« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

やっと、空色のはじまり

昨日の夕方、彦根の帰りは吹雪でした。
いつまで続くの、この寒さ。
夜は真冬のように冷え込みました。

今朝、雨戸を開けると雪景色。比良山も麓まで真っ白。

でもやっぱり春の雪。
庭の雪は、朝方の陽射しで融けはじめ、昼には少し暖かさを感じる一日となり、空も空色。

やっと咲きかけていた花達もこのところの寒さで、凍えちゃっていましたが、久しぶりに元気をとりもどし、まだ少しだけど、うれしい空色花壇のはじまりです。

朝は雪の下でした
(球根が年々どんどん増える花ニラは、淡い淡い空色
 少し見えてる向こうの青はベロニカオックスフォードブルー)
1003300010
雪が融けました
1003300046

朝は雪の下でした
(クリスマスローズ、ムラサキハナナ、ビオラベルーアフロステッドチョコレート)
1003300003                
                                                        雪が融けました               
1003300044

1003300001_3 朝は雪の下でした
ハナカンザシ、枝垂れビオラ、
ビオラベルーアフロステッドチョコレート
のハンギング、
パンジーLRアリルクールカラーミックス
の鉢植え



雪が融けました
1003300035_2

何度雪の下になっても、けなげに咲き揃ってきたシネンシス。遅かったね~
空色のビオラペニーマリーナは、毎年種を採りますが、毎年同じ花が咲く優れもの。
1003300043
東花壇のビオラも雪が融けてやっと元気がでてきましたね。
(ビオラブルーソワール、ビビアンティーク)
1003300030

| | コメント (10)

2010年3月23日 (火)

お尻を並べて?

親を看取ったり、見舞ったり、日々こうして老いに接していると、自分達夫婦の老いについても話すことが多くなりました。
健康に気づかうことも、経済的な方針についても、やはり年とともに具体的な思案となりつつあります。

私は夫につねづね、
「1日でも早く私が先に逝きたい。お父さん、それまでは元気でいて面倒見てよ」
と言っています。
夫はいつも「よしよし、まかせろ。看てやる看てやる」
と今のところは言ってくれます。

先日、長い付き合いの友人と電話で話していて、この話題になりました。

友人は、「お宅はいいわね~。うちの旦那なんかそんなこと出来そうに無いわ」
「それなら、もし一人になって動けなくなったらうちへおいでよ。主人に頼んだげる」 と私。
「わー、うれしい。○○さんにやったら、看てもらいたいわ」 と言うので、
私は、「二人で、お尻並べて拭いてもらおう、もらおう」と答えて、
二人で大笑いをしました。

夜、夫にその話をすると、
「よしよし、里山で一緒に看てやるよ」と言うので、
「○○さんも、××さんも、おねえちゃんも、兄嫁さんも呼んでいい?」
それならとばかり、ほかの友達や姉達のことも頼んでみました。

「よしよし、看てやる、看てやる。みんなでお尻並べとき!!!」

親しい人たちと一緒に暮らし、夫に介護してもらうなんて、な~んて幸せな?老後なんでしょう。
今だからできる笑い話です。

人生って、いくら望んでも望み通りにはいかないものですからね~(^-^;


1003220005 さて、その将来、皆が集まる?予定の里山の木々は年々大きく育っています。
湖西のソメイヨシノの開花はまだですが、畑のサクランボの花は満開。
ヤマナラシは大木となり、白樺によく似た花房がいっぱい下がっています。
昨日(22日撮影)







おまけ

一昨日(21日)、病院の帰り。
みぞれ降る春の嵐の近江平野に一瞬の晴れ間。
青く広い麦畑に風渡るむこう、くっきり大きな虹がでました。
忙しい日々を励ましてくれているような美しい虹でした。
1003210013

| | コメント (12)

2010年3月20日 (土)

風をあつめて

主演の二人(岡田准一、麻生久美子)がいいなと思ったのと、ヒロインが花屋さんという設定なので、ちょっと気に入って借りた映画のDVD「おと・な・り」を冬眠中に観ていました。
「おと・な・り」という題名は、音鳴りと、お隣りをかけていたのですね。

ストーリーは、レトロなアパートのお隣同士の男女(30歳設定)が、お互いに顔を合わせぬまま、隣の部屋から聞こえてくる音を意識し、心を傾け、それぞれの今をまっすぐ生きながら、巡り逢える偶然と結末を描いています。

やわらかい色調の画像のなかで、音でつながっていく二人の間。
こうなってほしかったという、ほっとする結末は、偶然すぎるけど充分許せる。

うれしかったのは、二人をつなぐ音のひとつが、あの”はっぴーえんど”の名曲「風をあつめて」で、この曲が、音にこだわるエンドロールまで、幾度となくとても効果的に使われていたことです。

何十年振りでしょう?
すっかり忘れていたこの歌をあらためてゆっくり聞いてみました。
久しぶりにピュアな私好みのラブストーリーに出会えて、なんだか若い頃のほろ苦い経験や、甘酸っぱい感情を思い出し、まだ少し冷たい里山の春風を感じながら、

♪ 風をあつめて~ 風をあつめて~ 蒼空を翔けたいんです~♪

と口ずさみ、里山の畑の草抜きをしています。

里山を渡る風をあつめて、ざわざわとヤマナラシの鳴る日も、もうすぐなのに‥‥


義母が脳梗塞で入院し、実母も少し体調を崩し、また病院とホームへ通う日々です。
生きとし生けるものが動き始め、活力みなぎる春なのに、人間に季節は関係ありません。

そんな、こんなでブログの更新が遅れがちですが、
花壇の花も、里山の木々も春を迎えて、いよいよ紹介されるのを待っています。

これからせっせと自慢たらしく写真だけでも紹介していきます。

それでなくとも日頃から遅れがちな皆さんのブログへの訪問が、ますます遅れることになりそうですが、ご容赦願います。

1003190029_2 孫達がよく遊びに来てくれるので、今年はちょっとかわいい寄せ植えを作りました。
ラグラス、ノースポール、
ハナカンザシ、
セラスチウム、ロベリア、
ビオラ、ウサギ?






1003200006 年末に植え込んだ寄せ植え。
北東の角なので、まともに北風をうけ寒さに耐えて、やっと花が展開しはじめました。

ローダンセマムアフリカンアイズ、
エリカ、ブルーデイジー、
ストック、パンジー、
ヘリクリサム










今年の東花壇は、ラグラスを中心にしたので、雑草をうえているようです(^-^;
前は、ネモフィラを少しと、パンジー(アトラスニードルポイント)
後ろのムラサキハナナは、やっと蕾が膨らんできました。
1003190034

北側花壇
手前はセラスチューム、裏庭から移植した大好きなベロニカオックスフォードブルー、
ビオラは育てた中から淡色の混合、後ろは例年のごとくタマクルマバソウとシラー、
プランターはネモフィラマキュラータ
1003190032

ラグラスのかわいい白い穂が伸びて、風に揺れる頃には、花々も咲き揃ってくれるといいんだけどな~

| | コメント (7)

2010年3月 6日 (土)

デンドロが華やかな窓辺でした

冬の室内に飾れる鉢花は数が限られるので、いつもシクラメンを置いていましたが、シクラメンの夏越しは難しく、冬でも戸外に置ける原種とガーデンシクラメンを主流に育てることにして、今年は蘭の中でも育てるのが楽な、デンドロビュームを少し増やしました。

去年、苗を買ったばかりで、今年咲くのかな?と思っていたけど、見事にいっぱい咲いて、今年の冬の窓辺は華やかでした。
外には雪がちらつく、2月の初旬に撮ったものです。
今は、花が半分くらいに減っています。

1002060035

 ユーピンキング”セレナーデ”
   育てて数年、デンドロビュームは私でも育てられると認識させてもらいました。
       1002030013_3

シーマリー”スノーキング”  キュートドレス”マイボーイ”  スプリングドリーム”クミコ
1002030017_3 1002060036_3 1002030018


青い花々(157)
プリムラオブコニカ
1003040080
春一番に出回る桜草の類でも、オブコニカは日照の少ない室内でもよく咲いてくれます。
色も好きな色が多く、毎年窓辺に欠かせません。
ひと月前、見切り処分で198円で買ったものを、大きな鉢に植え替えたら、どんどん花があがり、今はこんなに咲いています。
左のサーモンピンクも、きのう100円の処分品を見つけて、植え替えたものです。
ひと月後には、右のくらいに大きく育つかな~?

| | コメント (18)

2010年3月 4日 (木)

水ぬるむ湖岸

昨日3月3日は、3ヶ月ぶりに病院へ検査に行く日でした。
実は、半年前に受けた半日ドックで、諸々の数値がひっかかって、栄養指導を受けています。
食事療法だけではいまひとつ効果が無く、薬を服用することになりましたが、たいしたことではないので、ご心配は無用です。

成人病センターは、琵琶湖大橋を渡って行きます。
このところ、なたね梅雨のようにうっとおしい日々ですが、昨日は少し暖かく、私の住んでいる琵琶湖の西側からだといつも近くに見えている比良山系が、対岸に来ると、湖の向こうに蒼く連なりきれいです。

ほら、早春らしい風景でしょう?
1003030054   


1003030059_2 菜の花い~っぱい
黄色の中に顔をうずめると、なんだか元気がわいてきますね。
いつまでも冬眠していられません。
あたりは、すっかり春になっていました。

大橋のすぐ近くの東湖岸には、毎年、早咲きの菜の花がボランティアの方々の手で植えられて、1ヵ月くらい前からちょっとした名所になっています。
ほんとは、比良山にまだ雪が残っていると、もっときれいなのですが、今は、頂上だけに残っていて、遠目には見にくいですね。
頂上は、春まで、スキーができるんですよ。

傍の小川にセリが新芽をのぞかせていました。
1003030068

オオイヌノフグリの青い花もあちこちに咲いて、早春の定番の風景です。
1003030074

里山は、梅が咲き、沈丁花が少し開き、ふきのとうも出てきました。
うちの庭のパンジーやビオラもやっと元気に咲き始め、ネモフィラも小さな蕾が見えます。

年の初めに、今年は花壇の様子をもっと載せるなんて書いてました。
反省です(*´ェ`*) 
ガンバリま~す。

| | コメント (7)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »