« 萌えいづる春に | トップページ | 捏造と改ざんなんて »

2014年4月 9日 (水)

秒速5センチメートル(桜花抄)

琵琶湖の周りも、南から北へ桜前線が北上している
みどりの散歩がてら、近所のお宮さんや里山の土手でも、充分その美しさは堪能できる。
桜好きな日本人はどこかしこに桜を植えるので、少し歩けば爛漫の花を見上げられる幸せ。
寒さのせいで、散るのが少し遅くなったようだ

昨日、瀬田へ行く用事があったので、昼休みの夫と待ち合わせて瀬田の桜を観た
ちょうど入園式の日だったらしく、あちこちに晴れ着の親に手を引かれる真新しい制服の子どもたちを見かけた
手をつなぐ親子が桜のトンネルを歩く様が美しかった。
瀬田の桜は琵琶湖から続く長い用水路の両岸に、それは見事に咲き誇る。
2014_04080001_2

桜を見ると、必ず”秒速5センチメートル”(新海誠作品)を思い出す
小説も漫画も出ているらしいが、私はアニメのDVDで観た
ずいぶん前のことだけど、はじめて観た時は、こんなきれいなアニメ画像があるのかと、ひどく感銘した。
それは、2D画面なのに光の空間にあふれている
冷たい風も、暖かい日差しも、花びらの柔らかさも画像からキラキラ煌めきながらあふれ出る。
以来、春が近づくと見たくなる大好きなアニメとなった
2014_01190002

新海誠は、”秒速5センチメートル”とは、桜の花びらの落ちるスピードとしている
花吹雪、花筏、花冷え、花曇り、短い桜の季節を惜しむように美しい日本語がたくさんある
ちらほらからはらはらへと惜しまれつつ、桜は今年も散りはじめた。
2014_04080013_2

|

« 萌えいづる春に | トップページ | 捏造と改ざんなんて »