« 最後の母の日 | トップページ | 窓辺のバラ① »

2013年5月24日 (金)

ボリジのおかげで

イチゴを受粉させるためにはハチが必要らしい。
イチゴ農家の方は、温室にリースのハチを放しているそうだ。

風や人工授粉では、大きくきれいな形になりにくい。
ハチの役割は大きいんだな~
自然って、うまくできてるな~

ファームの先生が、「イチゴの近くにボリジを植えると、ハチがきますよ」と言ってたな~

2013_05060023_2
きれいな形の大きなイチゴが作ってみたくて、秋にボリジの種を蒔いて育てました。

もともと青い星の形のかわいい花のボリジは大好き。
10株ほど、イチゴの近くに植えています。

春になるとかわいい花がいっぱい咲き、香りにつられてたくさんハチがやってきて、花から花へ巡ります。

里山は気温が低く、いつまでも寒かった今年は、やっと4~5日前からイチゴが赤くなりはじめました。

もちろん、きれいな大粒がごろんごろんと実りました。
毎朝夫が摘んできて、私は食べてばかりです。 ああ~満足、満足(o^-^o)
2013_05240008
8年目のサクランボも、今年は鈴なりの上、甘くて粒も大きく実りました。
2013_05240009
一本でも、ハチが来なくても実がなるすぐれものです。
きのうは少し取って、サクランボのジャムを作りました。
種をとるのはめんどうだけど、買うと高いサクランボのジャム。
500gのサクランボから小さな瓶で2瓶できました。
今朝は、ヨーグルトに入れて美味しく美味しくいただきました( ^ω^ )
日曜日には、息子の家族に手伝ってもらって全部取る予定です。
ジャム作りで忙しくなるぞ~

|

« 最後の母の日 | トップページ | 窓辺のバラ① »