« ドラマ「江」の風景②-坂本ー | トップページ | ほんとうの春がくる日まで »

2011年3月 2日 (水)

懐かしい味

岐阜に住む姉とは、ときどき彦根の母の施設でおち合います。

ひと月ほど前、ひな祭りが近づいて、
「ホテイ堂の”おいり”が懐かしいな~」と話しました。
女はすぐ食べ物の話です(*´v゚*)ゞ

”おいり”って今でも作っているかしら?
早速検索してみたら、ありましたありましたホテイ堂ヽ(´▽`)/
ホテイ堂は、鳥取の私の実家近くにあった、お菓子屋さんです。

スーパーなんてなかった幼い頃、駄菓子やパンや手作りの和菓子を製造販売する、町内唯一のお店で、いつもやさしいおばあちゃんがお店番をしていました。
中学校のすくそばで、「部活帰りによく甘食と牛乳を買って食べたな~」と同級生だった夫も懐かしそうに話します。

HPによると、幼馴染のNちゃんが3代目を継いで、4代目の息子さんと共に立派な和菓子屋さんを営んでいます。
美味しそうで、きれいな和菓子たち。
大将の忙しそうな日々がブログに綴られています。
思わずメールを打ったら、実家があった近くの桜土手の写真をたくさん見せてくれました。
懐かし~(ρ_;)

おひな祭りが近づいたので、”おいり”を送ってもらって、姉はもちろん、近所に住む従妹や息子のお嫁さんにも配ることにしました。
みんな鳥取出身なので懐かしい味にきっと大喜びです。

これがホテイ堂の”おいり”
炒り米おいりと、ポン米おいり
Dscf7882
     あんまり美味しそうなので、いっしょに送ってもらった栗饅頭Dscf7876     おばちゃん(Nちゃんのお母さん)手作りの栞も入れてありました
     こんな細かい針仕事ができるなんて、お元気そうで安心しました
Dscf7874










似たようなお菓子はありますが、鳥取では”おいり”と呼びます。
子供の頃は、私のおばあちゃんも毎年おひな祭りが近づくと、乾燥させたご飯を炒って、生姜汁を混ぜた水あめを練って作ったものです。

娘の初節句当時、私たち夫婦にはまだほとんど収入が無く、食べるのがやっとでした。
オンボロアパートで、父に買ってもらった雛人形をちゃぶ台の上に飾り、母が送ってくれた”おいり”をお供えしたことを覚えています。

久しぶりにその雛人形を出して夫と二人、故郷の味とともに思い出話に花が咲いて、一足早い春が来ました。
Nちゃん、奥さん、おばちゃんありがとうございました。
Dscf7881

|

« ドラマ「江」の風景②-坂本ー | トップページ | ほんとうの春がくる日まで »

コメント

pencil吾亦紅さんへ
大変なことだったんですね。
聞いただけでイタ~イ。
入力するのが不自由なのでは?
どうぞ、お大事になさってくださいね。
お母さんが鳥取のご出身なら、きっと未だに訛りの抜けない私の言葉によく似ていたことと思います。
鳥取は流し雛の風習が残っていてちょっと有名です。

pencil咲子さんへ
ご無沙汰しています。
懐かしい味や懐かしい友達にめぐり合えるのも、ネットのおかげでした。
昔なら考えられないことが、簡単に出来てしまいます。
咲子さん、サザンカと椿の季節真っ盛りですね。
雪の多い今年は、さぞきれいだったことでしょうね。

pencilポエポエさんへ
そうなんですよ。
雷おこしによく似たをもので、丸く握った形です。
食べだしたら止まらない(o^-^o)

pencil日向夏さんへ
この栗饅頭のてかてかは、3度塗りしているそうです。
そんなこだわりは、ちゃんとわかるんですね。
昔からあるお菓子って、味も姿も懐かしいですよね。

投稿: ネモフィラブルー | 2011年3月12日 (土) 22時54分

おはようございます~~
故郷の懐かしいお菓子、名前は違いますが
覚えがあります、この辺りではまだ、ポン菓子が時々やってきます、子供が小さい頃は
良くお米と砂糖を持って行って作ってもらいました~~懐かしいですね。
お雛様の、思いでもご両親の、思い出と重なりますね、鳥取はお雛様にはこだわる所と
伺っています。母の生まれは、鳥取でしたが
私のお雛様も、御殿の飾りの立派な物でした母も歳をとり兄が、家を新築した時処分されてしまい、淋しい思いをしたことがあります
今は自分で買って飾っています。
上品なお雛様ですね~~

しばらくブログお休みします、バイクで事故ってしまい、右手が不自由になってしまいました、元気になったらまた、よろしくね

投稿: 吾亦紅 | 2011年3月11日 (金) 11時29分

ネモフィラブルーさん今日は
御無沙汰致しておりました・・happy01
お元気ですか・・ネモフィラブルーさんのお若い時のお話
始めてお聞きしましたear
本当に若い時は誰もが一生懸命で
私も同じでした・・懐かしいホテイ堂のおいりから始まり
懐かしさが募りますねheart04
皆さんネモフィラブルーさんの事
覚えていて下さって一層心が通じますね
おばあちゃまの手作りの可愛らしいお飾り
お元気な証拠ですネ・・
何かのきっかけでフッと思い出す
若かりし日の一齣良い出会いに成って良かったですネhappy01

投稿: 咲子 | 2011年3月10日 (木) 11時37分

おいりって、初めて見ましたが美味しそう~~^^
こちらだと、浅草の雷おこしと似ているのかしらと想像しました~happy01
子供のころから馴染んだお菓子って、時々無性にその味が恋しくなりますねjapaneseteadelicious

投稿: ポエポエ | 2011年3月 9日 (水) 15時47分

おはようございます。
おいりは、似たようなのがこちらにもありますが、好きな菓子類です。写真の栗饅頭がまたまた美味しそうです。表面のくろくろピカピカがたまりませんね。一度取り寄せてみる価値がありそうですね。
鳥取は学生時代に帰省するのを利用して行ったきりです、次回行ったときはホテイ堂にも立ち寄りたいですね。

投稿: 日向夏 | 2011年3月 6日 (日) 08時20分

pencilhiroさんへ
今日はこちらは真冬にまいもどって、雪が降る一日でした。
そちらは、ハイキングができたのですね。
ひな祭りは桃の花だけど、まだまだ桃の蕾は固いですね。
娘が自立してからは、お雛様もつい出不精?でした。
最近は、私たちの年代の女性が自分のために高級なお雛様を買い求める人が多いと聞いたことがあります。
人形って、一年に一度くらいだしてあげようと思わせるくらい豊かな表情していますよね。

pencilossさんへ
たぶん、味は想像通りのお菓子で、どこでもよく見かけるものですが、特に炒米のほうが懐かしく、ホテイ堂のは美味しいのですよ。
ちょっと堅いこのお菓子を、いつまでもポリポリと噛める丈夫な歯でいたいなと思いました(笑)

pencilHappyばあばさんへ
大阪の粟おこしに似たお菓子ですね。
昔の人は、残ったご飯を無駄にせず、乾燥させて炒っておやつを作ったのでしょうね。
私はこの季節になると、以前ばあばさんのブログで知った梅が枝餅を思い出します。
あのお餅も素朴な味で美味しいですね。
あれ、またこれも食べたくなってきた(*´v゚*)ゞ

pencilマウンチョ!!さんへ
マウンチョさんのところも木目込みのお雛様が飾ってありましたね。
女の子が二人だっだら、いままでひな祭りはさぞにぎやかだったでしょうね。
子供達が何事もなく元気に育ったこと、感謝したくなりますよね。

投稿: ネモフィラブルー | 2011年3月 3日 (木) 23時21分

ネモフィラブルーさん、こんばんは^-^
今日は雛祭りですね。
娘がいる時は、定番のお料理を作り、家族揃って
お祝いしましたが、今年は何もせず、
夫とハイキングに行き、帰りにお寿司を食べて帰りました。
今頃になってお雛様も出さず、可哀そうな
ことをしたな~って後悔しています。
 
木目込みのお雛様、可愛いですね。
ホテイ堂のおいりもシンプルで美味しそうですね。


投稿: hiro | 2011年3月 3日 (木) 20時48分

水あめに生姜というのが美味しそうですね。お雛様も嬉しそうです。そうして祝える心が素晴らしい。

投稿: oss102 | 2011年3月 3日 (木) 09時41分

おいりというのですか、とても美味しそうです。
こういう米菓子大好きheart04
私にとって故郷の味って何だろうと考えましたが、
故郷がどこかよくわからない生活でしたから・・
生まれは大阪ですから、たこやき、お好み焼きというのはしみついていますけど、これはもう全国区ですからどこにいても食べられますものね。
大好きな郷土のお菓子を幼馴染みが作ってるというのがまたいいですね~
おひな様とても可愛くていいですね。
状態がよくてびっくりです。

投稿: Happyばあば | 2011年3月 3日 (木) 08時04分

懐かしいふるさとの味は 時々むしょうに食べたくなりますよね。^^*
わが家も 今朝お雛様を飾って眺めながら、
娘が生まれた当時の事を 思い出していた所でしたよ。

投稿: マウンチョ!! | 2011年3月 2日 (水) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラマ「江」の風景②-坂本ー | トップページ | ほんとうの春がくる日まで »