« 陽だまり | トップページ | 比良八講荒れじまい »

2011年3月26日 (土)

園芸福祉と言えるのかな?

大津市のハートフルガーデナー講座で園芸福祉をほんの少し学んだけど、ここしばらく母達のことで奔走していたため、具体的な活動を始めているいくつかの団体に加わるタイミングを逸していました。
一人でもやれることをしてみようと考えてはいましたが‥‥
母の入所している施設は、花壇はあるのに、枯れそうなサツキが少しあるだけで、ずっと花がありませんでした。
それでも、いつも水をやっているおじいちゃんが一人いて、園芸好きなんだな~と見ていたのですが、
去年の春、たくさん育てたペチュニア、インパチェンス、ジニア、サルビアの苗を無理やり持ち込んで、「よかったら、植えてみませんか?」と3ケースほど差し上げました。
一生懸命、おじいちゃんが世話をしてくれたおかげで、夏にはいっぱいいっぱい花が咲きました。

母と義母、病院と施設のあいだを行ったり来たりする私は、あの暑い日々も、おじいちゃんの育ててくれた花に癒されたのです。
この冬も、ビオラやリナリアなどの苗を2ケースほどを持って行きました。

Dscf7888 先日、「いつもありがとう」と新聞紙にくるんだものをおじいちゃんから手渡されました。
私はびっくりして、お断りしようとしたけれど、
「安かったから、3つ買ったんや」と言われ、申し訳ないけどいただきました。
うれしくて、胸が熱くなりました。
癒されているのは私でした。

だからこれは、おじいちゃんとおそろいの園芸用の作業手袋って訳です。
Dscf7889
施設のあたりはまだ寒く、ビオラもやっと蕾が持ち上がってきたところ。
次は、ピンクや赤の花の種も蒔かなくちゃと思っています。

|

« 陽だまり | トップページ | 比良八講荒れじまい »

コメント

pencilロココさんへ
私もこの講座で始めて知ったんですよ。
自分の好きなことで、何かの役に立てるんだったらいいなと思いました。
公園や保育園、高齢者の施設などで花を植えたり、野菜を作ったり、いろんな活動が広まっています。

pencilhiroさんへ
あ庭を手入れして花を育てるのは、経済的にも労力的にもゆとりがいるので、どの施設もなかなか行きとどかないようです。
たくさん花の苗を作るのだから、ついでに役立ててもらえばという軽い気持ちなので、福祉と呼ばれるのは気恥ずかしいです。
ちょうど食堂から見えるところに花壇があって、施設の職員さんにも喜ばれています。

pencilマウンチョさんへ
ほんとうにおじいちゃんはうれしかったのか、張り切って毎日世話をしてくれました。
おかげで、うちの花より大きく元気に育って、晩秋まで花盛り。
うらやましいくらいでしたよ。

pencilHappyばあばさんへ
施設に入居している方は、金銭的にゆとりがあるはずないので、お金を使わせたことはとても申し訳ないと思いました。
入居者は女性が圧倒的に多く、おじいちゃんはいつも淋しそうだったので、生き生きとお花の世話をしている姿に、生きがいの大切さを感じます。

pencilムムムさんへ
こんなことだったら、もっと早く出来たのにと思いました。
花の苗を作るのはとてもたいへんみたいに思われていて、恐縮しています。
なにより、おじいちゃんが嬉々として花壇ですごしているのがうれしいです。
園芸福祉なんておおげさに言わなくても、ちょっとお手伝いと言う気持ちでやってみます。

pencilossさんへ
施設の入居者は、自分で自由に好きなことをするわけにいかず、おじいちゃんにとってこの提案はとても喜んでもらえました。
いいことはわかっていても、人もお金も必要なことですから、施設もなかなか手が回らないようです。

投稿: ネモフィラブルー | 2011年3月29日 (火) 11時42分

恥ずかしながら・・・園芸福祉と言う言葉を初めて目にしました。
とてもステキなお話で感激しました。
そうか!私も好きなことで園芸福祉が出来るんですね。

投稿: ロココ | 2011年3月28日 (月) 20時59分

ネモフィラブルーさん、こんにちは^-^
とても素敵な園芸福祉だと思います。
ブルーさんとおじいちゃんで育てたお花を
ご覧になって、きっと多くの方が癒されたと思います。
私は施設に入るかどうかわかりませんが、
もし寝たきりになったらリビングに
ベットを移し、毎日お庭の花を見て過ごしたいと
夫に話しています。

投稿: hiro | 2011年3月28日 (月) 15時13分

素敵なお話ですね。

おじいちゃんは、声をかけてもらった事、自分をよく見てくれている人が居てくれる事に とても嬉しかったことと思います。
しかも一緒に作業ができて 使命感をもって お花のお世話をされていたんだと思います。
嬉しいプレゼント、心温まりますね。
読ませてもらった私まで、素敵な気持ちになりました。

投稿: マウンチョ!! | 2011年3月28日 (月) 10時01分

ブルーさんのお心遣いはおじいちゃんにとって
とても嬉しいものだったに違いありませんね。
ブルーさんへのお礼も込めて懸命に育ててくださったのでしょうね。
同じ手袋で心は一つ
うらやましいな~

投稿: Happyばあば | 2011年3月28日 (月) 09時07分

すごく素敵な園芸福祉だと思います。
おじいちゃんも一生懸命育てられたのですね。
多くの人が咲いている花に癒されていると思います。
ブルーさんのお花が実を結んでる。
羨ましい手袋です。

投稿: ムムム | 2011年3月27日 (日) 15時11分

いいお話ですね。もちろん園芸福祉ですよ。おじいちゃんの嬉しさが手袋で伝わってきます。

投稿: oss102 | 2011年3月27日 (日) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 陽だまり | トップページ | 比良八講荒れじまい »