« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月22日 (日)

TVのロケ班がやってきた!!

201207221121000_3日曜の朝、いつものように里山に行った夫からTEL。
「NHKがうちの場所で撮影したいって。ブライアン ウィリアムズさんも一緒に来てるよ」
「え~ 私も見たいけど、車運転できひん。 写真、携帯でいいから撮っといて」               
(夫の車はうちにあるのですが、私は運転したことが無いのですo(;△;)o)
 明日から、乗る練習してやるー(≧ヘ≦)

ブライアンさん(上)は、この地が気に入り、うちの畑のあるとなりの町に数十年まえから住んで、琵琶湖の周りの里山を描いている画家です。最近は曲面絵画ってのを描いているそうです。
ひと山越えた京都の大原のべニシアさんと、反対隣りの谷にアトリエを持つ今森光彦さん、そしてブライアンさん。
里山を愛してやまないご近所?の有名人3人です。

2012_07220003_3ところで、TVの件ですが、右の「番組趣意書」の通りです。
つまり、例のベニシアさんの帯番組の中で、どうも彼女の知人を紹介するらしく、ブライアンさんの絵やその背景を映し出すようなのです。
どのくらい写すのか聞いたら、1分足らずだろうってことらしく、な~んだガッカリです。
それなのに、こんなおおげさな撮影風景。
201207221123000
それでも、うちの敷地での撮影なので、ちらっと、普段私の紹介している風景が写るかもしれません。
当然のことながら、夫にも私にも出演依頼は無く、皆さんに手を振れないのは残念ですヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ 
真ん中にあるのが、ブライアンさんの絵画。曲面に描いてありますね。
201207221140002
興味のある方はどうぞ
    8月17日(金)  19:30~20:00  NHK BSプレミアム
       猫のしっぽ カエルの手 ~京都大原 ベニシアの手作り暮らし~
    

お礼にブライアンの画集を送ってくれるそうです( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (16)

2012年7月15日 (日)

大津市長がんばって

私の住む滋賀県の嘉田知事と大津市の越市長。
都道府県の長と。県庁所在地の長が二人とも女性というのは、全国でも初めてのことらしく、ちょっぴり誇りに思っている。
嘉田知事は原発関連で何かとメディアに顔が出ることも多く、越市長もこのたびのいじめ事件で連日インタビューを受けている。

ちょうど7月15日付けの「大津市広報」で、いじめ問題対策の補正予算を見たところだった。
わずかな予算ではあるけれど、一歩踏み出した感があった。

2012_07130001
この2月に就任したばかりの越大津市長は、自身のいじめられた経験から、いじめ問題に真摯に取り組もうとしていたその矢先、よりによってそんなところにこそ問題提起させるのか、そんな市長だからこそ問題を託される結果に「なったのか?
                                 咲き始めたヘブンリーブルー
 
2012_07130004以前、「ヘヴン」川上未映子著 を読んだ。
すさまじいいじめの描写に心が震え、もはや子供たちのいじめの世界には、誰も踏み入れられず理解できないのではと愕然とした。
生半可な教育論や愛情論では解決できない子供のプライドもある。
それでも心開いて信頼できる大人がそばにいることを信じてほしい。
この本の内容は特殊だと思っていたけど、これに近いことはきっとあるのだと思う。
生まれたときはみな無垢の心を持って生まれるのに、大人の責任は重いな~

ここ地元の大津では、あることないことがまことしやかに語られている。
腹立たしいほどの学校や市教委の態度をを責めるのは簡単だけれど、見えていないこともある。
いじめは大人の社会にもある。
新米市長には試練の日々だろう。
市長は、娘と同じj高校の同級生。
なおさら応援したくなる。
学生のころに自分が経験した辛さを無くそうと掲げた初心を忘れないで、子供たちのために頑張ってほしい。

青い星のボリジ
2012_07130005

| | コメント (8)

2012年7月12日 (木)

サフィニアのクローンたち

徒長した茎を挿して、たくさん作ったサフィニアのクローンたち.
大鉢に定植してひと月あまり。
真夏が来る前にたくさん花が咲いて、鉢いっぱいに溢れています。

お向かいのお家へ貰われていった子も元気に咲いています。
また秋に咲かせるためには、そろそろピンチしなければなりませんが、これがなかなか勇気がいるんですよね~
2012_07110009

2012_07110011












2012_07110008_2




| | コメント (6)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »