« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月28日 (月)

琵琶湖大橋界隈

琵琶湖大橋は、琵琶湖のいちばんくびれた所に架けられた橋です。
みどりを連れて、橋の西側の「道の駅 米プラザ」あたりの湖岸を歩きます。
2013_01240001
橋の真下から見ました。向こうは東岸の守山、あとで橋を渡って菜の花畑に行きましょう。
もう咲いているかな?
2013_01240003

橋から湖岸に沿って南へ少し下ると、近江八景の「堅田の落雁」で有名な堅田地区。
都が近く、古くより湖上交通の要地として栄えた地区です。
浮御堂に寄ってみました。
2013_01240042

有名な芭蕉の句は、十六夜のお月見の宴で詠まれたものだそうです。
うまい!! いい句ですね~

     鎖(じょう)あけて 月さし入れよ 浮御堂      芭 蕉

境内には他にもこんな句碑があります

     湖も  この辺にして  鳥渡る          虚 子

     五月雨の 雨だればかり 浮御堂        青 畝

     比良三上 雪さしわたせ 鷺の橋        芭 蕉

     病雁も  残らで春の  渚かな         蘭 更

私も一句と言いたいところですが、残念ながらそのセンスは持ち合わせていません(ρ_;)
橋を渡って東岸へ。通行料200円です(普通車)
南へ少し下がると佐川美術館。
北へ少し上がるとリゾートマンションやホテルがあって、そのあいだに菜の花畑があります。
対岸の比良山系はまだ雪に覆われていますが、早咲きの菜の花はもう満開です。
まだまだ寒いけど、ここだけ一足先に春のようです。
2013_01240017






   
 
                   

|

2013年1月18日 (金)

今年もメジロが

2013_01170097
今年一番の大雪になりました。
30センチほど積もったかな?

慌ててメジロの餌かごを窓の下にぶら下げました。

さっそく一羽がやってきました。
よほどおなかがすいていたのか、そばまで寄っても逃げません
2013_01170100
それとも毎年のことなので、ここが安全なことはインプットされているのでしょう。
間もなく別の子もやってきました
2013_01170109













ぐっと伸ばしてみました。
なかなかかわいいでしょう?
去年の冬は入院中、久しぶりにうれしいメジロのアップです
2013_01170107_2

|

2013年1月 7日 (月)

富士三昧のお正月

2013_01050077_3あけましておめでとうございます
みどりともども今年もよろしくお願いいたします

去年は病院で過ごしたお正月
健康でいることが、一番の幸せだと改めて感じる新年です

子供たちや孫たちが寄って賑やかなお正月でしたが、次男にみどりの世話を頼んで、3日間は夫と富士の裾野で過ごしました。

連日ピーカンの青空で、やっぱり表日本は明るさが違うな~と感心しきり
おかげで富士三昧でした
あちこち観光もしたのですが、やっぱり露天風呂から眺める富士と星空は雄大で心澄みわたります

夜明け前、河口湖畔の宿の窓から
2013_01050021
夜が明けるとまるで絵のような、とはこのことです
2013_01050024
河口湖~西湖へ少し歩きました。いつもそばに富士があります
2013_01050038_2
湖にはさてどなたとどなた?右下はけっこう大きな鳥でした
2013_01050040

2013_01050047





 
野鳥公園は、樹氷祭りの準備中
2013_01050053
河口湖駅のホームから望む
2013_01050062

けっこうあちこち精力的に回ったけれど、富士山ってどこから撮ってもほぼ同じ形。
さすが、コニーデ式火山。
富士最古の社、浅間神社に寄って初詣をしたけれど、そこの歴史を読むと、2度の噴火による火災に遭ったらしい。
ということは、噴火する可能性もあるってことだよね~

帰りの新幹線の車窓は、滋賀県に入ったとたんこの景色でした。
ブルブルッ
2013_01050075

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »