« 小さなレモンと小さなバラたち | トップページ | 緑の裏庭 »

2009年6月 4日 (木)

ストロベリーフィールズフォーエバー

畑のイチゴは終わったけど、今年も楽しみなイチゴ摘みがはじまりました。
里山の畑の近くに、土地の以前の持ち主が植えていたイチゴが野生化しているところがあります。

ドクダミとイチゴの野原になってしまっていて、それはそれできれいなんだけど、ほっておくのはもったいない。
粒も小さく(ちょうど木苺くらい)、ちょっと酸っぱいので、野鳥も猿も食べません。
その酸味のおかげで、ジャムにするととても美味しいのです。
よく熟したのは、みどりの好物で、競争で採ります。
負けるもんか!!

0906020011 0906020012

今朝はこれだけ採りました。
ジャムにしたら2ビン。昨日は1ビン。
ワーイ、早起きは三ビンの得 ヽ(´▽`)/
今年から、hiroさんに習ってビンのまま冷凍しています。
0906020015 0906020018
 

野生のめぐみをもうひとつ。
山を歩くとついつい採りたくなるワラビ。
いまでも、まだまだ採れます。
一握りづつ束ねて、塩漬けにして冷蔵庫で保存しています。
使う時は、お湯(65℃)で茹でこぼしてから、水を数回変えて、一日水にさらします。
灰や重曹であくを抜く必要がなく、塩分もすっかり消えます。
まだ新しいのでこんなにみずみずしくもどりますよ。
0905310004 0905310006
戻しシイタケ(春に収穫して干したもの)と油揚げと一緒に炊いて、夕食の一品に。

0906020020
            

  自然の恵みに感謝、感謝。





(室内の写真はピンボケでした m(_ _)m)

|

« 小さなレモンと小さなバラたち | トップページ | 緑の裏庭 »

コメント

pencilhiroさんへ
去年のhiroさんのたくさんのイチゴの収穫を見て刺激され、今年は畑のイチゴも拡げて、たくさん収穫しました。
このイチゴは、去年もジャムに6ビン取れたので、今年もそれくらい採るつもりです。
畑の法面を、野生イチゴでいっぱいにしようというのが、来年のねらいです。
もうひとつの目標は、hiroさんの息子さんがそれほど好きな枇杷のジャムを是非食べてみたいことと、枇杷のジャムを自分でつくれるよう、木を植えようということです。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年6月 8日 (月) 08時38分

ネモフィラブルーさん、こんにちは^-^
野生化したイチゴ、たくさん収穫できましたね。
我が家の畑のイチゴも一部は植えっぱなしです。
小さくてもジャムでいただく分には十分ですものね。
今年は雨が多く4キロしかとれず、息子やご近所の方に
少し配ったら 残り2瓶になってしまいました。
枇杷が取れたので枇杷ジャムをたくさん作りたいと思います。
天然の蕨はめったにいただけません。
自然の恵みが多く、とても羨ましく思います。

投稿: hiro | 2009年6月 6日 (土) 13時03分

pencilとなりのとまとさんへ
未だに一度はリバプールへ行ってみたいと思っているビートルズエイジとしては、イチゴ畑を見ると、この歌を口ずさんでしまいます。
ジョンも孤児院という言葉も、なくなってしまったけど、楽曲はずっと生き続けていること、実感しますね。


pencilossさんへ
ワラビは昔食べ過ぎると、乳がんになりやすいと言われたことがあります。
実際はどうか知りませんが、あまり食べ過ぎないようにしていますよ(笑)
今朝、みどりはカラスに朝ごはんを食べられてしまいました。
可愛そうなみどりでした。


pencilHappyばあばさんへ
ヨーロッパの映画を見ると、よく森や野原で、野イチゴやきのこを摘む女性の姿が見られますよね。
昔は皆あのように食物を調達していたのでしょうね。
日本の野山も、食べられる食物がいっぱいで、昔の人はなんでもうまく保存していたものですね。
”目指せ、自給自足”が夫の夢なのですが、私はどうもそこまでは‥‥


pencil吾亦紅さんへ
今朝、バレリーナはもっともっとたくさん咲いてとてもきれいでした。
とても強そうなので、きっと吾亦紅さんのところでも、来年はいっぱい咲くといいですね。
これからは、山では木苺がたくさん採れますが、木苺は単一ではジャムには不向きなので、棘にさされながら、その場でパクパク食べちゃいます。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年6月 6日 (土) 09時36分

ザ・ビートルズ !!
なんて思って記事を拝見。
豊かな時間が流れていますね。
イチゴもいいけど、ワラビ大好きです。

投稿: となりのとまと | 2009年6月 6日 (土) 00時03分

おぉ!ゴックン生唾です。酸味の強い苺のジャム美味しいですよね。ワラビも毎日でもいいです。みどりちゃんと競争で苺採り。
最高の贅沢な暮し。いいなぁ~~

投稿: oss102 | 2009年6月 5日 (金) 21時04分

いいなあ~とうっとり眺めています。
自然になってるものを摘んで歩くということをしてみたくて・・
先日キャンプに行ったとき見かけた野イチゴも数粒しか手が届かなかったです。
摘んできたイチゴでジャム作りなんて夢のようです。
イチゴ狩りに行けば?と言われそうですが、
それともまた違うんですよね~confident
自宅と里山2か所で楽しめていいですね。

投稿: Happyばあば | 2009年6月 5日 (金) 15時44分

おはようございます~~
自然の恵みをわけて貰える里山が近くで
いいですね~~イチゴ畑の野生化なんて
めったに有りませんよね~~うらやましい
みどりちゃんと競争なんてほほえましい・・・↓の里山にバレリーナが咲いていますね、ブルーさんの方が先輩ですね、我が家も新苗から育ててみます、最終的にどうなっているか、解らないままとりあえず植えて大きくしてから、考えることにしました~~
計画性が無くて、私の悪いところですcoldsweats01

投稿: 吾亦紅 | 2009年6月 5日 (金) 11時23分

pencil日向夏さんへ
ワラビは山のほうに入ると、まだ出てきています。そんなにいらないのに、見るとついつい摘んでしまうのですよ。
畑のイチゴは、少々赤くなくても甘いですね。
鳥も今頃になるとあちこち食べ物が多くて、
日向夏さんちのイチゴの事は忘れているのでしょうね。

pencilムムムさんへ
ムムムさん、4時は早いですね。
夫もそれくらいからウダウダして、5時半にはみどりと山へ行きます。
イチゴ、わらび、木苺の季節は、私も早起きして一緒に行きます。
空気が澄んでて、野鳥の声がいっぱい聞こえてとても気持ちいいですよ。
この野ばらは、きょう見たらいっぱい咲いてて、とてもきれいです。野ばらはしべが黄色でとても可愛い花ですね。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年6月 5日 (金) 01時19分

 ”わらび”、なかなかいいですね、大好きですが、昔はよく食べましたが最近はあまり食べる機会がありません。草原に行って採るのは非常に気分転換にもなりますね。
 我が家のイチゴは、葉が意外と大きくなっています、実が若干小さめですが、美味しいです、最近は鳥もあまり食べなくなりました。なぜだかわかりませんが。

投稿: 日向夏 | 2009年6月 4日 (木) 19時14分

イチゴの野原とは、なんと、なんと。
こんな楽しみがあるのなら、朝どんなに早く起きてもルンルンで行ってしまいそう。
(どうせ、この頃朝4時に目が醒めてしまってるし・・布団でうだうだしてまた寝ますが)
このイチゴジャムでパンなど食べたらさぞかし美味しいだろうと想像してヨダレ。
自然のめぐみは幸福感をくれますね。
↓自然に生えてきた白ばらにも注目。
こんなきれいなばらだったら大歓迎するんですが。

投稿: ムムム | 2009年6月 4日 (木) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さなレモンと小さなバラたち | トップページ | 緑の裏庭 »