« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月26日 (月)

秋の気配

連日、各地に大雨をもたらした雨雲がようやく去って、一気に秋めいた。

夕方の里山をみどりと歩いて見上げた空。
重い雨雲の切れ間のずっと上空に、きれいな青い空と、白いうろこ雲。
秋が覗いていました
2013_08250001

こうべを垂れるイネの穂2013_08250007
実り始めたアケビ、栗の実
2013_08250016

2013_08250002









夏の終わりに咲くタカサゴユリの群生
2013_08250015
棚田のため池の周りに毎年咲きますが、年々花の数が増えてきてきれいです
2013_08250009

夕暮れ時の里山は、とても涼しくて、たしかな秋の気配を感じます
異常気象のニュースは、もうこりごりですね

|

2013年8月20日 (火)

涼やかな色の花で

何度も言っちゃう 「あぢ~ っ あぢ~っ」
ありがたいことに、昼間は室内にいると、まあまあ凌げます。

外にはなるべく出ません。
みどりは、ガレージのBbの下にもぐったまま、ぐーすかと一日中お昼寝。
車の下は、風が抜けてとっても涼しく、私も一緒にもぐりた~い(゚ー゚;

みどりがのそのそと庭に上ってくる5時ごろ、花壇の水やりをします。

真夏に咲く青い花々は、涼やかな色で暑さを少し忘れさせてくれます。

”ホッ” ( ̄▽ ̄)

ブルーウィング(クレロデンドルム・ウガンデンセ)
2013_08210014

               ルリマツリ2013_08210003_2
                             やまほろし(ツルハナナス)
2013_08210006_2










                                    

 デュランタ宝塚
2013_08210018_2

                  ボッグセージ(サルビアウルギノーサ)2013_08210012
                                           アサリナ
2013_08210017_2







 

                     

                                      
                                 

|

2013年8月11日 (日)

ひとりっこトマトの自立

実は、庭の隅に夫が組み立ててくれた一坪大の温室があります

10年も経つと、犬小屋の代用に使ったり、培養土や肥料などの置き場になったりと、温室の役目ははたしていません。
夫はふと思いついて、私のつくったトマトの苗を一本、温室の片隅を掘り起こして植えました

さすがガラス張り。すくすく、すくすくと育ちます
温度調節機能はできませんが、トマトには熱い夏が絶好の成長環境となりました

7月25日にはじめてひとつ収穫して以来25個、食べたり、冷凍したり、子供たちに分けたり。
いちばん大きな実は350gもありました
まだまだ収穫できそうです(2本に仕立てています)2013_08100001_3
それにしても、どこまで伸びて、いつまで実を結ぶのでしょう
山の畑のトマトに比べると収穫量も多く、雨に会うこともないので、腐ったり、ひび割れたりすることもなく無駄がありません
農家の人がビニールハウスに転換される気持ちが初めて理解できました

ガラス張りの中のひとりっこトマトは、しっかり自立を遂げることができました

トマトにはいいかもしれないけど、この暑さ、なんとかならんのかいな

「あぢ~っ~っ」  (@Д@;

|

2013年8月 6日 (火)

どう伝えよう?

夕べ、幼い孫たちから電話がかかってきた
小2の兄が、夏休みの映画会で「蛍の墓」を観たらしい
家に帰ってから、弟に映画の感想を話したのでしょう
まだ幼い弟の心の中で、”戦争は怖い”という想いばかりが大きく膨らんだようです

「ばあば、もう戦争はないか?」
と半ベソをかきながら何度も聞いてくる
「そうか、戦争が怖いんやね~ ほうとうに戦争は嫌やね~
 ばあばも生まれてない頃戦争があったけど、もう戦争はやめようってみんなでお約束したからもうないよ。
 だいじょうぶだから安心しておやすみ」
と何度も答えた

長いやりとりの末、やっと安心してくれたようだ
健やかな眠りにつけたかな?

今朝、広島の平和式典のあと、”あさイチ”は「子供に戦争をどう伝える?」がテーマだった。
現実の戦争は、小さな子供が受け止めるには過酷過ぎる
それでもいつかちゃんと知って、平和を求める気持ちを養ってほしい

平和記念式典の前のニュースでは、相変わらず福島の原発の汚染水の危機的状況を淡々と伝えているし、廃炉に至っては何の道筋も見えない。
ゲリラ豪雨は毎日のように各地に甚大な被害を与え、
沖縄ではへりが墜落してまたオスプレー問題が再燃している
どれもこれも、根本的な解決にはほど遠い。

孫にぜったい大丈夫と言いながら、この子たちの将来を想う
何の責任もない幼い子供たちに、平和で安心な世界を残してやらなければ

私たち大人は、今までどんな世の中をつくろうとしてきたのでしょうね

連日の雨のあと、きょうから酷暑が続くそうです

青いセージ(メドーセージ)と青いレモン(5~6cm位になりました)
2013_08060002

|

2013年8月 2日 (金)

夏の影

みどりの散歩は、朝は夫の役目で、夕方は私の役目です
放してやれるのと、畑の収穫もかねて里山へ行きます
みどりはトマトやきゅうりを勝手にくわえては、ムシャムシャ

ここ数日の大雨のせいか、きょうはとってもきれいに澄み渡り、琵琶湖の対岸や北部の山々、湖に浮かぶヨットまでくっきりきれいに見えました
2013_08020012

緑一面
この季節の夕方の里山は、風が棚田を渡り、世間の暑さなんてすっかり忘れてしまう心地よさです
2013_08020015

2013_08020013

夕方5時を過ぎると影が長く伸びていきます
みなさ~ん 夏に負けないでね~

カメラ片手に手を振ってみました(TωT)ノ~~~ バイバイ
2013_08020007




|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »