« ほんとうの春がくる日まで | トップページ | 琵琶湖の葦(ヨシ) »

2011年3月21日 (月)

がんばるのはわたしたち

ブログをできるだけ毎日更新することにきめました。
私の周りの元気な命をみてもらおう。
ほんの少しでも、ほっとする時間になればいいな。

こちらは、節電しても東日本に送電できるわけではないし、蓄電もできないなら、消費して経済を動かすことも必要。
東への流通がうまくいかないのか豊かに並んだ生鮮食品に、被災者の方々には申し訳ないと思うけど、消費されずに無駄になってし.まわないよう、ちゃんと食べて元気でいよう。

がんばるのはわたしたち


西から少しでも元気を発信していこう
具体的なサポートができるまで、元気を蓄えておこう


何度も雪に覆われた荒れ放題の裏庭に、ジョウビタキが毎日訪れます。
地植えのクリスマスローズがやっと咲き始め、ジョウビタキの遊び場になっています。
Dscf7903
                アップで見てやってください
Dscf7904

|

« ほんとうの春がくる日まで | トップページ | 琵琶湖の葦(ヨシ) »

コメント

pencilマウンチョ!!さんへ
せめて変電所の能力をもっと大きくしておいて欲しいですよね。
ただ、電力が無いとこんなに何も出来なくなるとは、このまま進むのか、根本的にエネルギーについて考え直すのか難しい問題が残りましたね。


pencilロココさんへ
こちらには電力も、ガソリンも食料もこんなにあるのに、なんとかならないのかと辛いジレンマがあります。
これからの復興は、日本がひとつになって相当な苦労をしないといけないでしょうね。
孫達のためにもがんばろうね。


pencilムムムさんへ
この10日間。
何をどうしていいやら、どう考えていいやら。
ただただ泣いて、うろたえるだけでした。
やっと、元気でいないと復興なんてできないと気づいたところです。
被災地の避難所へ花を送れたらなと思います。

投稿: ネモフィラブルー | 2011年3月22日 (火) 23時47分

そうそう 送電してあげれれば どんなにいいのか、、でも 周波数が違うので限りがあるんですよね。
元々、西と東で イギリス・アメリカ式で電気の設備をした事が 周波数の違いみたいです。

計画停電で 不自由な生活や経済も低下する中、
支え 引っ張って行く事も大切ですよね。

投稿: マウンチョ!! | 2011年3月22日 (火) 20時01分

今更ですが・・・なんで電気の周波数を一緒に出来なかったんですかね~。
こちらでは送別会の季節なのに、飲屋街?に閑古鳥が鳴いているそうです。あまり過度に自粛も考え物ですねぇ。

鳥たちもそちらの鳥は幸せそう・・・なんてcoldsweats01、妙高も少しずつ土が見えてきて、カラスから小鳥までそこに集まってきています。
地植のクリスマスローズも4月までおあずけです。早く青空ガーデンのようになるといいな。

投稿: ロココ | 2011年3月22日 (火) 19時30分

沢山不安が続く中、我々もしかめっつらをしたり、うなだれてばかりではいられませんね。
ジョウビタキ君(ちゃん?)は、我が家の庭にもやってきますが、とても人懐っこい鳥ですね。
やっと少しずつ春の花が咲きだしたり、芽をだしたりしてきましたね。

投稿: ムムム | 2011年3月22日 (火) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほんとうの春がくる日まで | トップページ | 琵琶湖の葦(ヨシ) »