« 鯖街道から小浜へ | トップページ | かくれ里「教林坊」のため息もみじ »

2012年11月28日 (水)

晩秋の里山

今朝は、比良山に初雪が積りました
紅葉の山の頂がうっすらと白く染まりきれいでしたが、9時ごろには溶けてしまいました。

いいお天気だったので、畑にエンドウ豆の植え付けに行って、おネギと、シイタケ、ブロッコリー、水菜を採ってきました。

2012_11270003_2枯れ木のてっぺんで、トビとはちょっとちがう声で鳴く大きな鳥がこちらを見ています。
みどりもずっと気にして見ています
私のカメラはここまでが精いっぱいです.
去年の冬は山に来れなかったから見ていないけど、
あの時の鷹かな~
足の傷はなおったのかな~
みどりに警戒しながら、ゆうゆうと空を旋回し、逃がした時と同じ方向の山のへ消えました。
また現れる日を待っていましょう

2012_11270004_2
晩秋の里山はいつも同じ装いです
稲刈りが終わった後の田んぼは入ってもいいことをみどりはよく知っていて、思い切り走ります。
紅葉が終わったら、また寒い冬がやってきます
2012_11270005_2

2012_11270010_2




|

« 鯖街道から小浜へ | トップページ | かくれ里「教林坊」のため息もみじ »

コメント

pencilつれづれさんへ
お帰りなさい
お疲れさまでした
ずいぶん寒くなって、近くの山は毎日うっすら雪化粧です。
冬の寒さは、仙台にくらべるとずいぶんちがうでしょうね
帰省報告、あとでゆっくりのぞきます。
お父さんもお母さんも今の生活に慣れて落ち着いておられるのでしょう。
子育てがすんだら親の介護って、ほんとそうしたものですね。
自分が一番元気でいなくちゃね

投稿: ネモフィラブルー | 2012年12月 3日 (月) 13時56分

ネモフィラブルーさんちの里山はもうすっかり秋ですね。
みどりちゃんも 心なしか寒そう(^^♪
猛禽類の写真撮影は憧れますが私には難しいです。
近くで見るチャンスも動物園に限られてしまうので
でっかいレンズで撮影する野鳥好きの方々の気持ちが
よくわかります。
福岡も秋まっさかりでしたよ。

投稿: つれづれ | 2012年12月 3日 (月) 11時21分

pencilぴぴさんへ
ここ何年も野菜作りをしていると、だんだんコツがわかってきて、最近は旬の野菜を食べていれば、買わなくても済むようになりました。
とり立ての野菜はほんとにおいしいですよ。
助けた鷹かどうかはわかりませんが、この辺りは野鳥が多種住んでいます。
環境がたもたれるよう、人間も考えなくてはいけませんね

投稿: ネモフィラブルー | 2012年12月 3日 (月) 10時22分

pencilhiroさんへ
朝、近くの山に雪が見られるようになって、今年は紅葉と雪が一緒に見られてとてもきれいです。
日本海は、少し車で走ると行けますが、原発銀座の福井県に近い琵琶湖を抱える滋賀県は、やはりみな真剣に原発問題を考えています。
のどかな漁村を見ていると、どうぞ事故のないようにとねがいます
hiroさんのご主人と息子さんはよく釣りの獲物を持って帰ってこられますね。
うちの主人にも釣りやってよと話しています。
私、魚さばくのが大好きなんですよ

投稿: ネモフィラブルー | 2012年12月 3日 (月) 09時59分

こんにちは
今日も寒い一日でした、雪の便りもあちこちで
聞くようになりましたね。
ブロッコリーを頂き採れたて美味しいですね。
シイタケも採れるのですか羨ましいなぁ。

助けた鷹が戻って来てくれたならうれしいですね。
里山興味がありま~~~す。

投稿: ぴぴ | 2012年12月 1日 (土) 16時13分

ネモフィラブルーさん、こんばんは~♪
里山の秋もそろそろ終わりそうですね。
今年の秋は寒い日が多かったですね。
みどりちゃん、広々とした田んぼで思い切り
走れて良いですね。
鷹は見たことが無いのですが、大きいのでしょうね。

小浜まで2時間で行かれるのですね。
美しい紅葉と新鮮なお魚、由緒ある明通寺。
素敵な一日を過ごされましたね。

投稿: hiro | 2012年11月30日 (金) 22時25分

pencilHappyばあばさんへ
あの鷹だと思いたけど、渡ってくるシーズンが少しちがうようで、別の鷹かもしれません。
晩秋を一気に通り越して毎日寒く、開きかけたパンジーも開ききれずに凍えています。
比良山は1000Mしかありませんが、たまに遭難者がでます。私も何度か登りましたが、けっこう険しい個所や、迷いやすいけもの道があります。昔は夏スキーができたというくらい、雪が多く、寒い山なんですよ。

pencilossさんへ
みどりは、教えなくてもここまでは入ってもいいという境界がわかるようで(他のことはけっこうアッポーなんですが)おりこうです。
鷹は、飛んでる姿が大きくてきれいですが、うまく写せません(^-^;

pencilロココさんへ
今年は夏が長かったので、秋は通り過ぎるだけで、一気に冬ですね。
里山の冬は寒くて、静かで、空気が澄んでてとても落ち着く場所です。
鷹かどうかよくわかりませんが、琵琶湖の周りの山々は、野鳥の宝庫だそうです。
妙高もたくさんいそうですね。


投稿: ネモフィラブルー | 2012年11月30日 (金) 09時43分

待ってました~里山記事heart04
みどりちゃんも里山が大好き?ですよね~。そちらもすっかり晩秋の装いになってきましたね。
猛禽類を見ると、ドキドキ・ワクワクのロココです。

投稿: ロココ | 2012年11月29日 (木) 19時41分

広いところで思い切り走るみどりちゃん。
いいねぇ・・・鷹も近くで見ると迫力がありますね。

投稿: oss102 | 2012年11月29日 (木) 13時17分

晩秋という言葉、なんだか好きなんですが、そんなのんきなこと言ってる場合ではないですね。
もう初雪ですか?
いっきに寒くなるのでしょうね。
鷹は元気な姿で戻ってきてくれたと思いたいですね。
先日TVで比良山の近辺の事していました。
山の登り口でお店をしてらっしゃる方が、山をよく知らない人が昼ごろルートを教えてほしいとやってくるそうです。しかも軽装で。
こんな時間からだと明るいうちに下りて来れないので、もっとちゃんと下調べしてから来てほしいと言われてました。
なるほど!!と思いながら聞いてましたよ。
みどりちゃん思いっきり走れてご機嫌でしたね~good

投稿: Happyばあば | 2012年11月29日 (木) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鯖街道から小浜へ | トップページ | かくれ里「教林坊」のため息もみじ »