« 見えない星々 | トップページ | 15歳の君へ »

2009年12月26日 (土)

年末です。「のだめ」ファンです

ずっと映画化を心待ちにしていました。
ついにきた。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

なにかと気ぜわしい年末なのに、
早速、のだめのようにイソイソと、女子高生に囲まれて
「のだめカンタービレ最終楽章前編」を観てきました。

映画は期待以上。
まず音響がいい。
大画面がいい。
ヨーロッパのロケ地がすばらしい。特にコンサートホールはすばらしい。

オーストリア(楽友協会ホール)やスロバキアでの演奏シーンは、生演奏のようにはいかないまでも、まるでコンサートホールに居るようで、満たされました。
それも、たった1000円で満たされました。

主役の二人の後編へつながる成長ぶりも楽しい。
のだめが、千秋と初共演できることを大喜びする”変態の森のダンスシーン”は圧巻で、ここまで大々的にするのかって感じだけど、映画なればこそできるダイナミックにはじける楽しさは、ポップなこのドラマの楽しさそのもので、思わず拍手したくなる、私の大好きなシーンです。

のだめファンなら、皆さんお分かりでしょうが、
映画を観てから一週間、頭の中を”ベートーベンの交響曲第7番”がずっと響いています。
エンディングの”ラプソディーインブルー”は、小学生のころ、うちではじめて買った洋楽のレコードで、ショリショリショリショリと傷つくまで、何度も何度も聞いた曲でした。
オーケストラ演奏の音は、のだめオーケストラが担当していて、超一流とは言えませんが、私には超一流との違いもあまりわからないので、千秋様の指揮で、映画館の音響で聞けば超一流でした。
のだめのピアノは、うれしいことにラン・ランの演奏です。
楽しいのだめ仕様の”トルコ行進曲”に心沸きたった前編。
後編で、のだめの演奏はどう変わるのか?
クラシックファンとは言えない私ですが、つぎつぎ流れるBGMや、演奏シーンで使われる曲は、耳に馴染み深い曲ばかりで、ずっとわくわくが止まりませんでした。

映画の後編上映は4月。
前編の千秋(オーケストラ)編から、のだめ(ピアノと室内楽)編に移ります。
映画の後編分も収録された、先行発売の3枚組みのサントラ盤を聴きながら、もう予習?をしています。
時折、タクトまで振っている私です(*´v゚*)ゞ

参考までに曲目は、

DISC1 千秋編 前編を中心に、千秋指揮シーンを中心とした、オーケストラ楽曲を収録
・ベートーヴェン:交響曲第7番より 第1,4楽章
・デュカス:魔法使いの弟子
・ラヴェル:ボレロ
・J.S.バッハ:ピアノ協奏曲第1番より
チャイコフスキー:大序曲「1812年」 ほか

DISC2 のだめ編 後編の内容を先取りしたプレミアディスク。前後編より、のだめの演奏を中心としたピアノ楽曲を収録
・モーツァルト:ピアノソナタ第11番より
・モーツァルト:2台のピアノのためのソナタより
・ドビュッシー:「映像」より
・ショパン:ピアノソナタ第3番より
・ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番より
・ラヴェル:ピアノ協奏曲より
・ショパン:ピアノ協奏曲第1番より
・大島ミチル、松谷卓編曲:「もじゃもじゃ組曲」より、ピアノとテルミン版、ほか

DISC3 ミルヒーと仲間たち編 前後編ほかより、登場キャラクターの演奏する楽曲、キャラクターBGMを収録
・ブラームス:ヴァイオリン協奏曲より
・モーツァルト:オーボエ協奏曲より
・ジョリヴェ:バソン協奏曲より
・ドヴォルザーク:チェロ協奏曲より
・ドヴォルザーク:チェコ組曲よりポルカ
・プロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」よりモンタギュー家とキャピュレット家ほか

さて、切ない終わり方の前篇から、二人はどんな成長を遂げるのか?

ああ~、後編が待ちきれないよ~  ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・

年末は、やっぱり第9でも聴こうかな~

0912260008
ハンギングのビオラ(ビビアンティーク)にやっと花が咲いてきました。
お正月に間に合いました。

今年も、たくさんの暖かいコメントありがとうございました。
来年はもう少しがんばって、記事をたくさん書きたいと思っていますが、さて?


  喪中につき、年始の挨拶は失礼いたします
              みなさま、どうぞよいお年をお迎えください

|

« 見えない星々 | トップページ | 15歳の君へ »

コメント

pencilゆさんへ
挨拶が遅くなってすみませんでした。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
のだめ感染させてしまいましたね(笑)
のだめオーケストラliveも持っているんだったら、先輩ファンですね。
聴いてから映画を観ると面白いだろうなと思うので、後編が楽しみです。

投稿: ネモフィラブルー | 2010年1月 7日 (木) 20時46分

今年もよろしくお願いいたします。

こどもの頃は、マンガ小僧だったんですよ。
サントラ盤、買っちゃいましたよ。(夫が買ってくれました)

のだめオーケストラLIVE!に入っている曲もあり、新しい曲もあり、映画を想像しながら聞いてます。

投稿: ゆ | 2010年1月 6日 (水) 00時28分

pencilHappyばあばさんへ
こもコメントを書いているうちに年が明けそうです。
旧年中は、いつもコメントをいただきありがとうございました。
今年もよろしくお付き合い願います。
私も少しずつですが、一応おせちを用意しました。
やっぱり、おせちが無いとさびしいですね。
寒い寒いお正月になりましたが、暖かい部屋で久しぶりに子供達と過ごせるのは、幸せなことです。

投稿: ネモフィラブルー | 2010年1月 1日 (金) 00時06分

とうとう後1時間半ほどになりましたね。
寒い大晦日だそうですが、準備は整いましたか?
毎年簡単にしようといいながら、なんとなくいつものように支度してしまいます。
この前おっしゃってたように、これもいい風習だという気持ちがあるからでしょうね。
娘の嫁ぎ先ではおせちもないそうです。
ところ変われば・・・ですが、
今やってることは出来る限り続けたいと思います。
いつもネモフィラさんのものを見る正しく、優しい目に刺激されています。
来年も暖かい記事のUP心待ちにしています。
どうぞよいお年をお迎えくださいね。

投稿: Happyばあば | 2009年12月31日 (木) 22時47分

pencil日向夏さんへ
日向夏さんものだめファンとはうれしいですね。
上野樹里は、ほんとはまり役でした。
アドバイスと言えるほどのことはできなくて、こちらも試行錯誤のガーデニングです。
熱心な日向夏さんに刺激を受けて、いろいろこちらも勉強させていただいています。
来年(あと2時間半)もよろしくお付き合い願います。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年12月31日 (木) 21時37分

こんばんわ、『のだめ』といえば、
わたくし、このおじさんも見ていたのですわ、
恥ずかしながら・・・
あの主人公の女の子、地で役をこなしているような感じですね。
一年間いろいろなアドバイスありがとうございました。よいお年をお迎えくださいね。

投稿: 日向夏 | 2009年12月31日 (木) 21時07分

pencilhiroさんへ
ピアノがんばってやってますか?
私は、ここ一年休んでいます。
こんな映画を観ると、また弾きたいのですが、自分のはあまりにおそまつで聴くほうがいいなって感じです(笑)
お忙しいのにいつも丁寧にコメントいただきありがとうございます。
来年もよろしくお願いいたします。
クッキーちゃんにもよろしく。


pencilminigardenさんへ
われら世代も、結構のだめファンが多くて、ちょっと驚いています。
ポップな面白さと、クラシックが身近に感じられる楽しいドラマですよね。
映画館は音響が良くて、館内に響き渡ると言う点では、生演奏以上の感覚かもしれません。
葉牡丹は最近、色も形もいろいろ種類があって、使いやすいですね。
平凡ですが、一番落ち着く組み合わせです。
お料理上手のminigardenさん、今頃お台所で奮戦中?
良いお年をお迎えください。


pencilossさんへ
ハンギングはちょうど軒下なので元気ですよ。
こちらも戸外はよく凍りますが、まあ毎日ではないのですぐ解凍します(笑)
来年は、ossさんくらい、多くの趣味をもっと深く楽しみたいと思います。
寒い年末になりましたが、あったかいネコちゃんたちと、あったかい新年をお迎えください。
いつもみどりを可愛いがっていただいてありがとうございます。
来年も、私共々よろしく願います。


pencil吾亦紅さんへ
夫は、音楽は好きですが、このポップさにはちょっと付いていけないそうです。
ご主人にはあまりお勧めできないかもしれませんね。
ハンギングは、ビオラ以外の苗は全部買いました。
たくさん植え込まないものは、買っています。
吾亦紅さんのところは、お正月用にきれいなお花のリースができていましたよね。
来年もお互い、元気に平和に過ごせますように。


pencilマウンチョ!!さんへ
のだめは再放送をしていたようですね。
私は熱心なファンではなかったのですが、先ごろのドラマのスペシャル版(ヨーロッパ編)で、完全にはまってしまいました。
近くに映画館がないのは、ちょっと残念ですね。
松江に行ったときにでも、映画を観る時間があればいいですね。
良いお年をお迎えください。
チョコちゃんにもよろしく。


pencilポエポエさんへ
ポエポエさんものだめファンですか?
あれだけ楽しくクラシックを紹介してくれるとうれしいですよね。
映画では、ヨーロッパの都市がたくさんでてくるのですが、あんまり素敵で、ポエポエさんはこんな景色を見てきたんだな~と思い出してうらやましかったですよ。
来年もよろしくお願いいたします。
ラッキーちゃんにもよろしく。


pencilつれづれさんへ
最近のドラマや映画や小説は、コミック化されたり、コミックから映像化されたりとコミックの影響が相互に反映されてその味が残っていますね。
私はコミックはほとんど読みませんが、映画を見るといつも、コミック好きの人には映像化は許せるのかな?と思ったりします。
まあ、それは小説を映画化するのも同じで、別物だけどね。
のだめは、あれだけの曲を大音響で聞けるのは、見る価値ありと思いました。
本当は、喪に服すのは3ヶ月と言われますので、ぜんぜん気にしないで。
年賀状楽しみにしています。
ゆっくりお正月やすみして、来年も元気で活躍してくださいね。


pencilゆさんへ
ゆさんも漫画読むんですか?
のだめは、ちょっとほめすぎたかな?
記事を読み返して、こりゃ~観たくなるわと自分でももう一回観たいと思いました(笑)
若い人には特に面白いとおもいますよ。
映画館で観られるといいですね。
寒いお正月になりそうです。
そちらはなおのこと。
どうぞ、子供達も元気で新年をお迎えくださいね。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年12月31日 (木) 11時03分

ネモフィラブルーさん、こんにちは^-^
とてもお楽しみになれたようですね。
ピアノ連弾サークルのお友達も「のだめ」
の大ファンのようです。
私はどんな内容か知らないのですが、
音楽を聞くだけでも、価値がありそうですね。
時間を見つけて見に行けたらよいな~と思います。
今年はたくさんの素敵なお花や花壇を
見せていただきありがとうございました。
お身体に気をつけてよいお年をお迎えくださいね。

投稿: hiro | 2009年12月29日 (火) 11時13分

私も「のだめ」大好きです~!!heart04
でも、映画、見てません~そんなに素晴らしかったんですね!
CDも欲しくなりました。
ビオラが咲いて、ハンギングがさらに美しいです!
葉ボタンの色合いがとても色っぽくて素敵!heart01
今年もあと数日で、今からが主婦の頑張りどころですが、
ネモフィラブルーさんもどうかお疲れがでませんように。
来年もどうぞよろしくお付き合いくださいね!wink

投稿: minigarden | 2009年12月29日 (火) 11時06分

また来年もよろしくお願いします。(*^。^*)
好きなものが沢山会って幸せですね。
寄せ植え・・外に出していても凍らない冬はいいな。素敵な色合いですねぇ。

投稿: oss102 | 2009年12月28日 (月) 11時13分

こんばんは~~
「のだめ」知らなかった一人です~~
とっても楽しそうなお話に、久しぶりに
夫を誘っていってみたくなりました~~
ビオラお正月に間に合ってよかったですね
家はまだ蕾が上がってきたところです~~
葉牡丹もまだ小さくお正月用のリースが
出来ませんでした~~
此方こそいつも暖かいコメントありがとう
御座いました~~よいお年をお迎えくださいね~~

投稿: 吾亦紅 | 2009年12月27日 (日) 23時48分

のだめ、TVも見ていませんでした。^^;
でも、今映画に合わせて再放送をしていて はじめて見ましたがこれが面白い!!
映画も見たくなりました。^^*
近くに映画館がないのが残念ですが、大音響で音楽を聞いてみたいです。

投稿: マウンチョ!! | 2009年12月27日 (日) 16時36分

私も、「のだめ」だ~い好きなの~heart04happy01
まだ観てないけど、絶対に映画館の大画面、大音響の中で観たいです~happy02
ネモフィラブルーさんの記事を読んで、もうウズウズしてますよ~(笑)

投稿: ポエポエ | 2009年12月27日 (日) 10時58分

ネモフィラブルーさんのこの記事を読むとはじめてのだめを知った人も
のだめの映画を見てみたくなるし 音楽を聴きたくなると思うな(笑)
私ももちろん映画をみたくなってウズウズしている一人です。
ネモフィラブルーさん ごめんなさい。私はうっかり年賀状を
うっかり だしてしまいました。(>_<)

投稿: つれづれ | 2009年12月26日 (土) 23時59分

やっぱり映画館で見ると迫力が違うんでしょうね。
近くに映画館がないので、もうしばらく映画館へ足を運んだことがありません。
でも、記事を読んで、のだめ映画見たい病にかかってしまいました。

マンガは家にありますが、サントラ盤のCDが発売されているんですね。欲しいなあ。

投稿: ゆ | 2009年12月26日 (土) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見えない星々 | トップページ | 15歳の君へ »