« すみれの花咲くころは | トップページ | 花盛り春花壇2013 »

2013年3月29日 (金)

有機栽培について学んでいます

カンカン照りの真夏から、鼻水たらして震えながらの真冬まで、昨年の後半は有機栽培について学んでいました。
里山の畑を耕すようになってからずっと無農薬、有機栽培にこだわって野菜を作ってきましたが、上手くいかないことも多く迷いながらの作業です。

理論から学べるということで、スモールファーマーズなるものを見つけて入学しました。
やっと前期半年が終わり、今は後期の授業にはいっています。
社会人向け週末有機農業学校です。
ちょっと甘くみてました。
月に二日ですが、濃い濃い授業で、四苦八苦しました。
半日はみっちり座学。
化学式と専門用語で頭がぐちゃぐちゃ。
半日は畑でみっちり実習。
テストもありました。
これが難しいのなんのって。ふーふー言いました(。>0<。)
もともと暗記が苦手なのに、この歳になるとなおのことです。

たとえばこんな問題
○生物、土壌、大気の間にある「窒素循環」について、図を使って説明せよ。
○F1種作りの基本である「除雄」について、その作業内容と目的を具体的に説明せよ。

高槻校と野洲校で各12人。
若い人も中高年も、女性も。
女性では私が一番年上でした。
皆、意欲満々で、しんどいけど楽しい日々でした。
真剣に農業を目指す若い人がたくさんいることを知って、頼もしく思います。
TPP問題なんて逆手にとって、頑張ってほしいものです。

難しいけれど、理論の裏付けがあってこそ、実践がより理解できます。
よくわかったことは、化学肥料や農薬を一切使わなくても、ちょっとしたコツを実践すれば美味しくてりっぱな野菜がたくさん作れることです。

去年の秋の実習畑です
2012_10260004

少し虫が食べていますが、中心部はきれいなものです。
焼き肉や鍋パーティーをして皆でいただきましたよ。
2012_10260006

今私が一番知りたいのは、なぜ有機野菜が良いとされるのかってことです。
何をもって、安全と言えるのでしょう。
安全の基準って?
食べ比べてみると、一概にすべて有機のものが美味しいとは言えません。
それでも、有機、無農薬にこだわるのは、自然の力を信じたいからです。

後期の半年は、夫に参加してもらっています。
この日曜からは米作りがスタートするので、一緒に学びます。

|

« すみれの花咲くころは | トップページ | 花盛り春花壇2013 »