と海に調和するようデザインされ、とても落ち着きます
あまりに素敵なショットポイントが多く、ブログに載せきれません。
2015_05090057

2015_05090058_22015_05090074










「奇跡の星の植物館」
2015_05090012

2015_05090028

2015_05090014


隣接する国営明石海峡公園
2015_05090040
デルフィニウム

2015_05090044

ダイアンサス

2015_05090041
カンパニュラ 涼姫

2015_05090063                北海道のイメージゾーン
          

温室は、来週からホワイトガーデンに模様替えだそうです。見たいな~

ネモフィラいっぱいの2011年の画像は淡路花三昧 でどうぞ

 

|

2015年5月 6日 (水)

リー リー リー

GWの最後の日は、孫たちの野球チームの試合があったので、夫とはじめて応援に行った。
試合会場は近江八幡小学校。2015_05060018
こんなにすてきな白亜の木造洋館の校舎です(大正6年設立)
今も使われているのが、なおすてきです。
近江八幡は宣教師で建築家ヴォーリズの洋館も多く残されていて、観光客の多い町です。

この春、4年生と2年生になったばかりなのに、もう試合なんてできるのかな~
と心配していましたが、なんと、なんと一人前ではありませんか
こどもの成長はほんとうにはやいな~

打った
2015_05060011

                      走った
2015_05060015
                               リー リー リー
2015_05060012






試合終了(ありがとうございましたー)
2015_05060016

お兄ちゃんみたいに早く試合にでたいね~ やっと背番号もらった2年生2015_05060017

|

2015年5月 2日 (土)

たちばな薫る♪♪~

風薫る五月になりました
近くの地元地区の河川土手に今年も手作りのこいのぼりが立てられ、連日、風になびいています。
♪ たちばな か~おる 朝風に~♪
と思わず口ずさみたくなる皐月の空です。
たちばなって柑橘類だけどどんな実でしょう?
雛飾りに右近の橘、左近の桜ってありますね
花は、きっとレモンの花に似ているのでしょう。
何とか一部分生き残っているうちのレモンも蕾が膨らみ始めました。

多くの公共団体や、サークルの工夫を凝らしたのぼりは、100頭あまり。
夕方になると、近隣の親子連れで、いつになく賑わいます。
2015_04300005

夫の管理しているビニールハウスが川のそばにあるので、最近はこの辺りをよく散歩します
2015_04260012_2


みどりもこのコースは大好き
コレなんだろう?って見上げてます



田んぼには水が張られ、田植えの準備ができています。
堅田の街や、琵琶湖大橋がすぐ近くなので、人や車が多いのですが、大通りを離れると田畑や河川は昔のまま残されていて、ずいぶんのどかです
GWは平地の田植えです。里山は一週間後位になります。
田んぼが休んでいる間、大きな鳴き声をあげあちこち飛び交っていたタゲリやキジたちは、居場所を追われてどこへいくのでしょう。
2015_04300007

            うん! なかなかいいね (・∀・)イイ!

2015_04300006          
 

|

2015年5月 1日 (金)

小花あふれる春花壇

連日の明るい日差しと暖かさで、花壇の花々はあふれんばかりに咲き誇る

ネモフィラインシグニスブルー(昨年の10月初旬種まきしたもの)
2015_04300023

ネモフィラマキュラータ(昨年10月初旬種まきしたもの)
2015_04300024_2

セラスチュウム
(宿根草、冬は枯れるが春と共に新芽がでる。寒さ、乾燥に強い)
2015_04300025

シラー
(ブルー、白、ピンクの3色。球根、植えっぱなしでどんどん増えるので、数年ごとに掘り上げ)
2015_04300018

小さな花がわんさか咲いて、春風に揺れるこの季節は楽しみです。
2015_04300010

|

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »