« ”イーゴス”はベトナムへ | トップページ | アゲハ蝶はセージ好き »

2013年9月16日 (月)

母なる琵琶湖

台風接近と共に強くなる風と雨の音を気にしながら眠りに就いた
今朝5時ごろ目覚めると、ちょうど滋賀、京都、福井の3県に大雨特別警報が発せられたところだった。
数十年に一度の災害? 命を守る行動?
次々増える警報、避難勧告・指示の地域
京都嵐山、福知山、福井の小浜など河川が氾濫して被害が広がってゆく
水害に関しては今まで心配したことはなかったが、今度だけはどうかな?

滋賀の川は琵琶湖に注いでいる
滋賀県の面積の6分の1を占める大きな湖が、大きな水がめの役目をはたしてくれる、
琵琶湖の水位はきょう一日で、マイナス25cmからプラス23cmに
48cmも増えたことになる
大きな湖の水位を1cmあげるのには、どれほどの水量になるだろう
洗い堰で放流水量を調節し、水害を防ぐよう管理するのはとても難しいらしい
琵琶湖を出て瀬田川、宇治川、淀川となり大阪湾に注ぐとなれば、その重要さは当然だ

母なる琵琶湖のおかげで、滋賀は最小限の被害で済んだのかもしれない

強風でレモンの木が傾いた
風雨の中、夫は支えの杭を立ててくれたけど、だいじょうぶかな~

いつ誰の身に起ってもおかしくない最近の災害
この度の災害で被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます

青い花々(162)
ロベリア”プリンセスブルー”
花の茎が長く、風に揺れてかわいい!
耐寒性・常緑多年草
ロベリアって暑さに弱いけど、これは強そう
夏中、元気に揺れていました
2013_09080005


|

« ”イーゴス”はベトナムへ | トップページ | アゲハ蝶はセージ好き »