« 秋の味覚の収穫 | トップページ | うれしいご褒美 »

2009年10月 5日 (月)

包丁は砥がなあかん

土曜日の夕方、切れない包丁で鶏肉を切っていたら、左手の人差し指を切ってしまった。
とても、深く切った(;´д`)トホホ…

包丁はちゃんと砥いどかなあかん!! こんなことになる。

とにかく血を止めようと、夫がいたので、キズテープを数枚をきつめに巻いてもらった。
ずきずき痛むけど、血が止ったので、このまま傷口がふさがるまで、待とう。

絶対に、病院へは行きたくない。                    木立ベゴニア
0909180012_2 この傷口を触られるだけで、失神しそうだ。

夜もずっきんずっきんと痛んで、眠れない。
うとうと寝ては、痛みで目が覚める。

次の日は、日曜日だからと理由をつけて、病院へは絶対行かなかった。
今巻いてあるテープを剥がされるだけで、失神しそうだ。

昼間は、片手で農作業をしていたら、なんとなく痛みの事は忘れられたし、少し痛みも治まってきたようだった。
テープを替えなくちゃ~  一枚ずつそっ~と剥がす。
最期の1枚をめくる勇気が湧かない。
えいっと、テープの上から消毒液をジャブジャブかけて最期の1枚はめくらないまま、新しいテープを数枚、上からきつめに巻いた。
とにかく、あんな深い傷口が再び開くのだけは避けたかった。

夜、「天地人」を観ながら、刀で切られるってどんなに残酷なことかと、妙にリアルに想像されて辛くなった。
比べられるもんじゃないな~。

その夜も、痛みは眠ろうとするとひどくなった。
どくどく、ずきずき、じんじん痛い。
この痛みが続くのは耐えられないし、なにか具合の悪いことでも起こっているのかもしれない。
テープを容赦なく剥がされても、ピンセットで傷口を触られても、麻酔の注射を打たれても、我慢しよう。
明日は病院へ行こう。
何度も目覚めては、暗い天井を睨みながら、自分に言い聞かせた。

今朝、「ちゃんと病院へ行きや」夫は、軽く言い残して出勤。
気は滅入るけど、診察に行く前にテープを剥しておこう。
他人にピッと剥がされたくないその一心で、そっとそっと一枚ずつ剥がしていった。

剥がしながら、ふと気づいた。
一枚剥がすごとに、痛みが和らいでいく。
最期の1枚を剥がすのは、さすがに覚悟と勇気が必要だったけど、これを剥がして消毒すれば病院へ行かなくていいという確信が湧いてきた。

傷口はまだ痛々しく生々しかったけど、消毒してもあまり痛まず、開かなかった。
そっと、そっと、今度はゆるめにテープを巻いた。
しばらく、鈍痛は続いていたが、昼ごろには痛みはほとんどなくなって、その指さえ使わなければ、何をするにもあまり支障がなかった。

なんだったんだろう。
結論から言えば、傷口が開かないように、少しきつめにテープを巻いたことが、痛みを増幅させていたことになる。
血液の流れが悪くなることがよくなかったのだろうな~

とにかく、きょうはホッとしてゆっくりお昼寝。
まだ、人差し指は使えないので、キーを打ちにくくよく間違えますが、ゆっくりコメントのお返事させていただきます。

ベゴニアは好きで、数本ですが大切に育てています。                   
             
     木立ベゴニア2種                                                       
0909180009_2 0909180011_2





                         つれづれさんに戴いたサザーランディ
0909080021_4

|

« 秋の味覚の収穫 | トップページ | うれしいご褒美 »

コメント

pencilminigardenさんへ
こちらこそ、ご無沙汰しています。
きのう、インボルクラータの写真を撮りながら、minigardenさんのところも咲いているだろうなと思い出していました。
怪我はやっと完治して、キーを打つのもスムーズになってきました。
指先一本使えないと、ずいぶん不自由なものですね。
剪定ばさみで切るなんて、ああコワコワ。
包丁は、何年も砥いでなかったのですよ。
お料理上手な人は、包丁も丁寧に扱っていらっしゃるようです。
お料理上手なminigardenさんの包丁は、きっと良く切れそうです。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年10月25日 (日) 09時39分

ご無沙汰しておりました。
お怪我はどうですか?
思わぬ時に思わぬ事が起こるんですよね。
もう良くなっているといいですが。
近所のお友達が、枝切りバサミで指を深く切ってしまいました。
聞いただけでも、とっても痛そう。ゾクっとしてしまいます。
台所も危ないけど、
ガーデニングもうっかりすると、危ないですね。
ちなみに、
包丁は、私は自分で砥石で研いでいますが、すごく適当。。

投稿: minigarden | 2009年10月24日 (土) 19時47分

pencilロココさんへ
実は私、小さな子供のころからなりたい職業は魚屋さんでした。
いまでも、スーパーのパートで募集をしていると、心が動きます。
てな訳で、ロココさんあこがれちゃいます。
もっと歳をとったら、港の近くに住んで、魚市場のお手伝いをして、一日食べる分は魚を現物支給でもらって、野菜は自由自足。
ロココさんのところなら、私の理想がかなえそうですね(笑)
砥いでいても、包丁には気をつけて、お仕事がんばってくださいね。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年10月24日 (土) 09時30分

ずいぶん痛い思いweepをなさった?
ロココは今、毎日包丁を使う仕事をしています。(イカの加工工場のパートです)
トランシットやパソコン(測量)から包丁に換えての転職?coldsweats01
なので、59年一度も包丁を砥いだことがなかったのですが・・・
必死に砥ぎを覚えましたよ(包丁が切れないと自分で困るので)
覚えてしまえばなんて事はない、こんなに簡単なことを・・・今まで損をしていた様な気が・・・
でも、料理の腕は変わんないのが悲しいcoldsweats01
それにしてもネモフィラブルーさんの我慢強さには脱帽!

投稿: ロココ | 2009年10月23日 (金) 22時10分

pencil華やぎさんへ
お元気ですか?
お返事遅くなりました。

ご主人も大変でしたね。
痛みを思い出してしまいます。
外見はやっと完治して、痛みもすっかり取れましたが、しびれたような感じが残って、指先を使うのもやっと慣れてきたという感じです。
歳をとると、治るのも時間がかかります。
ご主人も早く治られますように。
私もたくさん種まきをしたので(もちろんネモフィラも)日々成長を見守る日々です。
花壇もそろそろ淋しくなってきましたね。
週末の大津花フェスタ行きますか?
メールを入れますので、読んでください。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年10月22日 (木) 13時30分

budtulip二番煎じも痛いものです。主人が新しく交換したカッターで親指のひらをスパッツ!!
思わずネモフィラさんを思っていました。
すぐに押さえて、でもズキンズキンと痛い。
血が流れています。しばらく抑えてバンドエイドとテープでしっかりしばっています。
少し痛みが治まったようです。
本当に気をつけないとねー。
heart02ネモフィラさんはもう完治でしょう。

この間ネモフィラの種をまきました。
少し芽が出てきています。
そう!春の満開のきれいな様子を思い浮かべながら大切に植え替えしますね。

投稿: 華やぎ | 2009年10月18日 (日) 17時28分

pencilritsuさんへ
はじめまして。
コメントありがとうございます。
痛みはすっかり取れましたが、人差し指を使わない生活がしばらく続いていたので、キーが打ちづらく、ついついPCから遠ざかっていて、お返事遅くなりました。
ご主人の時の様子を読んで、やっぱり病院に行かなくてよかったと思いました。
幸いあだ、きれいに治癒しそうなので安心しています。
アズレアが大好きになられたとのこと。
きれいな色ですよね。
とても丈夫なのもうれしいセージです。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年10月16日 (金) 08時55分

はじめまして。sissiさんのところから来ました。
来るなり背中がゾクゾクsweat01ッとする怪我の
エピソード・・・
病院に行った方が・・・と思いながら読み進みましたが、
回復傾向なのですね、良かったです。
お早い全快をお祈りしています。

オットが職場のペーパーカッターで指を切って
しまった際、仮につけていった指先を病院ではがされ
失神しそうに痛かった、と言っていたのを思い出しましたcoldsweats01
包丁は研いだほうがよいですねscissors

アズレア、たくさん咲いていましたね。
うちも今年初めて入手し、今も綺麗に咲いてくれています。
私も大好きになりました。

投稿: ritsu | 2009年10月13日 (火) 14時57分

pencil台所のキフジンさんへ
ずいぶんご無沙汰しています。
どうなることかと思いましたが、傷口がふさがっていたんで、とにかくばい菌が増殖しないよう、消毒だけはばっちりやりました。
自分の治癒力を信じていたので(*^-^)
やっと、PCのキーをたたくとき、この指も使えるようになってきました。
指一本でも、こんなに不便なんですね~。
ネモフィラのお花、知っていただいてうれしく思います。
そして、私を思い出してくださったことも。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年10月13日 (火) 10時53分

病院へ行ったほうがいいかもよ ナンテ思いながら読んできました
きっと行ってもオウチでやるのとオンナジヨウな処置しかしないし 血が止まったならムリヤリはがされる あの恐怖と傷みを味あわないほうが身のため だったかも知れないですネ
土は菌がイッパイだから気を紛らわせてくれても今は辞めとこう!デス^^v
ネモフイラ っていうお花 入所中に初めてと云っていい感じで見ました
ネモフイラブルーさんの花だぁ!!と親戚にでも会ったように嬉しくなっちゃいました^^v

投稿: 台所のキフジン | 2009年10月13日 (火) 09時34分

pencilぴぴさんへ
おまじないありがとう。
ご心配をかけてしまいましたが、痛みは治まり、毎日消毒しているので、病院へ行かなくてもよさそうです。
歳をとると、治りにくいので気をつけないといけませんね。


pencilマウンチョさんへ
ご心配おかけしましたが、痛みも治まり、傷口も少し小さくなってきました。
マウンチョさんのコメントを読んで、砥ぐという字の変換を間違えていたことに気づいて訂正しました。ありがとう。
みどりの、ご飯を作ってやろうと、鶏肉の皮の部分を切るときにやっちゃいました。
私も夫に砥いでもらうことにします。
今は、砥ぐのもちょっと恐いです。


pencil吾亦紅さんへ
ご心配をおかけいたしました。
痛みも治まり、消毒するたびに、少しずつ傷口も落ち着いてきました。
イメージするだけで、ゾクッとする記事で、ごめんなさいね。
自分で読み返しても、寒気が走るようです。
台風がまともに上陸してくるようですね。
雨戸を全部締めきって、植木鉢を軒下に移動しました。
被害がでなければいいのですが。


pencilHappyばあばさんへ
ご心配おかけいたしました。
おかげで、病院に行かなくても治癒しそうです。ゆっくり夜も眠れるようになりました。
昔から、よく切れる包丁を使わないと手を切りやすいと聞いたものです。
無理やりゴシゴシやるから、手まで切ってしまったようです。
しばらくは、この度のことを教訓に、用心して包丁を使うとでしょうね。
台風の影響で、雨風が強くなってきました。
近畿はまともに上陸してきそうで、心配です。


pencilポエポエさんへ
ポエポエさんも薬指だったのですね。
薬指要注意報ですね。
包丁は、マメに砥ぐようにしたほうがいいのはわかっているのですが、ついつい、何年も砥がないで器用?に使っていました。
料理人は、毎日砥いではるもんね~。
まだキーが打ちにくく、指一本の大切さを痛感しています。


penciltomokoさんへ
とっても痛みに弱い恐がりなので、病院だけは行きたくありませんでした。
なんとか、治癒の方向にむかってくれて、ヤレヤレですが、久しぶりに痛みで泣きたくなりました。
包丁は、やっぱり砥いどかないと、こんなことになってしまいます。
どうも砥ぐのは苦手なので、ついついサボってしまうんですよね。


pencilムムムさんへ
娘が聞いたら、笑われてしまうでしょうね。
いつも、こんな治療は嫌だとか、恐いとか話すと、小児病棟の子供たちがどんなにがんばっているか聞かされます。
比べ物にならなくて、ほんと恥ずかしいけど、痛いのはとっても苦手です。
包丁は毎日砥いだほうがいいらしいですね。
料理がいまいち上手くならないのも、包丁が切れないせいにしておきます。


pencil鶴子さんへ
こんな記事を読んで、皆さんムズムズさせたり、身震いさせたりしてしまいましたね。
自分で読み返しても、思い出してゾクッとしてしまいます。
ダイヤモンドのはいった砥ぎ器って、とってもよく砥げそうですが?
私もいろいろ使ってみたけど、砥石が一番いいみたいに思います。
でも、砥石で研ぐのは難しいですよね。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年10月 7日 (水) 19時04分

大丈夫ですか、大変でしたね。
指を切ると神経が沢山あるらしく痛いですね。
病院に行かなくても大丈夫・・・ばい菌が入らないようにしてくださいね。
痛いの痛いの飛んでいけ~~~ちちんぷいぷい。。。

投稿: ぴぴ | 2009年10月 7日 (水) 17時24分

もう、大丈夫ですかぁ~? ^^;

大変でしたね、読みながら何となく想像できるので 「ゾクゾク」してしまいました。
包丁は やっぱり時々砥がないと ケガしますね。
私は出来ないので、もっぱら旦那の仕事です。^^;

投稿: マウンチョ!! | 2009年10月 7日 (水) 16時36分

こんばんは~~
大変な目に遭われましたね、読んでいて
痛みが伝わってくるようでした~~
思っただけで、体がゾクゾクします、
傷口が落ち着いてよかったですね、ご主人
もご心配されていることでしょう~~
しばらくは、みどりちゃんとゆったり過ごし
てくださいね、ご回復祈っております。

投稿: 吾亦紅 | 2009年10月 6日 (火) 23時04分

ネモフィラさん大丈夫ですか~
これを読んでるだけで身震いしそうです
指はしっかり握り込んでいます。
私も切れない包丁で切ってます。
かえって危ないのでしょうか・・・
私も多分病院には行かないと思いますが
ズッキンズッキンもちょっと怖いですね~
早く治りますように。

投稿: Happyばあば | 2009年10月 6日 (火) 13時57分

ホッ~。無事傷口がふさがっていて、ほんとうに良かったですね~。
私は小さい時に、何かの硬い実を切ろうと遊んでいて、左手の人差し指を深~く切ってしまって、いまだに傷跡がしっかりと残っているんですよ。
痛みが無くなって、お昼寝も出来て、ア~、良かったです~ヽ(´▽`)/

投稿: ポエポエ | 2009年10月 6日 (火) 09時41分

いやいや~ こりゃ一大事! すぐにも病院に駆けつけたいところだけれど、一方で行きたくないという気持ち。とってもよく理解できます。
切れない包丁は危ないです! 切れないときに限って指を切った経験は何度もありますよ。 すっごい嫌~なムカムカするような気分に追いやられますよね!
自分を責めたり、人のせいにしたくなったり…
少し楽になってお昼ね。。。できて良かった!

投稿: tomoko | 2009年10月 6日 (火) 08時17分

聞いてただけで、膝の下にむずむずとした冷感。
切れない包丁は、無駄な力を入れるからでしょうね。去年の五十肩の時にも思いました。
切れない包丁だから痛い肩に余計に負担がかかるんだ。と、思いながらも、手元にあるどこかで買った包丁砥ぎ器も、さして効果を感じないので、切れないまま使っています。
ブルーさん、そんなに病院に行きたくなかったんだ。(娘さんが聞いたらナンテ言われる勘?)

投稿: ムムム | 2009年10月 6日 (火) 08時14分

あらぁ~痛くて大変な思いをされたのですね。
聞いているだけで、お尻がムズムズしてきました。 
お大事にしてくださいね。
つい先日、ダイヤモンドの粒子が入っているという砥ぎ器を買いました。
でも、あまりうまく砥げませんでした。
やっぱり昔からの砥ぎ石のほうがいいかなぁ~って。

投稿: 鶴子 | 2009年10月 6日 (火) 02時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の味覚の収穫 | トップページ | うれしいご褒美 »