« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月28日 (月)

コバルトの秋

秋深し、隣はなにを?
私の秋は、
鉢植えの土の改良、幼苗の移植、定植、シクラメンの植え替え、クレマチスの植え替え、
野菜の間引き、土寄せ、虫取り、追肥などなど
一日中ひなたぼっこをして、軽いイビキなんかかいて寝ているみどりをうらやましく横目で見ながら忙しいこの頃です。
そうそう、ギターのレッスンも欠かせません。
先生の言われるには、ギターを弾くための筋肉を鍛えるのが大事だそうで、毎日少しでもギターに触りましょうってことです。
だんだんテクが高度になってきて、四苦八苦していますが、月に3度のレッスンは、普段の生活と一変して刺激的な時間です。

大きな災害を残して、秋晴れが戻ってきました
いままで経験したことのない、荒れた気象がこれからも、来年も来るのでしょうか?

快晴の空に溶け込むようなアズレア
アズーロはイタリア語で青色、空色
秋遅く咲くこのセージは、なんども紹介している、私のいちばん好きなセージです
2013_10280013

こちらのセージも、深く魅かれる色です
青い花々(164)
コバルトセージ
2013_10220028_2
群青の青色です
こんなにきれいな花をいままでうっかり紹介し忘れていたなんて
ああ~コバルトの海に行きた~い‥‥ナ

2013_10280005_2 今年は寄せ植えに使っています
コバルトセージ
プレクトランサス
アンゲロニア(白、紫)
ヘリクリサム
ウインターコスモス
ガウラ(白)
あと一か月くらい持つかな~

年々、花壇の植えかえ作業がしんどく感じるようになりました
里山の宿根草を少しずつ移動して、宿根草花壇を目指し、作業を軽減しようと試みています
それにしても、移した花が青いセージばかりとは(^-^;

|

2013年10月22日 (火)

ひとりっこトマトのその後

この夏、温室で大きく育った一本のトマト
真夏になると花は咲いても、ぴたりと結実しなくなっていた
調べると、温度が高い真夏は受粉しないらしい
涼しくなるとまた結実しはじめた
まるでジャックと豆の木みたいに、てっぺんまでぐるぐると伸びた
2013_10220031_2
2013_10220039 夏ほど大きな実はできないが、数えると20個ほど緑の実が実っている
小さい実が赤くなり始めた
秋深いのに、今年はもぎたてのトマトを食べられる

温度調節ができない温室なので、これから寒さがくるとガラス張りは一段と寒く、どれくらい持ちこたえるかな~?

冷凍庫には、夏に畑で採れ過ぎたミニトマト
水に放すとつるっと皮がむけるので、あったかいラタトゥイユやスープに使えて便利です
2013_10220036
今日も、トマトの恵みいただきま~す(o^-^o)

|

2013年10月15日 (火)

セージガーデンとお伊勢参り

いつでも行けそうな距離にあるのに、何十年も行くチャンスを逃している場所がけっこうあるものです。
お天気に恵まれた連休の一日、そんな場所へ行くことにしました
お隣の三重県ですが、高速を乗り継いでも2時間半かかります

まずはメナード青山リゾートのセージフェスタ
何度もTVのCMで見てあこがれていました
セージの一番きれいな季節に来られてよかった(゚▽゚*)
2013_10150009

2013_10150012
主にラベンダーセージ、ボッグセージ、アメジストセージ、サルビア、アゲラタム
セージ好きは、けっこうマニアックなせいか、連休だというのに訪れる人は少なく、おかげでカメラに人が写りこみません

のんびり高原を散歩して、午後はお伊勢さんへ
2013_10150019_2

予想通り、式年遷宮を終えたばかりの伊勢神宮は、バスも車も人もい~っぱい
内宮までやっとたどり着いても、これまたすごい人でお賽銭箱まで、まだ遠い
夫は、「もういいやないか帰ろう」と言いだす始末でしたが
私は 「せっかくここまで来たのに~」
がんばって並んで、真新しい神宮をそばで見ることができました
2013_10150020
 

2013_10150024


|

2013年10月11日 (金)

西陣、藍染め、同級生

ひと月ほど前、高校の同級生Tさんから藍染の作品展の案内が届きました
しばらくは名前を見ても顔が浮かばず、45年の月日はやっぱり長い

京都は近いので行ってきました 
町屋がまだたくさん残っている西陣あたりは、大通りから一歩路地へ入ると、風情のあるお店がたくさんあります

藍染ののれんでお出迎え2013_10110015
藍染は好きだけれど、こんな着物を着こなせるようになるには~
あ~とても無理無理2013_10110014
台所が昔のまま残してあります
2013_10110012
                                    はたおり機も
2013_10110011










たくさんの作品をみせてもらいましたが、おしゃべりのほうが熱心だったのは仕方ありません
45年も経ったのに、お互いおばあちゃんになったのに、話しているときはあの頃の教室の中にいるようでした

|

2013年10月 6日 (日)

少年たちの青空

きのうのどんよりとはうってかわって、青空高く澄みわたったきょう、孫の幼稚園の運動会がありました。
お兄ちゃんが2回と、弟が2回の今年で4回目
小学生になると教室で食事になるので、家族そろってお弁当をひろげる昔ながらの運動会は今年でおしまいだね~と孫の成長を喜び、歓声をおくりました。

運動会と言えば、やっぱり玉入れ、万国旗
2013_10060010_2
小2のお兄ちゃんは、隣のグランドでスポ小の練習
2013_10060011_5
バントの特訓のようでした
小さな子供のユニフォーム姿は、なんともかわいくて息子の幼いころの姿と重なります

カメラを構えたそばでいい香りが‥‥  やっぱり‥‥金木犀
2013_10060004

息子の住んでいる街は、こんな時代なのに人口が増えていて、小学校も幼稚園も子供であふれています。
たくさんの幼い命と、若い若いパパママたち、真っ青な空。
少し前までは日本中どこでもこんな光景が見られ、生命力にあふれていましたよね
みんな元気に大きくなってね~

 

|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »