« 里山のジギタリス、ラークスパー、 | トップページ | 山紫陽花2種(コアジサイとクレナイ) »

2009年6月 9日 (火)

かっこいいな、鳥越さん

去年の暮れのことだけれど、娘の勤務する病院主催の”ガン撲滅クリスマスチャリティーコンサート”が開催され、ピアニストの譜面めくりをする娘の応援?も兼ねて、夫と京都へ出かけた。
と言うよりは、ピアノ演奏とともに、鳥越俊太郎氏の講演が聞けることもあった。

講演会場の講堂は満員で、コンサートは盛況。

その頃も、鳥越氏がガンと闘っている姿は、自身の番組でも紹介されていた。
数度の手術を終える度、何事も無かったかのように、元気そうにTVに復帰してきては、相変わらず弱者へのやさしい目線、社会矛盾への疑問を語っている。
病と闘っているとは感じさせない姿を、頼もしく見ていた。

講演の最初に鳥越さんが、
「皆さんは、自分がガンだと言えますか?
              ガンの人は手を挙げられますか?」と問いかけると、
三分の一くらいの人が手を挙げた。
となりの元気そうな女性も、にこやかに手を挙げた。
「ほら、こんなに仲間がいると思ったら、安心できませんか?」
皆、思わず微笑んだ。

ジャーナリストとして、この貴重な体験を実感し、レポートできることを楽しんでいるかのように聞こえた。
「寿命というものが限りあることを思い知らされ、その貴重な時間をどのように大切に生きるか、健康な人は気づけないけど、私たちは気づくことができた」

私は今のところ健康なので、本人にしかわからない本当の苦しみを理解することはできないだろうし、そんな甘くないよと言われそうだけど、この言葉は、少なからず病と闘っている人たちを勇気づけたのではないだろうか?
健康に見える私達も、明日何が起こるかもしれないとしたら、皆同じ残りの人生。
なにより、語っている鳥越さん自身、進行形で同じ時間を共有しているのに、こんなに前向きで、将来の夢を語れる。

このコンサートのすぐ後、鳥越氏は、またまた再発して、TV番組を降板したと思ったら、さっさと入院手術し、またまた何事もなかったように番組に復帰して活躍している。

今日も、暖かい訛りの残る語り口、彼のくせであるいつもの腕の組み方。

かっこいいな、鳥越さん

レモンの木の下の野ばらが満開になりました。
こんなに清楚な花だけど、バラの接木の台木になるほど、強い木なんですよね。
かっこいいな、野ばら
0906080023





















|

« 里山のジギタリス、ラークスパー、 | トップページ | 山紫陽花2種(コアジサイとクレナイ) »

コメント

pencilぴぴさんへ
身近な人や、自分の場合は、どう対処できるでしょうか?
気丈でいるばかりがいいとは思わないけど、きっと周りに心配かけちゃいけないとか、弱い自分を見せたくないとか、思うんだろうな?
鳥越さんは、マスメディアに身を置くものとしての姿勢を大事になさっているのだと思いますが。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年6月15日 (月) 16時19分

pencilとなりのとまとさんへ
あのお花、植えたことがないなら、違うかもしれないですね。
私、ossさんやあきのさんのように、かっこいい女性にあこがれています。
幸い、いまのところ健康なので、これから死というものを受け止められる度量を身につけたいと思っています。
口で言うのはやさしいけど、そう生きる姿勢を考えておきたい。
とまとさんはまだまだ若いけど、胃が痛いときはちゃんと調べてよ。


投稿: ネモフィラブルー | 2009年6月15日 (月) 16時13分

こんばんは
最近知人が ガンで亡くなりました。
1年間闘病してその間 会っても何時も
にこにこ悲しい顔を見せた事が一度も無く
最後に会った時もまさか・まさかと、
ご主人さんの顔を見た瞬間自分は周りの方を
気にせず泣いてしまいました。

テレビで鳥越さんを見て気丈な方だなと
思いました。自分は???

投稿: ぴぴ | 2009年6月13日 (土) 21時08分

こんにちは
鳥越さんの記事とても良かったです。
誰にも明日の事は分からないけれども、生きる姿勢がちがってくるのだろうと思います。

最近、自分の青春時代に颯爽と活躍していた人たちが、次々と癌で亡くなったというニュースを聞くたびに、辛い気持ちになります。
自分もそろそろカウントダウンなのかな?とふと考えたりします。
お花の名前を教えてくださってありがとうございました。球根植えた記憶がない・・・?ダイジョウブか・・・わたし。shock

投稿: となりのとまと | 2009年6月12日 (金) 11時19分

pencilsissiさんへ
私のほうこそ、ご無沙汰してしまいました。
怒涛のような忙しさは、大変でしたね。
ロイ君はちゃんとお散歩させてもらえたでしょうか?
強くて、優しいって、私にはものすごく難しい課題です。
ノイバラが本当の呼び方なんですね。
ノイバラとハマナスが自生する場所が遊び場なんて、素敵な思い出がありそうですね。
里山もノイバラだけは、たくさん咲いています。

pencilhiroさんへ
hiroさんが毎日を無駄にすごしているなんて、とんでもない。
毎日がんばっているな~と、いつも感心しています。
人生90年は当たり前の時代です。
私達、まだまだこれから長いですよ。
いつも日常を記事にしていますが、たまにこんことを書いてみると、いつもは見えない人となりが見えて、みんな真摯に自分の人生の事考えてて、かっこいいのは鳥越さんだけじゃないようです。
自然体で、前向きに、これからの時間をそう生きてみたいですね。


投稿: ネモフィラブルー | 2009年6月12日 (金) 00時04分

お元気でいらっしゃいますか?
5月は私的に怒涛のように行事が重なってしまって、今、やっと少し落ち着きました。
ブルーさんのブログも、ずっと読み逃げで、ごめんなさい。

私は、かろうじて健康体ですけれど、ガンと宣告された時の自分は、どうなのだろうと思います。
鳥越さん…、強い人は優しいですね。
自分も、そうありたいとは、思うのですが。

ノイバラ、大好きです。
私は、このノイバラとハマナスが自生する場所を、遊び場として育ちました。


投稿: sissi | 2009年6月11日 (木) 23時08分

ネモフィラブルーさんこんばんは^-^
私ぐらいの年齢になると病気があっても
なくても残りの人生はそんなに長いとは
思いませんが、毎日を無駄に過ごしている
ことが多く 反省の毎日です。

『がん』という体験ができたことで人生が
とても豊かになったと思う。
というようなことを鳥越さんが話されて
いたのをTVで見たことがあります。
何でも受け入れ、自然体で前向きに生きる姿、
とても素敵だと思いました。
話し方もお優しい人柄が表れ、とても好感がもてます。
このごろは前のように取材はしていないようですが
ご自分の体験されたことをこれからも
私達に伝えて欲しいと思います。


投稿: hiro | 2009年6月11日 (木) 00時48分

pencil鶴子さんへ
ほんとそうですよね。
真に強い人は、やさしい。
鳥越さんは、いつも弱者の側に立って語るので、好きです。
これだけがんばってきたんだから、治って見せてよとお願いしたい気持ちです。


penciltomokoさんへ
身近にシビアな現実を見ている方には、かっこいいなんて言ってるだけの私のような者はお恥ずかしい限りです。
がん治療は、劇的に進歩していて、近い将来治療法が確立されるだろうと言われています。
真の勝ち組と言える日がきっと来る事と信じます。
ご自分の自立も考えることになることなんですね。
tomokoさんとご主人がこの一年どのように病と向き合ってこられたのか、自分の将来についても考えるようになったのか。
こんな場に、書いてくださったことも、教えていただけたことも、ありがとうございます。


pencilossさんへ
筑紫さんの多事争論は必ず聞いてました。
あれ位言える人、今はいないですね。
私から見れば、ossさんもかっこいいです。
私もこうして年を重ねたいと、かねがね思っています。
最期まで、没頭できる事がそばにあるといいなと思います。


pencil吾亦紅さんへ
鳥越さんのような方が前向きなメッセージを出されることは大切なことだなと思いました。
自分ならこうなれるかな?と思うけど、健康な時にはわからないことも、きっと見えてくるのでしょうね。
ご主人はそんな風に鳥越さんを見ていらっしゃるんですね。
どうぞ顔色チェックしてあげてください。
兄も義姉も、5年経って完全に病院から無罪放免となりましたヽ(´▽`)/


pencilムムムさんへ
私も病院へ行くと、いつもそうかんじます。
健康なことは何より贅沢なことだと思います。
でも、悩みを抱えることも病のはじまりと言えるから、お互い気をつけましょうね。
ハイ、このバラは、例の野ばらです。
一昨年小さな芽を見つけて、去年は50cmほどになり、今年はたくさん花をつけました。
きっと、赤い可愛い実もつけてくれるでしょう。
とてもとてもきれいな野バラ、得しちゃいました。


pencilHappyばあばさん
鳥越さんの奥様もすてきですよね。
女の身としては、自分が鳥越さんのようにはちょっとできそうにないけど、奥様のように振舞えるかなってのも疑問です。
ジャーナリストって命かけて仕事してる時があるから、覚悟みたいなものが普段から備わっているのかもしれません。
鳥越さんって九州訛りで、よけい親しみ感じるんじゃないですか?


pencilポエポエさんへ
鳥越さんはジャーナリストだから、私達とは違って当然なのでしょうが、立派ですよね。
でも男の人ってこういうかっこよさ、ありますよね。
ポエポエさん、いろいろ心労があったんですね。
自分の人生引き受ける覚悟って、きっとそんな経験があったから、そう考えるようになったのでしょうか。
かっこいいなポエポエさん。
私も、そうありたいと思えるように、気持ちの鍛錬をしているところです。


pencil日向夏さんへ
ガンも治療法が進歩して、以前のような死の病とは言えなくなってきました。
充実した人生を送れば、「ああ楽しかった」と言って死ねるような気がします。
人生90年時代です。
まだまだ先は長いですよ。
お互い、もっともっと楽しいこと見つけましょう。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年6月11日 (木) 00時46分

鳥越さんはとても強い人ですね。
私は、本当の優しさは、強さの中にあると
思っています。
克服されるよう陰ながら祈っております。

投稿: 鶴子 | 2009年6月11日 (木) 00時09分

ごぶさたしていました。鳥越さん、ホントに当たりまえの顔をして復帰され、その度にすごいかただなあ~。と感じています。
私は緩和ケア病棟でボランティアをさせていただいていますので、癌の末期の方と接する機会が多いのですが、そこで色んな事を考えさせられたり、教えられたり大事な学びの場所になっています。限りある命、それは誰しも解っているのに何となく自分はまだまだ。。。等と思っているんですよね。夫の癌が昨年見つかって、担当の医師から「私は80歳を目標に治療しようと考えています。それだったら勝ち組でしょう!」と言われました。なるほど勝ち組と云えるのでしょうが、後10数年! 此処で私たちは残り時間を自覚したのです。其処まで残っていないかも知れないけれど、大事にだいじに、お互いを尊重しながらも自分の自立?も考えつつ過ごさないと…っと。

投稿: tomoko | 2009年6月10日 (水) 20時52分

鳥越さん、いい感じですよね。筑紫さんが亡くなって同じようなイメージの鳥越さんがまたガンだなんて、世の中にひつようとされる方が早く亡くなられるなんて勿体無いです。
なにかあっても最後まで人生を放棄しないで生き抜く、平凡な暮らしながら目標ではあります。

投稿: oss102 | 2009年6月10日 (水) 14時22分

こんにちは~~
鳥越さん大好きです、いつも前向きな生き様
に大勢の人が勇気ずけられていることでしょうね、我が家では夫が自分の経過と比べ合わせて、祈るような気持ちで、元気で復帰されると、安心できるようです、見ていて今日は
肌につやが無いとか、何とか心配しています
病気に負けずに前向きな姿をいつまでも、見せていて欲しいものです
強い野ばらの花に勇気を貰いましたありがとうです~~happy01

投稿: 吾亦紅 | 2009年6月10日 (水) 13時59分

かっこよくずっとテレビにでていて欲しいですよね。
家の近くの総合病院の近くを通るときに、「あそこに入院している人がいるんだな~それにくらべてこうやって過ごせるんだから幸せなことだよな~」と時々思ったりします。
もし病気になったら「この病気さえ治ったら、他の悩みごとでグチをこぼしたりしません。」なんて言いたくなるだろうな~と思ったりします。
が、日常では、今健康でいることこそが最も幸せなことなんだということを認識し忘れていて、いろんなことで雑念を抱いたままの自分がいて・・浅はかなものです。
レモンの木の下の白いバラって、(記憶が正しければ)あの鳥が運んできた??
だとしたら、こんなに立派に咲いてズル~イ( ^ω^ )。

投稿: ムムム | 2009年6月10日 (水) 09時46分

かっこいいな、鳥越さん。
まったく同感です。
私もがんを告白されてからのドキュメントはほとんど見ました。
怖いはずなのに自分のことを客観視できてとても強い人だなと思いました。
義兄の病気の時期と重なってましたので、ひとごとではなく、少しでも良くなろうとする姿勢に頭が下がりました。
母が生前大好きで当時けっこう遅い時間にニュース番組されてたんですが、それを見てから寝るんだとよく言ってたのを思い出しました。
自分の身にふりかかったときどうなるだろうと考えたりもしますが、とてもこんな風に強くはいられないと思います。

投稿: Happyばあば | 2009年6月 9日 (火) 22時58分

鳥越さん、カッコいいですよね。
なかなか、そうはカッコよく生きられないものですよね・・・。
自分が乳がん検診で引っかかった時、夫の手術が決まった時、オタオタして取り乱した自分を思い出します。

自分の人生、何があっても、自分で引き受ける覚悟だけは持っていたいと・・・思っています。

投稿: ポエポエ | 2009年6月 9日 (火) 22時46分

 人生長くはないし、これからは一日一日を反省しながら充実した日々を送るべきでしょうね。思い残すことが無いようにしたいものです。私はあと3年弱で定年ですから・・・いずれ親父と同じように癌になるでしょうからねぇ。タバコの害をコーヒーでチャラにするように努力しています。

投稿: 日向夏 | 2009年6月 9日 (火) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 里山のジギタリス、ラークスパー、 | トップページ | 山紫陽花2種(コアジサイとクレナイ) »