« ネルルちゃん | トップページ | 里山のクラブアップルとゴーヤ棚 »

2009年7月25日 (土)

カブトムシ騒動

先週、夫が里山からたいへんなものを持ち帰った。

腐葉土を作っていたポリの蓋を開けたら、カブトムシのサナギがごろごろ、仰向いて寝転んでいたという。
ひっくり返したら、出てきた、出てきた。

0907150003 7月13日
おがくずの中に移しました。
もぐっていますが、30匹くらいいます。





はじめは、孫達が喜ぶとか、近所の子にあげようとか、夫婦ではしゃいでいたけど、ああ無知だった。
残念なことに、子供が小さい頃、カブトムシの観察はしなかったのです。
ネットで育て方を調べたり、県の博物館に電話したりして、愕然とした。

カブトムシのサナギは、蛹室と呼ばれる繭玉のような空間の中で羽化するので、室を壊して出してしまうと、死んだり、奇形になったりするというのです。

ポリ缶がほぼ密封状態で、酸欠をおこして上に上って来ていたのか、ポリをひっくり返した時に室も壊れたのか、いづれにせよ、サナギたちにお家はありません。

博物館の先生は、
「めんどうだけど蛹室をつくってやるか、土の中にもどして、全部無事に育ってと念じるしかありませんね」とつれないお返事。

蛹室をつくるには?
ネットで調べた。
100円ショップへ走り、アレンジ用のオアシスを10本買ってきた。
3個に切って、500円玉大の穴を深く掘る。
羽化した時に、逃げないようペットボトルを半分に切って、蓋をし(もちろん穴をあけて)、オアシスに霧吹きで水をかけて湿らせて、
じゃーん、サナギのマンションが出来上がりました。
0907220022_2 0907170010

半分は、友人達のお孫さん達に里子に出し、3匹は残念ながら死んでしまいました。
残ったサナギを見守ること一週間。
サナギの色が、黒っぽい色に変わってきました。
 
0907210015

アップで見てみます?(♂)






脱皮がはじまりました。
羽の部分はまだ白っぽい。
0907220019 0907240027







ついに、つやつやの成虫に羽化しました。
0907240031
夜になると、おがくずの中からでてきて、狭い飼育ケースの中を、歩きまわしたり、飛んでみたり。
うるさくて大変です。
狭い場所から逃げたいようです。
里山にかえしてやろうか?
はてさて?

ふと思いついて、地域の小学校の学童保育に問い合わせ。
孫にあげる一対を残して、まだ羽化していないサナギと、成虫達全員、昨日もらわれていきました。
男の子達が「かぶとのサナギ見るのはじめてや」「ちゃんと羽化させようね」なんて、大喜びでした。
ヤレヤレ、苦労したかいがあったな~。

カブトムシに振り回された一週間ではありました。


|

« ネルルちゃん | トップページ | 里山のクラブアップルとゴーヤ棚 »

コメント

pencilポエポエさんへ
昆虫の成長を観察するのは、とても興味深く、勉強になりました。
ポエポエさん、いろんなこと思い出されたんですね。
うちも1匹夜中に逃げ出して、すごい羽音で飛んでいましたよ。
里山の林の中を思いっきり飛ばせてあげたかったな~と思いました。

pencilhiroさんへ
お孫さんのいるブログ友にサナギを送りたいと思ったくらいですが、あまり動かさないほうがよかったので、あきらめました。
近所の友人のお孫さん(5歳)は、サナギに夢中で、サナギの動く様子を真似て、そのかっこうがなんとも面白くてかわいいそうです。
K君にあげたらさぞ喜ばれたでしょうね。
どんな小さい命も、こうして大人になっていくのだと思うと、ちょっと感動でした。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年7月29日 (水) 10時03分

よく無事に成虫まで育てられましたね~!すごいです~♪
子供が小さい頃、カブトムシの幼虫を育てて成虫にまでしたことがありましたが、さなぎになったら触ったら死んでしまうと、神経を使っていたのを思い出しました~coldsweats01
カブトムシも、夜になると、ほんとに、ものすごく活発で、ちゃんと飼育箱に蓋をしていたのに、ツノで開けたのか、暗闇の部屋の中で、恐ろしいほどの羽音がして、何が来たかと恐ろしかったのも、思い出しましたよ~coldsweats01

投稿: ポエポエ | 2009年7月28日 (火) 17時44分

ネモフィラブルーさん、おはようございます♪
孫のKが見たらどんなに喜ぶでしょうか。
昆虫、特にカブトムシとクワガタが大好きなのです。
毎年夏は昆虫がいそうな所を選んで旅行しています。
学童保育のお子さん達もどんなに喜ばれたことでしょう。
それにしても大変でしたね。
おがくずの中に入れておけばどうにかなると思い
ましたが、とんでもありませんでした。
良く調べられて羽化させましたね(^^)//゛゛゛パチパチ
お疲れ様でした。

投稿: hiro | 2009年7月28日 (火) 09時01分

pencilマウンチョ!!さんへ
ご主人のご実家は、子供達にはとても刺激的だったでしょうね。
昔は牛の糞を焼いて、肥料や土地改良に利用していたんでしょうね。
とても利にかなっていると思います。
お友達のお孫さんや、うちの孫達、学童の子供達が大喜びしてくれて、がんばった甲斐がありました。
ネットは、なんでも調べられて助かります。


pencilぴぴさんへ
サナギは触るときれいに羽化しないらしいので、オアシスに移動させるのは割り箸でそっとそっとつまんだのですよ。
死んじゃうと思うとかわいそうだし、たくさんの子供達に見せてやりたいと思ったので、気持ち悪いながらも、がんばりました。
だんだん、慣れてくると可愛いものですよ(笑)


pencilossさんへ
ずっと暗いところに閉じ込めて置くと、白いカブトが見られるんですよ。
羽化したばかりは、白っぽくて、だんだん茶色から黒へと変化します。
一日たったら、真っ黒です。
自分の尊厳を守ることと、かわいいおばあちゃんでいることが、なかなかイコールでつながらない。
母のようにズッと受動態で生きていない私も、ぜったい可愛いおばあちゃんになれそうにありません。
それもよしと、がんばりましょう。


pencilHappyばあばさんへ
ずっと、ばあばさんの地方の雨の害が気になっていました。
なんだか、空に穴が空いちゃったみたいですね。
これ以上被害が出ないことを願っています。
オアシスの家は、ネットで調べて作りました。トイレットペーパーの芯でもいいらしいのですが、そんなに急に芯は揃いませんものね。
ネットで調べると、詳しくいっぱい情報があって、とっても助かりました。
あちこちにもらわれていったけど、ちゃんと羽化して子供達の世話になっているようで、安心しました。


pencilmicoさんへ
サナギの状態で触ると、羽化しないとほとんどのネットに書いてあったので心配しましたが、ほぼ無事に羽化できて、ほっとしました。
子供達は、とっても喜んでいましたよ。


penciltomokoさんへ
カブトムシはけっこう大きいので、アレだけのサナギの数を見ると、ほっとくわけにはいかない気がしました。
片方では、野菜に付いた青虫なんか、ぶちゅぶちゅとつぶしているのに、人間なんて随分矛盾していますね。
サナギから成虫まで見守るなんて、この年になって、とても勉強することになりました。
つくづく、ネットの便利さに感謝です。
私も、先日気絶したメジロを助けましたが、人の手で触ると、親鳥が見放してしまうそうですね。
逃がしたのですが、うちで飼ってやったほうが良かったのか?
知らないことばかりです。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年7月27日 (月) 10時37分

主人の実家で以前牛を飼っていました。
なので フンを燃やして積み上げていた所でカブトムシの幼虫が取れるようなって 子供が小さい時にはよく捕ったものです。
サナギの オアシスとペットボトルをつかったお家の作り方は 知りませんでしたが、
やさしいネモフィラブエウーさんだからこその 愛情を感じました。^^*
子供達も大喜びですね。

投稿: マウンチョ!! | 2009年7月26日 (日) 22時21分

自分が小さい時を思い出しました。
木材の置いてあるところに
よく採りにいきましたが さなぎを育てた事
は無かったです、
今見るとさなぎのぐろてすくな所が~~~。
触れないです。
ネモフィラブルーさんすごい^^

子供達はカブトムシよりザリガニを採りに行ってました。

投稿: ぴぴ | 2009年7月26日 (日) 19時31分

茶色のカブトムシと黒いのがいますが、茶色が最後は黒になるのですか?
よく丁寧に育てて行く先もピッタシでした。
よかったですね。
↓可愛いお人形ですね。気持ちが和みます。
私は可愛いオバアチャンになれそうもありません。困ったなぁ・・・

投稿: oss102 | 2009年7月26日 (日) 13時16分

大変な事に挑戦されてたんですね。
最後までそうやって面倒みられるなんて
お優しいですね~
無事カブトムシに変身!して良かったですね。
オアシスで室を作るなんてすごいアイデアですね。
我が家でも息子が小さい時幼虫を見つけてきて育てたことありますが、
室があまりにもきれいそうなのでちょっと見てみたくて・・・coldsweats01
成虫になったときツノが曲がっていました。
可哀そうなことしました。
無事落ち着き先が決まってホッとされたことでしょうね。
お疲れ様でした~

投稿: Happyばあば | 2009年7月25日 (土) 20時05分

カブトムシ羽化おめでとうございます苦労の甲斐がありましたね。
お子達の嬉しそうな声が聞こえてきそうです。

投稿: mico | 2009年7月25日 (土) 10時02分

いやいや大変な1週間でしたね!
たかが昆虫、されど昆虫(生き物)です!
何故か一生懸命になってしまう様子がよく伝わってきました。
私も昆虫ではなかったけれど、似たような一生懸命になった経験があります。巣から落ちてしまったキジバトの雛とか、ウッコッケイのひよことか。。。その時に居合わせた人間が手をかけないと命の火が消えてしまう! という切羽詰った状態ですよね。 残念ながら死んだのもあったようですが、大半は無事に貰われていって、喜んでもらえて良かったです。パチパチ!

投稿: tomoko | 2009年7月25日 (土) 06時36分

pencil吾亦紅さんへ
お返事遅くなってごめんなさい。
写真を入れました。
その間、学童へもらわれて行って、ヤレヤレです。
夜になるとがぜん元気になって、うるさいんですよ。
サナギを観察できるチャンスはあまりないようで、もらってくださった方は、みなさん、喜んででくださいました。
夏休みの子供達のお役に立てたかな?
私も、この年になって、ずいぶん勉強になりました。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年7月25日 (土) 01時52分

こんにちは~~
カブトムシ騒動ですね~~
息子達が小さい頃は、里山によく採りに行ってました、次男は、腕白仲間の年上の子に採って売りに行かされていたとか、後で知り驚いたことがあります、今は遠い思い出になりましたが、近頃の子供はカブトムシはHCで
買うものと思っていますよね~~興味も無い
子が多いようですね、さなぎのマンション作りから、羽化まで大事に育てられたカブトムシ、生き延びましたね、お孫さん喜ばれる事
でしょうね~~お疲れ様でした~~

投稿: 吾亦紅 | 2009年7月23日 (木) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネルルちゃん | トップページ | 里山のクラブアップルとゴーヤ棚 »