« 雨の日の花たちは | トップページ | ジャーマンダーセージとサルビアマセラリア »

2009年5月27日 (水)

里山花壇では

里山に花壇を作りはじめて3年。
とにかく好きな花を、ところかまわず植えていたけど、どれもこれも成長がいまいち。

とにかく掘れば細い竹の根がでるし、石がごろごろで、土が悪すぎた。
この2年は畑を優先に土作りに追われたが、花壇も畑のように手をかけようと、今年の冬は夫が堆肥や腐葉土を漉きこんでくれました。
さすがに今年の春は、少し元気かな?

里山は気温が低いので、ここのところへきてやっと青々と成長し、花も咲き始めてきました。

青い花々(149)
クリーピングボリジ
はじめて咲いた這うタイプのボリジ
小さな(径1.5cm)青い花は、普通のボリジより淡い青です。
0905280014 0905280006






伸び始めたレモングラス
どんどん増えちゃうフランネルソウ
去年のこぼれ種からこんなに大きく育ったチコリ
0905280016

ペニシアさんのように堆肥を作ろうと去年植えたコンフリーとこぼれ種からたくさん出てきたニゲラ
0905280001

ナミキソウ(浪来草)も咲き始めました。
里山の環境はとても合っているらしく、毎年花壇は、この花で埋め尽くされるので、困っています。
でも、ビロードのような青い花がさざ波のように咲き広がる様子はとてもきれいです。
みどりは、ナミキソウの上に寝そべるのが好きです。
0905280011

|

« 雨の日の花たちは | トップページ | ジャーマンダーセージとサルビアマセラリア »

コメント

pencilHappyばあばさんへ
ナミキソウは、10年くらい前に近くの散歩道の群生があんまり綺麗だったので、一本持って帰りました。
ずっとタツナミソウだと思っていましたが、どうも花の色も葉のつやもちがいます。
どう調べてもナミキソウそっくりだけど、海の近くに群生するという特徴が合いません。
びわ湖が近い環境が、合ったのかもしれません。
浪来草と言う名は、波がくる近くに育つということもあるけど、青い花が、さざ浪が寄せるように群生するからかもしれません。
花が全部びわ湖のほうを向いて咲くのですよ。それは不思議な美しさです。
最近調べたら京都府では、准絶滅危惧種に指定されているらしいので、大切にここで守っていこうと思っています。


pencilhiroさんへ
去年、hiroさんのところでコンフリーを見て、すぐ通販で求めました。
花を観賞するタイプもあって、種類はたくさんあるようですね。
この1種しか残っていなかったのですが、この種は大きくなるタイプのようです。
葉は、hiroさんのお母さんのように、若葉をてんぷらにしたり、野菜ジュースに混ぜたり、お味噌汁の具にしたりできるそうですね。ミネラルが豊富なので、葉っぱを刈って、堆肥や液肥を作るのにも最適なようです。
チコリは、去年一本だけ植えたら、夏中、綺麗な花が咲いて驚きました。
今年はあちこち、種がこぼれて芽が出ていたし、元の株からも芽が出ました。
新芽は、食用のチコリそのものでしたよ。
花をたくさん咲かせてみたかったので、食べませんでしたが、こんなに元気に育つんなら、食べてみればよかったと後悔しています。

投稿: ネモフィラブルー | 2009年5月30日 (土) 10時29分

おはようございます。
青い花がいろいろと・・目に優しいものばかりですね。
ナミキソウというのを初めて見ましたし、聞きました。
ちょっと検索しましたら、波が来るような所で咲くそうですね。
砂地でいいようなことが書いてありました。
ここは里山なのに・・面白いですね。
みどりちゃんのお気に入りの場所なんですか。
人間様もこういうところでひっくり返っていたいですね~

投稿: Happyばあば | 2009年5月30日 (土) 08時49分

ネモフィラブルーさん、こんにちは^-^
里山花壇のお花達、綺麗に咲いていますね。
グリーピングポリジやナミキソウは初めて拝見します。
チコリはこんなに大きくなるのですね。
サラダでいただく時の姿からは 想像も出来ませんね。
コンフリーは我が家の菜園でも いつの間にか
芽が出て 毎年咲いているのですが、お花が我が家のとは
少し違うようなきがします。子供の頃母が庭の隅に植え、
葉を天ぷらでいただいた覚えがあります。
こんなに広いところでお花を育てられてとても羨ましいです。

投稿: hiro | 2009年5月29日 (金) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の日の花たちは | トップページ | ジャーマンダーセージとサルビアマセラリア »