« ストレプトカーパスコレクション | トップページ | 暖かな夕食の素材は »

2009年11月13日 (金)

映画の秋はおしまい

話題作が多く、その上シルバー割引でいつでも1000円で入館できるようになったので、この秋は映画をよく観ました。

「私の中のあなた」(アメリカ)
「母なる証明」(韓国)
「ヴィヨンの妻~桜桃とたんぽぽ~」(邦画)
「沈まぬ太陽」(邦画)
「風が強く吹いている」(邦画)


の五本ですが、それぞれ、まったく違ったタイプの映画です。


「沈まぬ太陽」は、夫と観ましたが、期待が大きかっただけに、いまひとつ焦点がくすんでいたような気がします。
フィクションとはいいながらも、実在のモデルがリアルに想像できるだけに、製作は困難をきわめたようです。
日航機事故現場の再現も、とてもていねいになされていたけど、実際はもっと悲惨だったことだろうと想像できて、心が震えました。
それにしても、今なお取材をつづけ、新作を書き続けている84歳の山崎豊子さんはすごい。


「風が強く吹いている」は、箱根駅伝にかける若者を描いたもの。
ほんとによくあるスポーツ青春物で、結末もストーリーも想像がつくので、どうしようかと思ったのですが、私はなぜかこんなに年になっても、いつまでもこの手の青春ものが好きなのです。
これが、思いがけずとってもよかった。
ストーリーの単純さや、典型的なちょっとくさいハッピーエンドぶりを引いてもあまりある、ピュアで清清しい青年たちの魅力に涙しちゃいました。
各人物の描き方、台詞の良さは、若い若い原作者(三浦しをん)の力なのでしょう。


「ヴィヨンの妻」は、松たかこ(ちょっと美しすぎるけど)が、とてもけなげで芯の強い太宰の妻を演じ、魅力的でした。
松たか子って喜劇もうまいし、歌も雰囲気あるし、これからも注目したい女優さんです。
この作品で、根岸芳太郎監督はモントリオール映画賞で、監督賞を受けています。


私は、いつもアメリカ映画を見ると、家族の描き方が納得いかなくて、画面に向かってツッコミをいれたくなります。
やはり、東洋的な感覚とは、少し隔たりを感じるのかもしれません。
「私の中のあなた」は、観る人に多くの難しい医療の問題を提起してくれます。
難病の娘の命を救うためのドナー役として、娘をもうひとり産むという、私には理解できない設定から始まるドラマです。
母の娘を想う必死な願いと、患者である娘のつらさ、そして父や兄弟。
ちょっとしたどんでん返しの結末は、家族の切ない溝を埋めるきっかけになったでしょうか?


こちらは狂気のような母の愛情を描いている「母なる証明」は、この5本の中では、私のベスト1です。
とっても暗くて怖いミステリーだけど、すみずみまで文句なく面白い。
心の中で、そうだったか、どうなんだろう? 私ならどう? と繰り返しながら最後までぐいぐいひっぱられます。
京都のミニシアターで公開の、ちょっとマニアックな映画なのに、たくさんのおばさん達の観客。
どうも話を聞いていると、久しぶりに兵役を終えてスクリーンに戻ってきたウォンビンを観に来ているようでした。
案の定、見終わった後「こんな役は嫌ね」なんて話しています。
そう、韓流ドラマブームのころにウォンビンのファンになった人には、けっこう驚きの役ですが、そのかわいいウォンビンが難しい役をうまく演じて、この映画をいっそう面白くしていましたよ。


映画のワンシーンのような琵琶湖の夕日と水鳥
0911060025


映画の秋は、これでおしまいにしなくては。
明日からは、そろそろ花の苗の植え付け作業にかかります。

|

« ストレプトカーパスコレクション | トップページ | 暖かな夕食の素材は »

コメント

pencilポエポエさんへ
しばらく行ってなかったのですが、この秋は興味深い作品が多かったので、よく観ました。
1000円は、よけい行きやすくなりました。
ストレプトカーパスは、冬の管理を怠るとダメなようで、今年は気をつけたいものです。
葉ざしの分が、元気に育ってよかったですね。
大きく育ってたくさん花が咲きますように。


pencilマウンチョさんへ
「沈まぬ太陽」は、大作なので見ごたえはありました。もう少しシビアに突っ込んでほしい問題だと思いました。
宍道湖は私もよく知っているので、琵琶湖の風景を見ると、よく思い出します。
湖のある風景って、心和みますね。


pencilhiroさんへ
この秋は特に話題作が多かったので、久しぶりに足を運びました。
原作を読んだものは、映像の解釈との違いも興味深いですね。
私は若いころから、映像大好き人間なので、映画館はへはよく通っていました。
あの大画面の臨場感に魅せられます。
琵琶湖の写真は、私のカメラの腕がいいのではなくて、誰が撮ってもこのような絵がいつでも撮れます。
是非いつか、訪れてきてくださいね。

pencilロココさんへ
ロココさん、漫画家志望だったんですよね。
「風が強く吹いている」は、作者は忘れたけど、漫画にもなっているようですよ。
私は、若いときから本を読むより、映画を観るほうが好きだったので、子供達が手を離れたら、ゆっくり映画を見ようと思っていました。
ビデオやDVDができても、劇場で勧賞する魅力にとりつかれているのです。


pencilつれづれさんへ
つれづれさんのところで、三浦しをんの直木賞作品が紹介されていましたね。
私はどれも読んでないのですよ。
随所に心引かれる台詞があって、誰が原作かなと思って調べたのです。
若い感性ってまぶしくて、大好きです。
映画を観てから読むか?読んでから観るか?
それぞれまったく別物なので、いつも、悩むところです。


pencil吾亦紅さんへ
「沈まぬ太陽」は、一応フィクションとことわってありますが、誰が読んでも、事実と重なるので、興味はつきません。
私は、お気楽も深刻もなんでも観ちゃう映画好きです(笑)
バラは牛糞がいいらしいですね。
通販は便利だけど、ついつい買いすぎてしまいます。
まずは、土作りから。
春に向けてがんばりましょうね。


pencil

投稿: ネモフィラブルー | 2009年11月16日 (月) 09時15分

たくさんの映画を観られましたね♪
私はしばらく映画館に行ってなかったので、又、観に行きたくなりました。

ストレプトカーパス、うちのも今年はあまりお花が咲いてこなくて、ちょっとがっかりしています。でも、ネモフィラブルーさんに教えていただいた時に挿し木した苗が、けっこう大きくなってきたんですよ♪今度アップしますね♪

投稿: ポエポエ | 2009年11月15日 (日) 22時57分

「沈まぬ太陽」旦那と見に行こうと計画していましたが、予定が出来てまだ行ってません。
私たちもすごく期待しているところがあるので 実際はどうなのかな?
琵琶湖の夕日と水鳥の写真、素敵です。
実家からは、宍道湖が見えていたので 思い出しました。^^*

投稿: マウンチョ!! | 2009年11月15日 (日) 20時14分

ネモフィラブルーさん、こんにちは^-^
たくさん映画を見られましたね。
60歳になったら1000円で見られるので、
たくさん映画を見たいと思ったのですが、
今のところ以前とあまり変わっていません。
予告を見たり話題の映画の紹介をテレビで見たり
するとそのときは行きたくなるのですが、
いま一歩がでません。
今年は太宰治と松本清張の生誕100年、
どちらの映画も見たいですが、「ヴィヨンの妻」
は近くの映画館では上映が終りました。
「ゼロの焦点」は見てみたいです。
琵琶湖の夕暮れと、とても美しいです。
この風景も見てみたいです。

投稿: hiro | 2009年11月15日 (日) 11時01分

ロココは「崖の上のポニョ」以来、映画館に行ってないな~coldsweats01
ネモフィラブルーさんは短い間に5本も
ご覧になって、しかもしっかり感想も・・・
三浦しをんさんの本、読んでみたくなりました
昔は文学少女だったのにな~
今はすっかり漫画おばさんになってしまいましたcoldsweats01(反省)

琵琶湖の写真、本当に映画のワンシーンのようで、とてもいいです。
ブログ上だけではもったいないくらいステキheart04

投稿: ロココ | 2009年11月14日 (土) 19時19分

先日、三浦しをんさんの本を読んだばかり。
とまとさんからは「風が強く吹いている」は
読みごたえがありますよと教えてもらったの
でとても興味がある映画です。
ネモフィラブルーさんが 気にいられたのなら
これは ますます 読んでみたくなりました(*^^)
ストレプトカーパス、こちらでもみかえるようになりました。
冬越しが屋外でできるのならいいのですがたぶん無理ですよね。

投稿: つれづれ | 2009年11月14日 (土) 18時44分

こんばんは~~
沢山映画を見られましたね~~
沈まぬ太陽は、話題の映画ですね、見てみたいなあ~と思っていました、実話なのでつらい事は後に残りそうですね、明るいのがお気楽でいいですね~~琵琶湖の夕日とっても綺麗なシーン、水鳥がもう沢山、飛来してますね、庭仕事、今日はバラの周りを掘って、牛糞入りのバラ用、培養土を入れました、バラを買ったネットショップが5袋送料無料で送ってくれました、良く考えていますね、バラ苗を買って、肥料をやる頃、メールが入り、
注文、商売上手なショップです、私もビオラやパンジーそろそろかなと思っています

投稿: 吾亦紅 | 2009年11月13日 (金) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストレプトカーパスコレクション | トップページ | 暖かな夕食の素材は »