« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

NHKの朝ドラを観ながら想う

山笑う、うれしい季節となりました
2013_04300011

ここ数年のNHKの激変ぶりの面白さのせいか、自分が歳とったせいか、民放の番組をほとんど見なくなった。
ただし、朝ドラは相変わらずNHK風で、相変わらずヒロインは美人でがんばり屋さんの優等生、いつも人に恵まれ、運に恵まれ‥‥と思っていたが‥‥

この春終った「純と愛」は、いつになく最後まで観た。
はちゃめちゃぶりに不評も多かったようだが、コミックのような展開はとても面白いと思った。
前半はその面白さに引っ張られたが、後半は残念ながら期待から外れていった。
愛のおかあさんのキャラがとても面白かったのに、普通の優等生ママになったこと
欲しかったジュークボックスが簡単に見つかり、簡単に手元に戻ったこと
唐突なほど偶然に、宮古島の大きな別荘を借りられることになったこと
など、あまりに安易な展開だな~と思ったが、ま~これもコミック風とうっちゃった。
このヒロインは、これでもかこれでもかと不幸に見舞われた。
ついに最愛の夫まで病の眠りについてしまう。
最後のシーンは、海に向かって、前向きに強く生きる決意を延々と語る。
ふと思った。
作者(遊川和彦脚本)は、このシーンのためにヒロインを翻弄させてきたのだろうか?
私は、このたびの大震災で被災し、山のような不安や喪失の悲しみでいっぱいの人たちの叫びを、このヒロインが代弁しているように思えてならなかった。

先ごろ観た映画「希望の国」(園子温監督)は、主に原発被害地域を描いたドラマだったが、被災者にとっては受け入れたくないであろう結末だった。
けれど避けては通れない現実を真摯に見つめる、こんな映画もなくてならないと思う。
公に声を届けることもできず、豊かな人生をつぶされたまま、なお尊厳を貫こうとする人々が大勢いたことを(今もきっといることを)、私たちはもっといろんな形で知るべきだと思う。
監督の美学を本当に理解できるのは、きっと当事者だけなのかもしれない。
けれど私たち日本人は、誰もが当事者に成り得ることを忘れかけている。

当然ながら「あまちゃん」も観ている。
オープニングの音楽と画像がよくて、がぜん観る気になる。
脇の役者さんが皆個性的で、台詞もおもしろく、うまい。
祖母とママのやり取りも「ある、ある」って感じで楽しい。
それに舞台の久慈(ドラマでは架空の町)は、ブログ友人のゆさんが少し前まで在住していて、子供のお誕生日にはウニ丼、なんて記事をうらやましく見ていたこともあって、なお親しみを感じている。
今放映中の設定時期は、2008年。
現在までを描くのだろうか?
だとしたら震災を描かないわけにはいかないだろう。
さて、宮藤官九郎氏は、、どのように震災を描くのだろう。
東北の人々が少しでも元気になれるよう、ドラマの力を信じて観ています。

緑肥として利用されるレンゲ
子供のころは、見渡す限りのレンゲ畑で寝転んだり、走ったりしました
寝転んで見上げた青い空、草いきれの青い匂いを今もはっきり覚えています。
2013_04300012

|

2013年4月26日 (金)

今年のクラブアップル

毎年GWが近づくと、里山の田に水がはられます。

ここ近年は、田のあぜにタンポポがどんどん増えて、どこの田もたんぽぽの黄に縁取られ、そのコントラストがきれいです。
このタンポポの道をみどりと散歩するのは、とても贅沢な時間です。
2013_04240002

幼い苗を植えて7年目のクラブアップルが大きく育って、今年は花もたくさん咲きました。
蕾は淡いピンクで、開くほどに白いはなびら。上品で大好きな花です。
2013_04240007



2013_04240013












とはいっても、同じ時期に植えたのに、この”黄丸”だけが順調に大きく育っています。
真ん中が"黄丸” 5mくらいになっています。
2013_04240010
濃いピンクの花咲く他の2本は、この冬、鹿にかじられ折れてしまいました。
でもなんとか生きているようで、今年の花はまだ見えませんが、きっと来年は‥

春がすみのせいか、黄砂のせいか、今年の春は、きれいに晴れわたってくっきり琵琶湖が見えることが少なく残念です。
きょうは、肉眼ではきれいに琵琶湖が見渡せています。
ひこばえで年々増えるライラックは、いろんなところに移植したので、あちこちで咲きはじめ、香っています。
ロースマリーとともに、背伸びして琵琶湖を臨んでいるようです。
2013_04240015

|

2013年4月20日 (土)

映画「ひまわりと子犬の7日間」

長らく映画を見ていなかったが、元気を取り戻したのと同時に映画館へちょくちょく足を運ぶようになった。

私は、見たい作品はなるべく映画館で見るようにしている。
劇場の大きな画面や音量は、臨場感に満ちていて、大きく映し出された俳優達は、私のミーハー気分を充分満足させてくれる。
同じ映画を見ても、DVDでは興ざめしてしまう。

ちなみにこのところの観賞作品は
北のカナリア、
ストロベリーナイト
レ・ミゼラブル
ライフ、オブ、パイ
愛、アムール などなど

そして一番最近に観たのが「ひまわりと子犬の7日間」
でもこの種の映画は、たいていDVDですませていた。
犬が主人公の映画は近年多くて、ほとんど見たが、たいてい期待に反していた。
DVDで見ていたせいばかりでもないだろう

この映画は、予告編で画面にいっぱいに写った主演?の犬の目が忘れられず、もう一度逢いたくなって映画館へ行った。
この”7日間”が意味するものは、おわかりだと思う。
この映画の主題であり、問題でもある。
人の世界で生きる以上、生を人の手に委ねられているのは、犬に限らない。

何度も嗚咽を殺しながら見る羽目になった。
飼い主と別れ、ひとり(一匹)でさ迷うあたりは、まるで「砂の器」の放浪する親子の様子とだぶった。
そして、みどりとだぶった。

犬を飼っていない人にこそ見てほしい、知ってほしい映画でした。

私を見つめるみどり
なに想う?
2013_04170023

白髪が増えたね
なにを見てる?
2013_04170024

また地震、また原発事故、また鳥インフルエンザ、また無差別テロ、またミサイル。
問題山積、人間社会も大変です。

|

2013年4月19日 (金)

♪な~らんだ なら~んだ わ~たしのきいろ ♪♪

原種チューリップのクルシアナレディージェーンが遅めながら咲いている
鉢植えにしていたことも忘れて、ほったらかしにしていたのに、ちゃんと球根の数を増やし、朝と共に起きて、夕暮れると眠る。
かわいい配色と、小さな可憐さは魅力的なレディーです。

夕方
2013_04170012

昼間
2013_04170007

風の日2013_04180007
長女が片言をしゃべれるようになった幼いころ、童謡 ”チューリップ”をよく歌っていた

 ♪ さ~いた さ~いた チューリップのはなが~
      な~らんだ な~らんだ わ~たしのきいろ ♪ 

おじいちゃんも、おばあちゃんも みんな 「 じょうずやな~」と笑顔になったo(*^▽^*)o

球根が少しずつ増えて、今年は60本ならんだ
きれいに並んで咲くチューリップを見ていると、子供たちの幼いころを思い出して楽しくなる
2013_04170008

 

|

2013年4月12日 (金)

三井寺(園城寺)境内、葉桜散歩

疏水沿いを歩いて山に向かい、長い石段を登って三井寺の広い境内にはいります。
少し曇っていたので写真はありませんが、観音堂の見晴らし台からは、琵琶湖、比叡山系,比良山系、大津の街、琵琶湖対岸が一望できます。
振り向けば、こんな景色。
2013_04110022

三井寺(天台寺門宗総本山園城寺おんじょうじ) 仁王門
2013_04110023

2013_04110038

                               三井の晩鐘で有名な釣鐘
2013_04110042









国宝の金堂
2013_04110043

2013_04110041








芭蕉の句の石碑
 
 
 三井寺の 門たたかばや けふの月
2013_04110017_4
ついでにもう一句 近江を詠んだ芭蕉の句
       行く春を 近江の人と おしみける

 
 
桜の花びらに囲まれ、葉桜のころもきれいな三井寺でした
2013_04110030_2

2013_04110047












2013_04110029

|

琵琶湖疏水、葉桜散歩

桜がやっと咲いたというのに、毎日寒い。
お花見に行くファイトも湧かず、近所の神社や川端の桜も散り始めた。

ブログを始めて長いのに、季節の変わり目ごとに訪れる大津の代表的な名称の三井寺界隈を載せたことがない。
平日で葉桜なら人も少ないだろうと腰をあげた。

車で15分南へ走り、皇子山球場総合公園に駐車して歩きます。
琵琶湖マラソンのスタート、ゴールの陸上競技場です。
三井寺は、すぐとなり。
駐車料金がうきましたヽ(´▽`)/2013_04110045_2
疏水は三井寺のすぐとなり。
疏水の葉桜です
2013_04110007

2013_04110010
水門
2013_04110012_4

ここの夜桜はとてもきれいです
琵琶湖疏水は琵琶湖の水を京都へ送る水路です。
京都の蹴上、南禅寺へ通じていますが、南禅寺の疏水に浮かぶ花筏もきれいで、わざわざ見に行くこともあります。
ただ京都はいつ行っても人が多くてどうも(-_-X)

歴史ある疏水について興味のある方はUPしてどうぞ
2013_04110002_2
2013_04110003
2013_04110004

|

2013年4月 8日 (月)

花盛り春花壇2013

やっと湖西南部の桜が満開になったのに、今朝は比良の上半分が雪におおわれていました。
さすがに午前中には溶けたけど、この寒さはなんでしょう。
三井寺に夜桜でも見に行こうと思うけど、寒くて行きそびれます。

花壇は、いよいよ花盛りに突入

2013_04080028

 
                  
                 
2013_04080025
2013_04080020_2












ベロニカオックスフォードブルー
2013_04080029

                  花が落ち着いてきたハンギング
2013_04080024
                                    花にら
2013_04080038_2








                  チューリップも咲きました2013_04080034
2013_04080027


|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »