« やっと植え込み | トップページ | ドラマ「江」の風景②-坂本ー »

2011年2月11日 (金)

ドラマ「江」の風景①-長浜ー

今年のNHKの大河ドラマの舞台は、琵琶湖の北部からはじまりました。
さすがに地元。
見慣れた風景が多く、せっかくなので、少し紹介していきたいと思います。

今日は、彦根の母のところへ行ったついでに少し北へ足を伸ばして長浜へいきました。

姉川の古戦場跡
Dscf7764_2
    戦死者の慰霊碑
Dscf7769_2 ドラマの最初のほうにあった、朝井、朝倉勢と織田勢の戦いの地。
中洲が雪で覆われて、川の流れが少ししか見えません。
川の水が赤く染まったといわれるほどの激しい戦でした。


近くに伊吹山が見えます。
降雪量、積雪量ともに世界記録を持つ伊吹山は、雪をいただききれいです。
伊吹の向こうが天下分け目の関が原です。
Dscf7748_2

Dscf7786


長浜石田町。石田光成の出身地です。
ここはお屋敷跡。
ドラマも信長から秀吉の時代に移るので、もうすぐ彼の出番ですね。










Dscf7752_2 長浜では、ドラマの撮影にちなんだ博覧会へいきました。
撮影で使用された、衣装や小道具などが展示されています。
信長が正倉院から削り取ってきたとされる香木
先週ドラマで、江姫が香をきいていましたが、どんな香りなのかと興味がありまいた。
とても上品な香りで、高貴な香りとはこんな香りなのかなと思いました。
いくらITが発達しても、まだ香りをお届けできないのは残念です。

Dscf7782_3  もう少し北へ走って  
       小谷城址
 
琵琶湖を向こうに見下ろす、高さ500mの山城ですが、今年はまだ雪が残っていて登れませんでした。
以前は上まで歩いて登ったことがありますが、馬洗い跡、番所跡、本丸跡の石垣、首据石(罪人の首を晒していた)、長政が自刃した屋敷跡とかが残っています。



長浜民族資料館では、

Dscf7763_2 長政とお市と子供達
抱かれているのが「江」ですね。
記録に基づくと、三姉妹の上に男の子がいたそうです。
男の子は落城とともに、処刑されたらしいのですが、ドラマではカットされています。


Dscf7760_3 この門扉は、当時のものがそのまま残っていて、このたびはこのような形で展示されています。




門扉の右の案内板のアップです

Dscf7761
リンクを貼ったので、興味のある方は覗いてください。
ドラマがより面白く見られるかもしれません。

                     

お市は信長亡き後、柴田勝家に嫁がされますが、賤ケ岳(シズガタケ)の戦いで秀吉に敗れ、勝家とともに自害します。
賤ケ岳の合戦場は、長浜からもう少し北の奥琵琶湖にあり、今日はそこまで廻れませんが、以前に少し記事を載せています

長浜の町を横切り、湖岸へでると秀吉の築城した長浜城があり、天守閣からは、琵琶湖が一望できます。
Dscf7743
秀吉により商業の栄えた長浜は、今もたくさんの店の立ち並び、一日中散策しても飽きない町です。
この季節、有名な盆梅展見物に全国から大勢の観光客が訪れるのですが、ドラマの影響もあって、この冬はよけい賑わっています。

こうして記事にしてみると、ここ近江の琵琶湖周囲は、戦国時代に限らず、古代からの名所旧跡であふれています。
いつも傍にあるし見慣れているので、いままであまり紹介していません。
今年は、少しずつ紹介していこうと思いました。

さて次回はどこをご紹介しましょうか?

案内が読めるよう、写真はクリックするといつもより大きくなります




|

« やっと植え込み | トップページ | ドラマ「江」の風景②-坂本ー »

コメント

pencilあきのさんへ
私は、大河ドラマはフィクションっぽくて今まではあまり見ていませんが、さすがに地元が舞台となると興味深いものです。
10歳くらいの江が、家康や、信長、光秀とドラマのように渡り合うことはなかったと思います。
実際はどのように、影響をあたえあったのか?
フィクションのドラマから想像をめぐらし、事実を探るのは面白いことだと気づきます。

投稿: ネモフィラブルー | 2011年2月16日 (水) 09時52分

興味深く見せていただきました。
これからどんなふうに物語が進められるのか、いかにも女性の脚本という感じですね。
まあ、あれほど自由に行動はできなかったように思うのですが…。

投稿: あきの | 2011年2月15日 (火) 19時49分

pencilマウンチョさんへ
香りはどう説明すればいいのかわかりませんが、ちょっぴりシナモンっぽい上等な線香といった感じでしょうか。
正倉院の原木には、足利善政、信長、明治天皇の3人が切り取った跡に印がついているそうです。

pencilhiroさんへ
都が近いこともあって、戦国時代、近江を制するのが重要なことだったのでしょう。
本能寺の変と同じ年にお市は再婚し、たった一年後に賤ケ岳の合戦です。
波乱万丈を通り越していますよね~
すごい時代です。
歴史ドラマは大まかなところは史実にもとづいているけど、作家の解釈でフィクション部分もあるので、真実はどうっだったろうと考えて見るのも面白いですね。
近いので、次はドラマ進行と同じ光秀の比叡山坂本あたりを紹介しますね。

pencil吾亦紅さんへ
吾亦紅さん、歴女だったんですね(笑)
ほんとに琵琶湖周辺は、多くの歴史遺産があって、紹介しきれないくらいです。
都が近いのと、湖は船交通の便がいいのと、敵が攻めにくいこともあったのでしょうね。
いままであまり大河は見ていなかったのですが、身近な場所が舞台になっていると、興味がわくし、記事を書くといろいろ調べるし、調べると面白いし、私も歴女になりそうです(笑)

penciltomokoさんへ
ご無沙汰いたしました。
こうして書いてみると、まだまだ私自身知らないことばかりで、これを機会にいろいろ読んで学んでいます。
伊吹は夏に来られたのでしょうね。
あそこのお花畑はきれいですよね。
私としては、湖北・長浜近辺、湖西の坂本近辺、近江八幡・安土近辺、奥琵琶湖近辺がお薦めです。


pencil日向夏さんへ
歴史にはあまり詳しくないのですが、こうして記事を書いたり、写真に撮ったりすると自然に興味が湧いてきます。
戦国時代はとくに、ドラマチックで、解釈も多様ですが、真実はどうだったのだろうと想像をめぐらしています。

pencilコーラルさんへ
今度は、ドラマの進行にあわせて光秀のお城があった比叡山坂本を写してこようと思っています。近いんですよ。
光秀の娘たま(後のガラシャ夫人)のこともドラマでやっていますね。
コーラルさん、以前ガラシャ夫人の本のこと書いてましたよね。
きょうは一日雪で、また少し積もりました。
雪が降る間は、餌をいれてやろうと思っています。

投稿: ネモフィラブルー | 2011年2月15日 (火) 01時30分

「江」 放送中ですよね。^^*
なかなか見れずにいますが、香木の話の時は丁度見ていまして、(再放送)
先に1度見ていた主人が 「何の香りだと思う?」からはじまって 最後に正倉院にあった香木の一部と知り 驚いたり・面白かったでした。。
実際にどんな香りか ご存じなんですね、興味あります。

投稿: マウンチョ!! | 2011年2月14日 (月) 17時55分

ネモフィラブルーさん、こんにちは^-^
滋賀県・琵琶湖周辺は昨年の夏、初めてツアーで
周りましたが、まだ見ていない場所が沢山あります。
今回の記事も興味深いものでしたが、
これからもいろいろな場所をネモフィラさんに
御紹介していただけると思うととても楽しみです。
「江」は初回より欠かさず見ています。
お市の方が柴田勝家に嫁ぎ、賤ケ岳の戦い
で秀吉に敗れ、勝家とともに自害したことは
知っていましたが、柴田勝家に嫁いだのは
織田信長の命令とばかり思っていました。
これからもこのドラマからますます目が離せなくなりそうです。

投稿: hiro | 2011年2月14日 (月) 16時23分

こんにちは~~
一度は行って見たいと思っていたところです
以前から歴史が好きで、お市の方の生き様が
戦国時代とは云え、時代に押し流された犠牲者の様に思います、お江は苦労の末の幸せを
つかんだのですね~
今の時代の若いお嬢様方に、参考にしてもらいたいような気もしますね~~
長浜の盆倍も今年は、混雑が続きそうですね
琵琶湖の近くは、都にも近いせいか、歴史上
多くの物語が有り、楽しみにしています、それにしても、ドラマで出てきた、香木、匂ってみたいものです~~

投稿: 吾亦紅 | 2011年2月14日 (月) 14時25分

おはようございます。昨夜も「江」を見たところで、今朝こちらへ伺って興味が深まりました。
岡山からはそれほど遠くもないのに、あまり行くことのなかった所です。今年はすこしそちら方面へ出掛ける機会を増やしたいと思います。
伊吹山へは2度ばかり行ったことがあるので、新幹線からも気にして眺めてしまいます。

投稿: tomoko | 2011年2月14日 (月) 07時50分

 こんばんわ。今夜の「江」の初めのテーマ曲の背景の遠くにまさに”伊吹山”らしき山が見えました。手前の街並みの中央に城が見えましたが、これが”長浜城”だったのでしょう。
 九州の人間にとっては、琵琶湖周辺の遺跡観光地はあまりなじみがないんですねぇ。いい歴史の勉強になります。

投稿: 日向夏 | 2011年2月13日 (日) 21時50分

こんばんは。
今、NHKでは「江」の放映中ですね。
10時から見ようと思っています。
お市の方とその娘たちのドラマは高校生の時の先生の影響で
歴史小説を読み始めたきっかけです。
昨年の大河ドラマの坂本龍馬のころは
なぜか興味が持てなくて見てるだけ~の感じでした。
今回は、樹里ちゃんがヒロインということもあり
はじまるのを楽しみに待っていました。
取材のおねだりは、どこと言える知識がないのでおまかせです^^。
お花とメジロちゃんの風景、羨ましすぎる~。

投稿: コーラル | 2011年2月13日 (日) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっと植え込み | トップページ | ドラマ「江」の風景②-坂本ー »