« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月26日 (水)

アンゲロニアも増やしちゃえ

9月に入ってから種まきに精をだしています。
まずは葉ボタン3種
白、紅とプラチナケール
2012_09210002
プラチナケールは、去年よそ花壇で見て惚れ込んだ種類。
赤葉に光沢があって、とてもきれいでした。

野菜も蒔きどきです。
レタス、白菜、キャベツ、ブロッコリー
2012_09090002_2
夏野菜を抜いて準備した畑に、先週植え込みました。

そしてパンジー類
江原ビオラ混合、LRオトノホワイト、レモンイエロー、ラベンダーシェード、ピンクシェード
パンジーインスパイアブルーベルベット、パンジーキャッツライトブルー の7種2012_09210004

わすれなぐさ、ネモフィラ、ルピナスは10月になったら蒔くつもりです。

去年、アンゲロニアは秋に挿し芽できることを知りました。
去年は管理ができずに枯らしてしまったので、再度挑戦です。
水に3日ほど漬けてから、普通の培養土に半分ほど鹿沼を混ぜた土に挿してほぼ2週間。
なんと100%の発根率です。
ついでに、ラベンダーも挿しました。
2012_09210003_2
アンゲロニアは、ポリポットにあげて冬越しさせるつもりですが、さてどこで寒さを避けようかな?
なんとか冬越しすれば、来年の今頃は30本のアンゲロニアが花壇を埋め尽くすはず。
わー、期待膨らむな~

2012_09210006
ちょっと面白そうなので、アボガドも蒔いてみました。
蒔くという表現はあたらないかも?
5月頃、水に漬けました。
一か月ほどかかって、やっと種が割れました。
パリポットに植えて、また一カ月ほどかかってやっと双葉をだしたので鉢に植えると、季節も暑くなってくるにつれだんだん元気よく伸びてきて、今は40cmあります。
これも冬を越させるのは問題です。
アボガドの実を実らせるのは、
もっと問題です(^-^;

| | コメント (6)

2012年9月19日 (水)

癒される訳

この連休の一日は、孫のおもりで京都水族館に行きました。
近くて、子供が喜んで、たまには電車に乗って。
この条件を満たすのが、今とても人気の京都水族館だったわけです。

京都水族館は、京都駅から歩いて15分くらいで、梅小路蒸気機関車館に隣接しています。
蒸気機関車館は子供が小さなころ京都に住んでいたので、よく連れてきてやりました。
今こうして、息子の子供たちの手を引いて同じ場所へ来ていると、あのころにタイムスリップしたようです。
予想通り多くの人でしたが、けっこうゆっくり見物できました。
大阪の海遊館よりは、こじんまりしていますが、そのぶん身近な感じで、イルカのショーもあるのは子供たちをよろこばせました。

帰りの電車はおおはしゃぎで、「また電車に乗って遊びに来ようね」と何度も何度も約束しました。
字と文の練習になるからと、お嫁さんの案で、孫たちと交換日記をしています。
水族館に行った翌日に受け取った交換日記。
2012_09190015

この冬の入院中、私は孫のお絵かきを数枚を持って行き、ときどきながめては癒されていました。
私は、Oちゃんの絵が大好きです。
だってOちゃんの絵は、いつもみんなの目が笑っています。
ほらね、みどりまで笑っています。
2012_09190016

| | コメント (14)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »