« 2010年7月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月27日 (木)

比良の暮雪

吹雪の日は彦根の母のところへ行くのが大変です。
北へ向かう湖岸の道は、北西の強風で、一寸先も見えない、怖いほどの吹雪の日もあります。

それでもなるべく行ってやりたい。

Dscf7649_2 最近はいつもiPadを持参して、大好きなみどりの画像を見せたり、音楽を流してやったりしていますが、軽くうなずいてもほとんど無表情です。
ただ私が訪ねると、ほんの一瞬、こぼれるような笑顔を見せてくれます。
それだけを見たいために、私はきょうも足を運びます。
 
父が亡くなって以来、父のことをまったくと言っていいほど口ににしません。
義母のことも、まったく尋ねることがありませんし、こちらも強いて話すことはしません。
どれだけ理解しているかわかりませんが、一人残ってしまったことはきっとわかっているからこそ何も言わないし、聞かないのでしょう。

座ることはもちろん、寝返りもできないけれど、なにひとつ愚痴を言わず、静かに眠っていますが、片手を握るともう一方の手をそっと重ねてきます。
動けないので硬直してきた足をさすってやりながら、私の陣痛のときは、母がずっと私の背中をさすってくれていたな~と遠い日を思い出します。

帰路の夕暮れ、湖岸を走って琵琶湖大橋近くになると、対岸の比叡の連山に真っ赤な夕日が沈み、琵琶湖がキラキラと輝きます。
比叡に連なる雪の比良山系。
近江八景のひとつ「比良の暮雪(ひらのぼせつ)」です。
白洲正子は「得体の知れない魅力に取り付かれた」と表現している近江には足しげく通い、多くの本を書いています。

白洲正子『近江山河抄』より
「比良の暮雪」という言葉がある。
下界には桜が咲いていても、比良山にはまだ雪が積もっており、夏になっても消えないことがある。それなら「残雪」といってもよさそうだが、「暮雪」でないとおさまりが悪い。
ある秋の夕方、湖北からの帰り道に、私はそういう風景に接したことがあった。
どんよりした空から、みぞれまじりの雪が降りはじめたが、ふと目をあげると、薄墨色の比良山が、茫洋とした姿を現わしている。
雪を通してみるためか、常よりも一層大きく、不気味で、神秘的な感じさえした。なるほど「比良の暮雪」とは巧いことをいった。比良の高嶺がほんとうの姿を見せるのは、こういう瞬間にかぎるのだと、その時私は合点したように思う。
                                          
Dscf7656_2 

早咲きの菜の花も少し咲いてきましたが、まだまだ春は遠い夕暮れの比良です。
父と二人で過ごした比良の麓での4年間の美しい四季は、母の夢に出てくるのでしょうか?

| | コメント (13)

2011年1月20日 (木)

「ノルウェーの森」を観た

こぼれ種から出たのか、根が生きていたのか、夏に枯れたはずのサイネリアの鉢から小さな芽を秋に見つけて育てていました。
寒くなって室内に取り込むと、スクスク育ち、青い花が咲き始めました。
春になって戸外に出すと、夏近くまで咲き続けます。
ラッキー、ラッキーヽ(´▽`)/
相変わらず、メジロはせっせとみかんを食べにやってきます。
Dscf7639_3   

この半年の間、映画館へ出向く時間が無かったけど、ストレスがたまらないよう、3本だけ時間をとって劇場へいきました。

湊かなえ原作の「告白」
小説より衝撃的な事件の多い昨今、「告白」は絵空事ではなく怖くて、重い。
穏やかな面立ちの影で淡々と着実に復習を果たす女教師と生徒たちの狭間。
モノクロっぽい映像の奥深く、現代の直面している恐怖を見る思いです。

子役時代からのファンであるディカプリオの「シャッターアイランド」
リピーターが多かったのもうなずけます。
騙されているのか?真実は見えているのか?
自分をずっと疑いながら見る楽しさはとても巧みで、面白く、ラストは哀しく切ない。
歳をとってもディカプリオはますますうまくて、魅力的。

クリスマスに観た「ノルウェーの森」
赤と緑のクリスマスカラー装丁が有名な原作の映画をイヴに公開とは心憎い演出。
Dscf7610_3 ビートルズのオリジナル原盤を主題歌として使用許可されたこと。
松山ケンイチ主演であること。
以前見た好きな映画の監督さんであること。
あの人物たちが映画ではどう描かれるのでしょう?
そんなこんなで「ノルウェーの森」の映画化には興味がありました。
主人公のワタナベ君は、1969年に20歳になると原作の最初にあるように、私とまったく同世代で、同じ時代が背景です。
私の中のわたなべ君と松山ケンイチが重なりあって、みずみずしくやさしく、
それは村上春樹さんとも重なって、それだけでうれしい映画でした。

「サージャントペパーロンリーハーツクラブバンド」を聞きながら書いたので、この小説はレノン=マッカートニーの a little help を受けていると村上さんはあとがきで書いています。
本棚の隅っこでほこりにまみれた原作を、久しぶりに「ラバーソウル」と「サージャントペパー ~ 」を聴きながら読み返しました。

社会が大きく揺れたあの時代。
透明な美しい映像のむこうに、青春ど真ん中で想い悩み、流されまいと踏ん張っていたあの頃の自分を懐かしくいじらしく思い出しました。

Dscf7611
ところで、別の本棚の隅っこにあった、同じ配色の「ど忘れ辞典」2冊。
いつごろからか、まったく使っていません。
真似っこ?ちょっと笑っちゃいました。


IT環境がすすんで、電子書籍も当たり前になると、本棚が必要なくなる日も近い?

| | コメント (6)

2011年1月 7日 (金)

新年三景

どんな事情があろうとも、誰にも新年は平等にやってきます

秋に義母を看取り、実母は今は寝たきり状態となりましたが、二人ともやっと痛みや苦しみから開放されたことになります。

酷暑を乗り切り、奔走した日々も少し落ち着き、私も穏やかな新年を迎えました。

コメントをいただきながらお返事もせず申し訳ありませんでした。
ご心配をおかけしたことと思います。

この半年、想う事も感じたこともいっぱいいっぱいありますが、とても重くて、難しい、大切な問題です。
ブログを少しずつ再開して、少しずつ書いていけたらと思っています。

数年ぶりに夫と二人(正確にはみどりと三人)、年末から小旅行に行きました。
大荒れの日本列島。
ここ鳴門海峡もすごい風(うずしおを写したつもりです)
滞在した徳島の眉山は、四国では珍しい雪景色の朝でした。
Dscf7577

うちに帰ると里山は真っ白。みどりは大喜びでした
Dscf7603

今年もメジロの餌カゴにみかんを入れたら、さっそくやってきました(撮影6日)
後ろは、黄色く熟した鈴なりのレモン。
道行く人に声をかけて、無理やり差し上げています。
200個くらい実って、あと100個ほどあります。
Dscf7609

今朝は大雪で、30センチほど積もっています。
レモンの木も雪で折れそうです。

| | コメント (20)

« 2010年7月 | トップページ | 2011年2月 »