« かくれ里「教林坊」のため息もみじ | トップページ | 富士三昧のお正月 »

2012年12月14日 (金)

重くて暗くて切ないドラマ

何かのインタビューで子役の芦田愛菜が、
「今まで出演した中で一番好きな作品は?」と聞かれ
「Motherです」と答えていた。
へ~、こんな小さな子が(孫と同じ一年生)、多くの作品からこの作品を選ぶ根拠はなんだろうと興味を持った。
めったに民放のドラマは観ないけど、ちょっと「Mother」を借りてみた。
これがすごい作品で、私は完全にはまってしまって、ほろほろ泣いては感動。
多くの作品から、この作品を選ぶ芦田愛菜はすごい女優だと感心してしまった。
子供への虐待がテーマだけれど、周りの人物設定が丁寧で、主人公(松雪泰子)の伏線として描かれる生い立ちも、折り重なって面白い。
幸薄い母娘の老いた母親役の田中裕子が、切なく、愛しく、とても好きだった。

脚本は?坂元祐二
彼の作品をもう一本見つけた。
「それでも、生きてゆく」
これは私が入院していたころに放映していたようだ
近辺のTUTAYAに数件聞いてもまったくこのDVDは置いてない。
ついにディスカスに入会し、全巻配達してもらって、一日で観た。

これまたすごい作品だった。
少年犯罪、それも殺人事件の加害者側と、被害者側のそれぞれの家族と狂わされる人生。
瑛太と満島ひかり主演でこの二人が最高にいいんだけど、特にラストシーンの二人は素敵で、救いでした。
被害女児の母親役は大竹しのぶですが、例によって圧倒される演技です。
うますぎて声もないわ。
ちなみに、NHKの朝ドラ「純と愛」の愛(いとし)君が加害者の少年Aを演じていますが、これもなかなか。
音楽が辻井伸行さんのピアノというのもいいですね。

どちらも、暗くて、重くて、切ないテーマですが、丸く収めないストーりーや台詞が見事で、心をガツンガツンと打たれました。
私はどうもこの手の暗くて、重くて、切ない映像の中に、小さな光を見つけるのが好きなようです。
登場人物は、本当は皆やさしい心を持っていて、真摯に懸命に生きています。
こんなストーリーって架空の絵空事ではなくなってきた昨今。
それどころか、現実のほうがドラマを超えてしまうような想像のつかない事件もあります。
その陰で、どれほどの心優しい人たちが泣きながら生き抜いているのか。
「それでも、生きていく」って、今の世の中、皆いつか行き当たるかもしれない言葉なのでは?。

この脚本家の感性と、時代を見つめる目にこれからも期待しています。
TUTAYAも、韓国やアメリカのドラマばかり置かずに、視聴率はとれなくても優秀な日本のドラマをちゃんと置いてよね(≧ヘ≦)

そんなわけで、坂元祐二さんの次回作を待っていました
それが来年の1月 「フジTV木曜劇場(22:00~23:00)「最高の離婚」
 主演   瑛 太  尾野真千子   綾野 剛   真木よう子
少しコメディタッチのようなので、新春から楽しめそうです

室内に取り込んだら、花が咲いてきたストレプトカーパス
最近ほとんど使わない和室で冬を過ごすことにした寒がり屋達
アンゲロニアの挿し芽も大きく育って、ポリポットでケースごと避寒です。
ヨガマット、役に立ってるな~(*´v゚*)ゞ

2012_12120005_2

 

|

« かくれ里「教林坊」のため息もみじ | トップページ | 富士三昧のお正月 »

コメント

ロココさんコメントありがとうございます
TVで妙高の雪を見て驚いています。
あの下にバラが息をひそめているのですね。
元気になったので、またUPします。

投稿: ネモフィラブルー | 2015年1月 6日 (火) 11時28分

お元気になられて良かったです。
返信は要りませんので、時々近況をUPして下さると嬉しいです。

投稿: 雪ん子(旧姓ロココ) | 2015年1月 5日 (月) 21時07分

こんにちわ、いよいよ暑い夏が来たような感じですが、いかがお過ごしでしょうか?
私的なことで申し訳ないですが、インターネット回線をNTT西日本からBBIQに変更いたしました。通信費の節約と身辺整理のためです(苦笑)。これに伴いメールアドレスも変更いたしましたので、もしあなたのアドレス帳にありましたら変更していただけると幸いです。
これからもよろしくお願いいたします。
なお、旧アドレスは、数ケ月後には解約する予定です。
旧メールアドレス;***@nifty.com
新メールアドレ;***@**.bbiq.jp

投稿: 日向夏 | 2014年7月19日 (土) 10時08分

pencil華やぎさんへ
御無沙汰ばかりなのにコメントありがとうございます
いつかいただいたレースフラワーの苗は、毎年種がこぼれてどこかで咲いています
今年は、木イチゴの傍でいっぱい咲きましたよ。
いつかまた、みどりとともにブログでお会いできますように

投稿: ネモフィラブルー | 2014年7月 7日 (月) 10時22分

空色ガーデン様

 里山のお花やあなたの家のこれから咲く夏のお花などいっぱい見せていただきたいです。
 楽しみにしていますよ。みどりもね。

   華やぎでした。

投稿: 華やぎ | 2014年7月 6日 (日) 18時38分

pencil日向夏さんへ
長い間ご無沙汰しているのに、コメントありがとうございます。
休みながらも8年近く続けていると、ブログ記事もマンネリ化しているようで、ついついサボりがちになります。
愛車(自転車)で健康そうな毎日をすごされている日向夏さんを、感心して見ています。
ずっと続けていると、100歳まで健康ですごせそうですね。
それまでブログ続けるのも有りかな?
お互い、できるだけ頑張ってみましょう。
徒長しやすいネモフィラ、いつかまた挑戦してみてください。

投稿: ネモフィラブルー | 2014年3月 1日 (土) 09時35分

[追加]
そのうちに、いつの日か?・・・
また、・・・
ネモフィラを我が家の庭に植えたいです。
何しろ、飽きっぽくてねぇ・・・・(笑)。

投稿: 日向夏 | 2014年2月27日 (木) 00時24分

こんばんわ。久しぶりにコメントします。
調べてみたら、私も偶然にも同じように、「2006年6月からブログを書きはじめました」でした。
もうじき、丸8年になるのですねぇ・・・、時の流れを感じます。8年の記録を本にするのって、素晴らしいことですよね。

時々、ホントに時々、空色ガーデン、覗いているのですが・・・コメントまで至りません。近況ですが、最近の私は、園芸の話題からすっかり遠ざかってしまって、もっぱら『趣味人倶楽部』ばかりの生活になっています。とりあえず、10年を目標にお互いに頑張りましょうね。

投稿: 日向夏 | 2014年2月27日 (木) 00時19分

pencilhiroさんへ
私も普段はTVは、ニュースくらいしか見ないのですが、ひさぶりに見ごたえがあるドラマでした。
やっぱり社会の問題を真正面から描く作品は好きです。
ストレプトカーパスは、乾燥には強いと思うけど、葉が茶色になるかもしれませんね
根さえ生きていれば、きっと春には新芽が上がると思います。
ストレプトカーパスは、初めて種を蒔いてみて養育中です。
アンゲロニアは、屋内で暖房なしでも冬超えしてくれるかどうか実験中です。
成果はいづれブログにONします。

投稿: ネモフィラブルー | 2012年12月25日 (火) 14時11分

pencilぴぴさんへ
TVドラマはあまり見ないのですが、はまる時もあるものですね。
韓国ドラマがなぜあんなに見られているのでしょうね。冬ソナも一応見たけどどうも苦手です。
坂元祐二さんの脚本は、久しぶりにはまったドラマです。

投稿: ネモフィラブルー | 2012年12月25日 (火) 14時02分

ネモフィラブルーさん、こんにちは~♪
どちらのドラマも見ていませんが、
ネモフィラさんのお薦めだったら見てみたくなりました。
我が家の近くにはゲオしかないけれど
置いてあるといいなぁ~・・・

ストレプトカーパス、我が家では完全に終わりました。
今は私の部屋に置いてあり、夜中まで暖房をして
いるので乾燥しすぎるのではないかと少し心配しています。
アンゲロニアの挿し芽は挿す時期が遅すぎて失敗しました。

投稿: hiro | 2012年12月22日 (土) 15時58分

こんにちは
最近連続テレビ観ていませんね。
そうですか・・・はまりましたか!!
観て見たいですね。

そうそ韓国ドラマにはまっている方多いですね。
観ればはまるのでしょうね。
何か探して楽しみたいですね。

投稿: ぴぴ | 2012年12月18日 (火) 14時15分

pencilエドイン カップルさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。
この物語をちゃんと理解して演技しているとしたらやはりすごい子役ですね。
けっこういろんな人が出てきて、物語が複雑にからんでいます。
うまい子役は、案外大きくなるとなかなか名優として残らないので、どう育っていくのか楽しみですね。
子供しかできない演技ってのもあるのでしょう。
マツケンが好きなので、「うさぎドロップ」も観ました。
やっぱりマツケンがよかったです(o^-^o)

投稿: ネモフィラブルー | 2012年12月17日 (月) 16時43分

pencilOSSさんへ
お正月には向かないドラマですよ
新年早々、重く、暗くなるのはどうかな~
こんなドラマ薦めてすみませんm(_ _)m

投稿: ネモフィラブルー | 2012年12月17日 (月) 16時27分

pencil吾亦紅さんへ
韓国ドラマはたくさんレンタルショップにありますね。
私は、冬ソナは見たけどあとはぜんぜん知らないんですよ
ヨン様って最近どうしているのでしょうね
私の育てていたストレプトカーパスは、入院している間に枯らしてしまったようですが、ちゃんとお向かいの奥さんが葉挿しをしてくださっていて、これはそれをいただいたものです。
夏の間もズット咲いていました。
今はじめて、種を蒔いて育てています。
期待しているんですけど、どうでしょう?

投稿: ネモフィラブルー | 2012年12月17日 (月) 16時13分

pencilロココさんへ
ヨガマット、お役に立てて本望だと言っております(*v.v)。
どちらも重いテーマですが、今の世の中、もっと重たい事件があります。
事件の数だけ、重い悩む家族がいることを考えてしまいます。

投稿: ネモフィラブルー | 2012年12月17日 (月) 15時17分

pencilつれづれさんへ
退院してからしばらくは、映画やTVをあまり見ないでいましたが、最近また見るようになりました。
本はあまり読んでないけど、「孤宿の人」覚えておきます。
はずかしながら、宮部みゆきさんの本は読んでいないので、読んでみますね。
「それでも、生きてゆく」つれづれさんが名作と認めてくださってうれしいです。
主人公の二人がよかったですよね。
視聴率がとれないのがわからないんだけど、これくらい重いと、見るのがいやになるのかな?
コメディだとどんなふうに書くのかな?って楽しみです。

投稿: ネモフィラブルー | 2012年12月17日 (月) 15時05分

初めまして。
私もmotherのファンの一人です。
愛菜ちゃんの演技は幼稚園児としては、かってない自然体の見事な演技と思います。
経験も無いのに「怜南」の心境をどうして表現することが出来たのか不思議に思います。
プロダクションと愛菜ちゃんの親御さんが共同で出版した「愛菜学」(まなまな)という本も買って読みましたがゴミ袋から助け出され、奈緒のベッドで「札幌に行きたい」というシーンは見ていた演技指導の先生が撮影中に泣き出したそうです。
また、奈緒に迷惑を掛けまいと置き手紙をして一人で室蘭へ帰るシーンも実際に子供心に実行することもあり良かったと思います。
映像がモノクロの時代の子役さんの演技とは比べものにならない演技です。
この後の「うさぎドロップ」でも筋書きはともかく愛菜ちゃんの演技は群を抜いた自然体の見事な演技でした。

投稿: エドイン カップル | 2012年12月17日 (月) 12時30分

お正月常にも増して暇ですからtutayaに行こうと娘と云っています。ご紹介有難う(#^.^#)

投稿: oss102 | 2012年12月15日 (土) 10時15分

こんばんは~~
最近、韓ドラにはまって居て、録画を
撮り見るのに追われている有様です~~
邦画は大奥を見ていますが、これも
面白い設定で楽しんでいます~~
「最高の離婚」注目のドラマ楽しみに
見ますね~~

ストレプトカーパス、もう咲いていますね
まだ外に出したままなので、早速、縁側に
取り込まなくては~~
パンジーの苗も寒くて大きくなりません
今年は失敗かも~~

投稿: 吾亦紅 | 2012年12月14日 (金) 21時09分

「Mother」「それでも、生きていく」どちらもスゴク重たいテーマのドラマのようですね。
どっちも見ていなかったので、冬の冬眠期coldsweats01にせめて「Mother」だけでも見てみたいです。
ヨガマット、今頃「エッエエ~~~sweat01」て思っているかも・・・coldsweats01

投稿: ロココ | 2012年12月14日 (金) 10時36分

ネモフィラブルーさんおはようございます。
Motherとそれでも、生きていくは同じ脚本家さん
だったのですね。知らなかった。マザーは再放送でみました。
田中裕子さん 歳を重ねてもやはりすばらしい女優さんですね。
それでも、生きていくは 大好きな瑛太くんが出ていたので
リアルタイムで観る気マンマンで観始めて
びっくり。これは今年1番の名作ドラマだと思いました。
>暗くて、重くて、切ない映像の中に、小さな光を見つけるのが好きなようです。
あぁ 私もです。それでは ネモフィラブルーさん
ドラマではありませんがぜひ宮部みゆきの「孤宿の人」を
読んでみてください。きっと引き込まれると思います。
来年の1月に 坂元祐二さんの次回作がでるのですね。
おぉ~ しかも 瑛太くんに尾野まちちゃんヽ(´▽`)/
私が一番好きな男優と女優さんだわ。ヤッター。
素敵な情報ありがとうございました。

投稿: つれづれ | 2012年12月14日 (金) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かくれ里「教林坊」のため息もみじ | トップページ | 富士三昧のお正月 »