« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月17日 (水)

やっと東北へ

2012_10140008仙台空港に降り立って見渡すと、大小の航空機が行きかい、快晴の空は心地よく、あの震災直後の悪夢のような津波に押し寄せられる仙台空港と同じところに立つ自分が信じられないようでした。
夫の仕事を兼ねて、3日だけの東北です。

夫の仕事をすませ一泊目は鳴子温泉。
二日目は海岸線へ出て北に上ります。
気仙沼~陸前高田~大船渡
一日ではなにも出来ないけど、ほんの少しでも活性化に役立てば、そんな思いで被災地に入りました。

ふだん写真を撮っていると、自然の広さや奥行きを画像に収めきれないじれったさを感じますが、やはり被災地の実際は、TVで見るよりはるかに大きく、広く、痛々しい。
打ち上げられた巨大な船を見上げて立ち尽くし、この高さまで津波が襲ったのかとビルを見上げては圧倒され。
当時の恐怖ははかり知れません。

2012_10140027
飴のように曲がった窓枠。4階まで、津波が来たことがよくわかります。
2012_10140037
まだまだ多くのガレキが
2012_10140035

家屋の土台だけが広がる町にもコスモスが咲いていました。
人々の暮らした跡は、一年7カ月経った今もそのまま。
みんな今どこで、どんな暮らしをしているのでしょう。
少しでも前に進んでいるでしょうか?
2012_10140018_2
2012_10140025復興市場で食べた、まかない丼。
安くて美味しかったよ。
食堂の壁にいっぱいのサイン。
全国から訪れた大勢の人々の声援が聞こえます。
少しでも協力出来ることをと、サンマや鮭をたくさん買って、友人に送り、孫たちにもいっぱいおみやげを買いました。

花巻温泉に泊まるため、岩手の内陸へ
柳田國男の遠野、宮沢賢治の花巻
資料館や博物館を観てまわりました。
本で読んだ地がそこにある。それだけで心わくわくでした。
貧しいけれど、温かい昔の人々の暮らし。
昔から人間は自然と闘い、自然と共に暮らしてきたのですね。

花巻空港から飛び立って、眼下に見下ろす北上盆地のパッチワークのような田園風景は、ため息が出るほど美しい秋色でした。

この美しい東北に元気が戻りますように。
ほんの一部分しか見ていませんが、あらためて、東北の復興はまだまだこれからだと感じました。

| | コメント (18)

2012年10月11日 (木)

オールジャパン

夫は数年前から山中教授のノーベル賞受賞を待っていた。
こんな画期的な研究はないと大絶賛して、よく私に解説してくれていた。
少なからず医療関連の仕事をしているので、取引先から教授のうわさはよく耳にしていたせいもある。
同じ敷地というだけで何も関係ないけど、京大病院に娘が勤務(看護師)しているせいもある。

ニュース速報を聞いたときは、二人で小躍りしてしまった。

教授は、発表以来、毎日TVに出ずっぱりだけど、いやな顔一つぜず同じ質問に答えている。
話を聞けば聞くほど、誠実で、謙虚でなによりわかりやすい。
そして、関西人独特の相手を笑わせようとするセンスを持ち合わせているのもうれしい。

世界中で急速に研究が進み、財力や人材ではアメリカのような国には太刀打ちできないので、チームジャパンで協力していきたいと。
すでに大学同士の壁を打ち払って、研究は進んでいる。
3.11直後、オールジャパンになれなかったどこかの国の政治家に聞かせたい。

特許を取るのは、独占するためではなく、独占されないため。
京大が特許をとって、日本の本当に必要な分野に提供しようとする姿勢。
すばらしいな~
いろんな可能性を含む半面、倫理的な問題も想像できないくらい多く出てくるのだろう。
まだまだスタートという教授の言葉はとても深い。

ところで私は、村上春樹氏の受賞を毎年期待しているんですけど~
どんなスピーチか期待しているのです。
きょう発表?
ダブル受賞して日本を元気にしてほしいな~

実りの秋に
バラの実(バレリーナ)の向こうは、実り始めた青いレモン。
猛暑のせいか、今年は6個だけです。
2012_10110002_2


| | コメント (13)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »