« まだがんばってるネモフィラ、とりわけ好きなタマクルマバソウ | トップページ | 淋しいペインテッドセージ »

2009年5月13日 (水)

田植え花っていうの?

GWは、このあたりの田植えどきでした。
里山は少し気温が低いので、1週間ほど遅れてやっと田植え終了です。

水を張った田に、細い細い淡い緑の早苗が日に日に育って、やがて青々と風にうねる夏の日まで、この景色を眺めて日々過ごせるのはしあわせなことです。

去年から鴨が来るようになった近くの田
0905120001

5年前は、小さな鉢植えだったフレンチラベンダー。
とうとう今年は里山に移し、のびのびと大きくなって、うれしそうです。
挿し芽でいっぱい増やしています。
0905120009

白いモッコウバラは、3年目にしてやっとアーチっぽく育ち、花もいっぱい咲き始めています。

0905120013_2
里山のあちこちで、ピンクのタニウツギ(谷空木)が見事に咲く季節です。
田植えの頃に咲くから”田植え花”とも言うそうです。
去年数本幼木を植えたら、花がいっぱい咲いています。
ヤマナラシはあっという間に新緑。
遠目に琵琶湖を望む夕ぐれの空を眺めていたら、ヤマナラシがザワザワと騒いで、風を知らせてくれます。
0905120019



毎日こんな景色を眺めながら、夕方は、みどりを連れて里山に散歩に行きます。0905130002
畑で、今晩食べる分だけ野菜を摘みます
きょう摘んだのは、これだけ。
明日は、ほうれん草と人参の間引き菜を摘む予定です。

|

« まだがんばってるネモフィラ、とりわけ好きなタマクルマバソウ | トップページ | 淋しいペインテッドセージ »

コメント

pencil日向夏さんへ
ホームセンターヘ行くと、いろんな網がつっていますが、うちは鳥以外もくるので、少し丈夫なものにしていますが、鳥だけだったら簡単なものでいいかもしれませんね。
蜂や蝶々は受粉を促すために入って欲しいけど、青虫も防ぎたいし、微妙なところですが、けっこうなんでもよく実っています。
いい鳥よけができるといいですね。


pencil吾亦紅さんへ
田んぼってほんとに懐かしいですね。
側を通ると、カエルの大合唱です。
ラベンダーはイングリッシュラベンダーよりこちらのフレンチのほうが、挿し芽が簡単です。とてもよく発芽しますよ。試してみてください。
採りたての野菜は新鮮さはもちろん、野菜独特の旨みがあって、とても美味しいですね。
おマメはいっときにどんどんできるので、少ししか植えてなくても食べきれないほど実ります。
私も、子供達や知り合いに分けてあげるのを、楽しみにしています。
新鮮な野菜は元気の源。いただけるのはありがたいですね。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年5月19日 (火) 10時37分

そうですか、やはり『網』を使ってるんですね。
我が家はイチゴが赤くなる前に食われてしまいます。『鳥の食べ残し』をいただいています(笑)、鳥インフルエンザの心配をしながらですが・・・

本格的に『網』を検討しますわ。小さな畑(?)ですから、畑全体に被せるのが一番ですね。そうすれば愛犬も入らなくなるかも、よし、日曜日は頑張ろう!

投稿: 日向夏 | 2009年5月18日 (月) 22時15分

おはようございます~~
田んぼのある風景はなぜか心がなごみます
フレンチラベンダーが自然でいいですね~
挿し芽で増えるのは始めて知りました、我が家にも有るので増やしてみたいです、こんなに広々とした環境ではありませんが~~
採れたてのお野菜美味しいでしょうね、この頃夫が散歩の時にサラダエンドウ頂いてきます、いため物にしたり実の入っているのは夫の大好物の豆ご飯にしたり、採り立てのお豆さんは甘くて美味しいですね、去年まで小さなスペースにお豆さんやきゅうり位は作って
居ましたが、頑丈な杖が出来ないので今年は
皆さんからの頂き物を食しています、とても
ありがたいことです

投稿: 吾亦紅 | 2009年5月18日 (月) 11時40分

pencilポエポエさんへ
われわれの年代は、こういう景色にホッとしますね。
ずっとここに住みたいけど、小屋は狭く、上下水道がありません。
便利な生活に慣れてしまっているので、どちらも得るわけにはいかないものですね。
私も突然枯らすものがよくあります。
なぜかな?と考えてもなかなかわからないですよね。
虫にやられる場合もあるし、急に環境になじめなくなることもあるし。
ラベンダーは、山土があっているのかもしれません。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年5月16日 (土) 17時48分

penciltomokoさんへ
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
私もはじめて風にざわめくヤマナラシの葉の音を聴いた時、名前の由来を納得しました。
わずかな風でも、ポプラに似た葉がゆれて音をたてます。
大きな風だと、大きな音でザワザワと騒ぎ、数本あると、山がうなっているようですよ。
景色を眺めていると、音も重要な要素だなと思います。


pencilゆさんへ
私もゆさんぐらいの頃は、同じ思いでしたよ。
孫達も、野菜や果物に水をやったり、収穫したりするのが大好きです。
最近は、子供達に野菜を分けてやるのがとても喜びです。
きっと、私くらいの年齢になったら、ゆさんもそうなりますよ。


pencilHappyばあばさんへ
朝もいいけど、里山の夕暮れは、懐かしい色や風や匂いを感じてとても好きです。
先日は少し暗くなりかけるまでいたら、帰り道で、イノシシの子供にあいました。
あちこち荒らされていて、気配は感じるのですが、実物に遇ったのははじめてでした。
恐いのかと思ったけど、とってもかわいかったですよ(車の中からなので、大丈夫ですよ)
モッコウはものすごい繁殖力なので、鉢植えは、小さく仕立てるのってちょっと大変かもしれませんね。


pencil日向夏さんへ
このあたりは、なだらかな山すそなので、棚田が多くあります。
その棚田の一番高いところにうちの畑はあるので、景色だけは抜群です。
うちの畑は、さまざまな鳥はもちろん、イノシシ、ウサギ、猿、鹿など、なんでも食べに来ます。
今までは、収穫時だけ、網をかぶせていましたが、今年は畑全体を網で囲ってしまいました。
おかげで、無事イチゴもエンドウもブロッコリーも収穫できます。
そろそろ、さくらんぼやグミも実るので、それぞれの木に網をかぶせるのですよ。


pencilつれづれさんへ
タニウツギって、こんな人目につかないところにたくさん咲いているのを見ると、もったいないくらい、きれいです。
つれづれさん、九州にいづれ帰るのですか?
親の介護をどこでやるのかは、とても難しいけど、那須のおうちはもったいないですね。
昔の那須のおうちの花壇や、お野菜の収穫風景。見事だったものね。
RSSの設定はまったくさわっていないのですが、なぜでしょう。
前にも書いたけど、初期設定のままなんですよ。
なぜって、何のことかよくわからないので(笑)知らないことは触らないようにしています。
どこにチェックが入っているか、あとで調べてみます。


pencilhiroさんへ
去年のイチゴはナメクジやアリにやられて、散々だったけど、hiroさんのご主人のように、今年は一生懸命枯れ草や、わらを敷きました。
おかげでばっちり、たくさん取れましたよ。
フレンチラベンダーは、この秋、おそるおそる地に下ろしましたが、小さな挿し芽の苗も、この冬の寒さに耐え、とても元気です。
むしろ、暑さに耐えるかどうか心配です。
♪カワズ~の鳴く音も鐘の音も~♪♪って世界です。
若い頃は、こんなことに幸せを感じなかったのにね。


pencilムムムさんへ
夕焼け小焼けなんて歌いながら、子供の手を引いて歩いてた頃、思い出しますね。
あの頃は、京都の郊外は、たくさん田んぼが残っていました。
南のほうは、なおそうでしょうね。
田を渡る風に、青い稲がうねり、揺れる景色ってボーっと見ていても飽きないですよね。
タニウツギは、このあたりの里山では、とってもたくさん木があって、今花盛りです。
とっても綺麗な花で、人目につかない山に咲かせておくのはもったいないなといつも思います。
今年は、イチゴがばっちりでした。甘~い。


pencilmicoさんへ
風を感じていただけましたか?
夕暮れの里山の空気は大好きです。
自然はまだまだ大丈夫、なんて思ってしまいます。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年5月16日 (土) 17時36分

里山の澄んだ空気が流れてきそうな、そんな写真を見せていただいて、なぜか、ほっとしています。
フレンチラベンダー、家でも地植えで大きくなって、とても楽しみだったのに、なぜか突然枯れてしまって、そのあと小さな苗を植えても中々うまく根を張ってくれません。
ネモフィラブルーさんの所では、生き生きとして、とても素敵ですね~。私も又、挑戦してみます~♪

投稿: ポエポエ | 2009年5月16日 (土) 17時15分

おはようございます。
随分、間があき、久しぶりにコメントを。。。
人間らしい暮らしをしていらっしゃるなあ~。 っと、羨ましい!
ヤマナラシって云う木、よく判らないのですが、風を知らせてくれるって、素敵ですね。だからこう呼ぶのですね、里山を歩いていると風が渡っていくのを木々が教えてくれますよね。自然と一緒に生きているのが本来の姿なんでしょう。

投稿: tomoko | 2009年5月16日 (土) 09時26分

こんな風に、今日食べる分だけ畑からとってくる生活を送るのが夢です。

投稿: ゆ | 2009年5月15日 (金) 06時22分

気持ちがす~と洗われるようですね。
深呼吸したくなります。
風と花の匂いがいっぱい感じられそう。
みどりちゃんとのゆったりした里山散歩
いい時間ですね。
新鮮なお野菜も採れて・・・
家でもモッコウバラの鉢を買ったんですよ、去年。
大きくなリ過ぎたらどうしょう・・・
と心配しながら。
でも冬の間にすっかり枯れてしまいました~weep

投稿: Happyばあば | 2009年5月15日 (金) 06時08分

 高いところにもたんぼが出来るんですね。
いままでの私の乏しい知識では、高いところは、畑でしたから。
 取れたてのイチゴ、美味しいでしょう。我が家のイチゴは、いつも鳥に食われます。しかもスズメですからねぇ・・・嫌になります。つれづれさん家に来るようなきれいな鳥ならまだ許せるのですが・・・なんとか網をしようと考え中です(苦笑)。アスパラが羨ましいですねぇ。フレンチラベンダーもいいですね。

投稿: 日向夏 | 2009年5月14日 (木) 23時21分

タニウツギ きれいな花ですね(*^^)
ネモフィラブルーさんの里山は いつ来ても
気持ちをゆったりさせてくれます。
収穫した野菜たちも おいしいだろうなぁ。
野菜の植え付けシーズンになると 花壇を
畑に変える衝動にかられます(笑)
那須の家が懐かしい…でも 親たちの介護に
那須を飛び越えて福岡に住むことになりそうです。
ブログを更新されたことが 通知されないようですが
RSSの設定をはずしましか?

投稿: つれづれ | 2009年5月14日 (木) 19時12分

ネモフィラブルーさん、こんばんは^-^
懐かしい里山の風景をみると心が安らぎます。
田んぼをゆったりと泳ぐカモ、そのうち
かえるの声も聞こえるのでしょうね。
フレンチラベンダー、5年たつとこんなに
見事な株になるのですね。
冬の寒さにも耐えられるのですか?
小鳥のさえずりや風の囁きが聞こえるような
美しい夕暮れ時、ここにいるだけで優しい
気持ちになれそうです。
「田植え花」も綺麗に咲いていますね。
摘み取ったお野菜は我が家と殆んど同じ、
新鮮で美味しそうです。

投稿: hiro | 2009年5月14日 (木) 19時04分

カップを片手に、田で鴨が動き回るのを見ながら、フレンチラベンダーや、モッコウバラのアーチを見ながら過ごせたら、至福の時間ではありませんか。
この町中の住宅街の中でも十数年前まではまだ田んぼがありました。
今は、1枚、2枚・・5,6枚のみになりました。(初夏夕食後子供と散歩して蛙の声を聞きながら成長していく早苗を見るのが好きでした。)
タニウツギのピンク、素敵ですね。
ウツギのピンクはあまり目にしたことはありません。
イチゴが美味しそう。

投稿: ムムム | 2009年5月14日 (木) 08時18分

おはようございます、
里山の風景から爽やかな風が渡ってきそうです。
素晴らしい環境での生活、最高の幸せですね。

投稿: mico | 2009年5月14日 (木) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだがんばってるネモフィラ、とりわけ好きなタマクルマバソウ | トップページ | 淋しいペインテッドセージ »