« 風をあつめて | トップページ | やっと、空色のはじまり »

2010年3月23日 (火)

お尻を並べて?

親を看取ったり、見舞ったり、日々こうして老いに接していると、自分達夫婦の老いについても話すことが多くなりました。
健康に気づかうことも、経済的な方針についても、やはり年とともに具体的な思案となりつつあります。

私は夫につねづね、
「1日でも早く私が先に逝きたい。お父さん、それまでは元気でいて面倒見てよ」
と言っています。
夫はいつも「よしよし、まかせろ。看てやる看てやる」
と今のところは言ってくれます。

先日、長い付き合いの友人と電話で話していて、この話題になりました。

友人は、「お宅はいいわね~。うちの旦那なんかそんなこと出来そうに無いわ」
「それなら、もし一人になって動けなくなったらうちへおいでよ。主人に頼んだげる」 と私。
「わー、うれしい。○○さんにやったら、看てもらいたいわ」 と言うので、
私は、「二人で、お尻並べて拭いてもらおう、もらおう」と答えて、
二人で大笑いをしました。

夜、夫にその話をすると、
「よしよし、里山で一緒に看てやるよ」と言うので、
「○○さんも、××さんも、おねえちゃんも、兄嫁さんも呼んでいい?」
それならとばかり、ほかの友達や姉達のことも頼んでみました。

「よしよし、看てやる、看てやる。みんなでお尻並べとき!!!」

親しい人たちと一緒に暮らし、夫に介護してもらうなんて、な~んて幸せな?老後なんでしょう。
今だからできる笑い話です。

人生って、いくら望んでも望み通りにはいかないものですからね~(^-^;


1003220005 さて、その将来、皆が集まる?予定の里山の木々は年々大きく育っています。
湖西のソメイヨシノの開花はまだですが、畑のサクランボの花は満開。
ヤマナラシは大木となり、白樺によく似た花房がいっぱい下がっています。
昨日(22日撮影)







おまけ

一昨日(21日)、病院の帰り。
みぞれ降る春の嵐の近江平野に一瞬の晴れ間。
青く広い麦畑に風渡るむこう、くっきり大きな虹がでました。
忙しい日々を励ましてくれているような美しい虹でした。
1003210013

|

« 風をあつめて | トップページ | やっと、空色のはじまり »

コメント

pencil吾亦紅さんへ
お元気でしたか?
自分もなかなか更新しないくせに、ブログ仲間の更新がしばらく無いと、どうしたのかな?と少し心配してしまいます。
私のように、のんきに笑い話をしていられるのも、元気だからなんですね。
つくづくそう感じます。
いいほうへ向かっているとずっと信じているのですよ。
何の慰めも励ましも出来ないので、吾亦紅さんの好きな青い花をこれからいっぱい載せますね。
やっと暖かくなってきたので、少しでも快復されるよう、心から願っています。

投稿: ネモフィラブルー | 2010年3月30日 (火) 17時36分

こんばんは~~
ご無沙汰いたしました~~
お尻を並べて!!優しいご主人のお言葉、なんともうらやましい限りです~~
我が家はどうも私が先にとは、ゆきそうも有りません、介護中の夫は目に見えて弱ってきました、二年間の介護の中で少しずつ覚悟は
子供達と共にしています、ご主人のように
冗談でも言って貰えたらどんなに心強いことでしょうね、最近は友達とも老後の話が多く
なりましたね

投稿: 吾亦紅 | 2010年3月29日 (月) 23時10分

pencil日向夏さんへ
痛めるほどスポーツをなさっているのですか?
ほんとに何といっても健康でいなければ何事も始まらないですね。
人生、まだまだ長いので、体に気をつけて楽しいこといっぱい見つけて、くよくよしないでってとこですね。

pencilマウンチョ!!さんへ
写真では虹の大きさと美しい色が表せなくてはがゆい想いです。
虹は、このあたりでは季節の変わり目に頻繁に見られます。
虹を見ると、思わず「あっ虹!!」と見上げて、なんだかうれしくなりますよ。
マウンチョさんちも、子供達がだんだん自立して、少しさびしい反面、自分のための時間が増えますね。
それも楽しいことですね。

投稿: ネモフィラブルー | 2010年3月29日 (月) 00時45分

老後のことは私たち夫婦も時々考えますが、なにしろまだまだ現実的でないですね。今は健康を維持することだとスポーツに励んでいますが、スポーツで身体を痛めることにもなりそうです、かといって止めるわけにもいきません。元気なうちに楽しいことを・・・の精神です(苦笑)。どちらも親(母親)が元気なのが救われます。それもいつまで続くか?ですが。
まぁ、あまり深く考えずに気楽に生きて生きましょう。

投稿: 日向夏 | 2010年3月25日 (木) 21時36分

綺麗な虹の写真 娘にも見せちゃいました。^^*
本当にこんな綺麗な虹が見れるんですね・・・。

娘が社会人になっただけですが、今回 少しだけ子供たちが巣立った後の事も 考えないといけないね・・・、って主人に言われました。
いつまでもこのままの生活が続くと思いがちでしたが、
節目節目で考えさせられます。
お尻並べて・・・、いいですね。

投稿: マウンチョ!! | 2010年3月25日 (木) 16時57分

pencilポエポエさんへ
言うは簡単なので、こうして笑って話しているうちは気楽なものです。
そう簡単な事ではないけど、簡単に考えれたらいいですね。
琵琶湖の周辺はよく虹が現れます。
邪魔なものがないので、大きく、はっきり見えて、元気をもらいましたよ。


pencilossさんへ
そんな簡単にうまくいくことではないことを、私たち夫婦は、ほんとはよく知っているんですよね~(笑)
いつまでも寒い日が続いていて、桜は例年より早いけど、花壇の花は遅いように思います。
いっぱい咲いたら、ぜひぜひossさんに自慢します。


pencilHappyばあばさんへ
いつまでこう言って笑っていられるでしょうね。
冗談ではなく、老後の生活の仕方はもっと自由で、多様になるべきでしょうね。
写真では、大きさがうまく撮れなくて悔しく思います。
とっても大きく、圧倒されるような虹でした。琵琶湖周辺は虹の名所と自慢できます。
秋の終わりの山側は、連日のように虹が現れるんですよ。


pencilmicoさんへ
ご無沙汰しています。
お仲間候補が大勢で、夫もうれしい?ことでしょう。
里山に共同で暮らせるようなホームができるといいですよね。
夢で終わらせたくないお話でしょう?


pencilhiroさんへ
実現すれば楽しいかしら?
やっぱり大変かしら?(笑)

一本植えでも実が実るサクランボなので、小粒ですが、たくさん実るのですよ。
昨年は枝を切りすぎて失敗しましたが、今年はたくさん実りそうです。

hiroさんのお母さんは、日本のターシャのような方ですね。
hiroさん、お母さんの傍らで見ながら育って、幸せでしたね。
初夏になると、一面黄金色できれいですよ。
麦秋は、夏の季語なんですね。


pencil鶴子さんへ
夫も、言うだけなら簡単なものですから(*^-^)
里山に共同で生活できるホームを作れたらいいな、とはよく話しますけどね。
だんだん、老いてからの暮らし方も変わっていくでしょうね。

投稿: ネモフィラブルー | 2010年3月24日 (水) 23時20分

いっぱいお尻が並んだら、さぞ見ごたえのある光景でしょうね~(笑)
優しさとユーモアのあるご主人様の介護なら、さぞ楽しい毎日になりそうで羨ましいです~♪

大きな素晴らしい虹ですね~!shineheart01きっと、ネモフィラブルーさんのガンバリをねぎらってくれたのですね。

投稿: ポエポエ | 2010年3月24日 (水) 16時20分

口だけでもそういってくださる人がいると心が温かくなります。
↓もうどんどん咲き出していますね。こういう自慢ならぜひぜひお願いします。
ラグラスの集団ボンボリかわいいでしょうね。

投稿: oss102 | 2010年3月24日 (水) 09時11分

こんな大きくてきれいな虹は見たことありません。
フ~ッと力が抜けるような素敵な風景ですね。

旦那様頼もしくて優しい方ですね。
わが家でも今義妹の入院にみんなで力を合わせてがんばってるところですが、
自分たちが病気をしたら・・とかいろんな事が頭をよぎります。
オットットさんも面倒は見てあげると言ってくれていますが、逆の場合はどうでしょう。
頼りない私ですから・・・
オットットさんをお願いするわけにはいきませんよねcoldsweats01

投稿: Happyばあば | 2010年3月24日 (水) 08時30分

おはようございます。
私も仲間に入れてくださ~い(笑う
自然がいっぱいの里山での老後は最高でしょうね。
虹の橋を渡ってみたくなりました。

投稿: mico | 2010年3月24日 (水) 06時45分

ネモフィラブルーさん、こんばんは^-^
里山に施設が出来たら素敵でしょうね。
私もいまから予約を入れていただこうかしら・・・
優しそうで頼りがいのあるご主人様で良いですね。
 
さくらんぼの花も綺麗ですね。
実はたくさんなるのですか?
 
大きな美しい虹ですね。
5,6歳の頃、麦踏をした記憶があります。
収穫した麦で母が毎晩おうどんを作って
食べさせてくれました。
黄金に実った時のお写真も見てみたいです。

投稿: hiro | 2010年3月23日 (火) 23時19分

里山に私設の施設ができそうですね。
それにしても、優しく頼もしい夫さんですね。
もうちょっと近かったら、私もお尻並べたいですぅ。

投稿: 鶴子 | 2010年3月23日 (火) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風をあつめて | トップページ | やっと、空色のはじまり »