« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

”カニ食べ行こう”♪♪~

ここ数年の年末は、家族みんなで丹後ですごします
”カニ食べ行こう”ってわけです。

行きの道で舞鶴に寄りました
大きな軍艦が数隻停泊中
活躍する機会のないことを望みますね~
2013_12300001
丹後の夕日が浦温泉。今年もお世話になりま~す
浜は雪がまだ残っていて、Oちゃんとみどりはおおはしゃぎ
夕日に向かって走って行きました
2013_12300008

カニづくしの一部。食べきれないのでいつも持ち帰りもします
2013_12300026

翌日の帰りは、話題のスポットへ立ち寄りました
但馬の竹田城址
2013_12300040
雲海の中というようにうまくはいきませんが、山上まで皆で歩いてみました
見上げる山上の城址もきれいですが、見降ろす里も美しく、ぜひいちど、天空の城と呼ばれる雲海に浮かぶ桜の城跡風景に出会いたいと思いました
朝来市のポスターではこんなに美しい
それにしても市の名前とよくマッチしていますね
2013_12300034
NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」の一回目のロケ地になっているそうです
それにしても、残雪が凍てて滑りながらのこの寒さなのに大勢の人です。
数年前までは名もない山城城址だったのにね。

それでは皆さん、よいお年をお迎えください

|

2013年12月29日 (日)

想いをつなぐ

先日、NTTドコモLTE「想いをつなぐ」編のCMを観ながら、夫が「若いっていいな~」とつぶやいた。
気だけは人一倍若い私は、当然のことながらこのCMの音楽と共に大好きで、見るたび年甲斐もなく胸キュンとしていたけど、日ごろの夫とは想像つかない反応に、「へ~」と思わず振り向いて夫を観た。
「そうだね~」二人で顔を見合わせ笑った

携帯の無い時代に青春を過ごした私達は、すれ違ったり、連絡できなかったりする不便が当たり前で、そのために悲しい想いや、悔しい想い、安堵の涙などを経験してきたのはかえって幸いだったと思っている。
今の若い人たちは便利な分、まわりっくどい感情を経験することが少なく、ドキドキ、ハラハラ、メソメソもはるかに少ないだろうと同情さえしていたが、こうあっさり携帯でもつながる想いをちゃんと映像化されると正直脱帽。
約束の花火を一緒に見れなかったぐらいでも泣けちゃうんだよね~(*v.v)。
今も昔も、若い恋人たちは同じってことか

クリスマスの夜、TBS「小田和正クリスマスの約束2013」で、久しぶりに吉田拓郎の歌を聞いた。
大好きな「りんご」も聞けた。
以前より声量が落ちるけど、小田和正の高音とよくマッチして心地よい。
しばらく、もう復帰はないのではないかと心配していたけど、病を克服し、いやきっと今も闘いながら穏やかに暮らしている様が最近のアルバムの歌詞に表れていて応援していた。
歌い続けてほしい
拓郎の歌を聴くと、若い私に巡り合えて元気になる。

去年の私の病と、今年の夫の病は、いろんな意味で覚悟を私達夫婦にもたらした
二人とも落ち込むことなく、前向きで過ごしていられるのは、この歳になっているからだと気付いた。
やりたいことを、やれることを、限りある残りの時間で、二人一緒にやり続けたい

二人ともまだまだ気だけは若いんだから、きっと大丈夫だよ(o^-^o)

日本水仙の蕾が膨らんできました
ちゃんとお正月を知っています
2013_12270019

|

2013年12月28日 (土)

「あまちゃん」と「ごちそうさん」の違い

「ごちそうさん」が始まったころは、また以前のNHKらしい連ドラにもどったなあと見ない日も多かったけど、好きな脚本家(森下佳子)なので、期待はしていた。

だんだん観ることが多くなったのは、前半のロケ地が滋賀県で多く撮られていると知ったことと、大阪へ舞台が移ってキャラの際立つ義姉の出現と、私の祖母が使っていた言葉や作っていた料理が頻繁に出てくるようになったからだろう。
注意して見ると、近江八幡のお堀端や高島の内湖がロケ地となっている
どおりで、なんか見たことあるはずだった。

「あまちゃん」の舞台が東北だったので、ドラマの中で震災がどう描かれるのか興味を持っていた。
これだけポップなコメディーになると、さすがシリアスな表現は難しいのだろうな
背景としての被災地は描かれたが、悲惨な現実を描くことは避けていた
被災地の方々が、この元気で明るいキャラクター達を自分たちに姿を重ねられるよう願った
それは明るい明日が来ることを期待させたが、現実は厳しすぎる

思いもかけず「ごちそうさん」で別の答えを観たような気がした
関東大震災の被災者を描くことで、東北への想いを重ねていた
そして昨朝の放送では、悠太郎の父の手紙で当時の銅山の犯した罪を語らせ、豊さを求めるあまり犯す人間の過ちにいかに立ち向かうべきか語らせ、その内容は、今日の原発事故の問題を思い起こさせるものだった。
私にはそう思えた。

どのように被災者のそばに寄りそうのかは難しい
「あまちゃん」のような寄り添い方も、「ごちそうさん」のような寄り添い方も、作品で直接触れることはなくても、作者の想いが伝わってくる

夫の食事中、何か一口貰おうとそばで待ってるみどり 「ごちそうさん」だよ!
2013_12270014

|

2013年12月20日 (金)

ホッとするな~

2013_12200001 秋の台風で半分傾いたレモンの木 
半分はすっかり葉が落ち、実も小さいままでした
それでも実は落ちることなく、今年は70個ぐらい実りました
小さいながらも完熟させて摘み取りながら楽しみ、残りは大きく実らせて、今朝すべて収穫しました。

数個はスライスして蜂蜜に漬けておきます。
2013_12200004
今朝は久しぶりにカラッと晴れたけど、風が強くてさむ~い
ベランダで洗濯物を干すと、指先から耳たぶまでつめた~い。

やれやれ鼻を真っ赤にして一休み
蜂蜜漬けのレモンに熱いお湯を注いで、
フーフーして、ホ-ッと温まる。
2013_12200009

半分瀕死状態のレモンの木
この冬を乗り越えられるかな~
2013_12200002

|

2013年12月16日 (月)

里山にも雪が降りてきた

ここ数日の寒波は、北日本や裏日本にたくさんの雪を降らせたようだ
本格的な冬が今年もやってきた
滋賀は、北部は裏日本、南部は表日本の天候となり、私が住んでいる地域は、ちょうどその南北の境にあたるが、そばに1000mの比良山系があるため、冬はけっこう雪も降るし、凍てつく日も多い
山陰で幼いころから雪に馴染んで育ったせいか、雪が降るとなんとなく心弾む
この度の寒波は北半球全般で、イスラエルやエジプトでも雪が降ったらしいけど、珍しい雪に心弾んだかもしれない
でも、やっぱり異常気象と言えるんだろうな~

今朝、里山に野菜を抜きに行ったら、比良山は雪が降っているらしく雲に覆われて見えません
2013_12160006
少し手前の里に近い山は、粉砂糖をふりかけたように、うっすら雪景色でした
今朝のニュースによると、ちょうどこの山の向こう側(京都側)の皆子山で道に迷った
13人のボーイスカウトが、救出されたとのこと
小学校低学年もいたというから、ほんとによかった2013_12160004
息子の家へ届けるため少し多く収穫 (大根、葉レタス、小蕪、白菜)
2013_12160015   
あったかいお鍋料理に最適です


|

2013年12月 9日 (月)

ビオラ、パンジーの成長 2013秋

9月の初旬に種を蒔いたビオラ、パンジー
2度の移植を経て、鉢や花壇に定植をして冬越しします

このところ、昼間はけっこう温かくお天気に恵まれ、鉢植えのほうは花が開き始めました
毎年9月に種まきしますが、こんなに早くから花が咲きそろうことはありませんでした
ホームセンターでは、夏が終わりかけた途端にパンジー類の花の苗が売られますが、まだ花の咲かない自家製の苗を見つめ、春まで待つのが常でした。

やはり温暖化のせいでしょうか?
改良が進んだせいでしょうか?
どちらにせよ、今年は少し華やかな冬花壇が始まっています

9月初旬、タキイの種まき培養土に種まき
      種を蒔いて3週間 
2013_10060002
セルトレイに移植(土はコメリの育苗用培養土を使用)
根が絡み合っているときは、根を傷めないよう水の中ですすいで土を落とすときれいに離れます
      移植から2週間
2013_10220027
セルの中でしっかり根を張っています
2013_10220034

     セルからポリポットへ移植
2013_10220035











11月中旬頃より、しっかり育った苗から順次花壇、鉢へ定植
パンジー(サカタブルーパーフェクション)                  
2013_11280039_2
            
      10月に種を蒔いたネモフィラインシグニスブルー、紫花菜も定植
2013_11280043









咲き始めました
フリズルシズルラズベリー、 ビビスパークブルー
2013_12070004
2度の移植は面倒ですが、根をしっかり張らせる効果があります
するとしないとでは成長がぜんぜんちがうので、直根草以外はサボらないでやります
直根草(ネモフィラ、紫花菜など)は直播か、セルに蒔いて間引きながら丈夫な一本を残す方法をとっています。

|

2013年12月 3日 (火)

小春日和 冬日和

小春日和という言葉の小春は旧暦の10月までを言うそうで、
旧暦の11月になると、春のように暖かい日差しの日も、冬日和と言うそうです
つまり、ここ数日の暖かないいお天気も、きのうまでは小春日和で、
きょうは冬日和と言うわけ

先頃の同窓会で逢った友人は、北陸の自宅から
私との電話で
「ここは、鳥取と同じでほとんど毎日曇りか時雨れてるわ
 そっちは、晴れてる?」
ハイ、このところ毎日、風は冷たいけどカラッと晴れわたっています。
そういえば鳥取では「弁当忘れても傘忘れるな」と言ったものです。

9月に植えた冬野菜が豊かに育っています
キャベツ、ブロッコリー、白菜
白菜はもう収穫できそう
2013_12010001_2
                    大根もそろそろ
2013_12010002
土を太陽熱消毒したことと、幼苗に不織布をかけていたおかげで、ほとんど虫に食べられず元気に育ちました
いいお天気のせいで、あちこちにテントウ虫が見えました
テントウムシはアブラムシやカイガラムシを食べてくれます
完全無農薬です  大成功ヽ(´▽`)/

ことし初めて、秋植えのジャガイモにもトライしてみました
小春日和の昨日、霜が降りたらしく、一晩で上部の茎がしおれて枯れてしまいました
冬日和のきょう、掘りあげました
2013_12010003
10個程の種芋でこれだけ収穫。
大きいものは300gもあります。
ジャガイモは3か月ほどで収穫できるので、春、秋、冬と植え付けできるそうです
うちは、次は春3月に植えて年に2度獲ることにしました

丸まんまオーブンで焼いて、少しの塩とたっぷりのバターをかけて、ホフホフと食べましょう

|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »