« 小春日和 冬日和 | トップページ | 里山にも雪が降りてきた »

2013年12月 9日 (月)

ビオラ、パンジーの成長 2013秋

9月の初旬に種を蒔いたビオラ、パンジー
2度の移植を経て、鉢や花壇に定植をして冬越しします

このところ、昼間はけっこう温かくお天気に恵まれ、鉢植えのほうは花が開き始めました
毎年9月に種まきしますが、こんなに早くから花が咲きそろうことはありませんでした
ホームセンターでは、夏が終わりかけた途端にパンジー類の花の苗が売られますが、まだ花の咲かない自家製の苗を見つめ、春まで待つのが常でした。

やはり温暖化のせいでしょうか?
改良が進んだせいでしょうか?
どちらにせよ、今年は少し華やかな冬花壇が始まっています

9月初旬、タキイの種まき培養土に種まき
      種を蒔いて3週間 
2013_10060002
セルトレイに移植(土はコメリの育苗用培養土を使用)
根が絡み合っているときは、根を傷めないよう水の中ですすいで土を落とすときれいに離れます
      移植から2週間
2013_10220027
セルの中でしっかり根を張っています
2013_10220034

     セルからポリポットへ移植
2013_10220035











11月中旬頃より、しっかり育った苗から順次花壇、鉢へ定植
パンジー(サカタブルーパーフェクション)                  
2013_11280039_2
            
      10月に種を蒔いたネモフィラインシグニスブルー、紫花菜も定植
2013_11280043









咲き始めました
フリズルシズルラズベリー、 ビビスパークブルー
2013_12070004
2度の移植は面倒ですが、根をしっかり張らせる効果があります
するとしないとでは成長がぜんぜんちがうので、直根草以外はサボらないでやります
直根草(ネモフィラ、紫花菜など)は直播か、セルに蒔いて間引きながら丈夫な一本を残す方法をとっています。

|

« 小春日和 冬日和 | トップページ | 里山にも雪が降りてきた »