« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月28日 (木)

ジャーマンダーセージとサルビアマセラリア

空色の花に魅せられるのはなぜだろ?
その中でもセージの花に魅せられるのはなぜだろ?

まあそんなことはどうでもいい。
今年もうれしい青いセージのシーズンがはじまりました。
暑さとともに、どんどん育ちますが、まずは庭のレモンの木のそばでは、コンパクトなセージたちが咲き始めています。

この時期惚れちゃうジャーマンダーセージと今年初めて咲いたサルビアマセラリア。
0905270031

シルバーの丸っぽい葉と、深い蒼色の花のジャーマンダーセージは、寒さの中でも植えっぱなしで、世話なく元気で茎を伸ばして増えていきます。

0905270030 青い花々(150)
サルビアマセラリア

去年苗を買って花を見ないまま冬越しましたが、耐寒と知ったので、この春地に下ろしました。
はじめて見る花は、すっきりとした紫で、あざやかな緑の葉も、背の高さ(30cmくらい)もジャーマンダーセージのそばがよく似合いました。




2つのセージ達といっしょに、コンボルブルスサバティウス(ブルーカーペット)も、毎年この場所この時期に咲いて、うれしい空色コーナーです。
夏には、メドーセージとボッグセージ、コバノランタナ(白、ピンク)に変わります。
左後ろは、いま満開のミントブッシュ。
0905280023

| | コメント (13)

2009年5月27日 (水)

里山花壇では

里山に花壇を作りはじめて3年。
とにかく好きな花を、ところかまわず植えていたけど、どれもこれも成長がいまいち。

とにかく掘れば細い竹の根がでるし、石がごろごろで、土が悪すぎた。
この2年は畑を優先に土作りに追われたが、花壇も畑のように手をかけようと、今年の冬は夫が堆肥や腐葉土を漉きこんでくれました。
さすがに今年の春は、少し元気かな?

里山は気温が低いので、ここのところへきてやっと青々と成長し、花も咲き始めてきました。

青い花々(149)
クリーピングボリジ
はじめて咲いた這うタイプのボリジ
小さな(径1.5cm)青い花は、普通のボリジより淡い青です。
0905280014 0905280006






伸び始めたレモングラス
どんどん増えちゃうフランネルソウ
去年のこぼれ種からこんなに大きく育ったチコリ
0905280016

ペニシアさんのように堆肥を作ろうと去年植えたコンフリーとこぼれ種からたくさん出てきたニゲラ
0905280001

ナミキソウ(浪来草)も咲き始めました。
里山の環境はとても合っているらしく、毎年花壇は、この花で埋め尽くされるので、困っています。
でも、ビロードのような青い花がさざ波のように咲き広がる様子はとてもきれいです。
みどりは、ナミキソウの上に寝そべるのが好きです。
0905280011

| | コメント (3)

2009年5月22日 (金)

雨の日の花たちは

久しぶりに雨が降ってきました。
キッチンの出窓から外に目をやると、
満開のハゴロモジャスミンもぬれています。
0905220022



0905220024_2 玄関先のヒューケラーなどの葉物の寄せ植えは、雨を喜んでいるようです。
地植えしていたけど、少し株分けして寄せています。
初雪カズラは、何年もこの位置ですが、元気すぎるので今年は、ずいぶんカットしました。











0905220040 こちらも何年も同じ寄せ植えの主役のクレマチスエレガフミナ。
だいぶん、根が廻っているのか、今年は花が小さいので、そろそろ植え替えです。







0905220034同じ場所にマメ科を育てるのはどうかなと思ったけど、けっこう咲いてくれたスイトピー。

| | コメント (11)

青い花々(148)

青い花々(148)

0905220028 カンパネラチャトルチャーム

昨秋、通販で苗を買いました。
カンパネラの種類は多くて、どれもこれも青い花です。
イメージしたよりずいぶん大きな花(径5cm位)ですが、色は、ほんのり淡い薄紫のぼかしのようです。
ちょうど満開をむかえたスイトピーと同じ時に咲きました。
たくさん育てたい宿根だけど、夏は冷涼にと書いてあります。
ん~、これは問題です。







0905220030_2 

| | コメント (2)

2009年5月21日 (木)

花壇の土作りについて

ガーデナーそれぞれに、その地方に合った、植える植物に合ったノウハウがあると思いますが、
前の記事に補足の意味で、私流の花壇の土作りを書いてみます。

① 盛りの終わった花を抜いたら、土に残った根を取り除きます。

② 有機石灰を1坪当り200~400g漉きこみます。
  有機石灰を使うのは、すぐ植え付けができると書いてあるからです。
  とは言っても数日置いて、堆肥と肥料を漉きこみます。

③ 1坪当り20リットルくらいのバーク堆肥(または乾燥牛糞)

④ 赤玉土(小粒)
  鹿沼土(小粒)かパーライト、バーミュキュライトなど
  土の固さを見ながら、それぞれバークの2割くらいまぜます。
  植えてあったものや、成長の度合いによって土の様子は違うので、とにかくフカフカ  を目標にしています。        

⑤ 有機肥料(粉末骨粉米ぬか入り油粕)を適量漉きこみます。

⑦ 1~2週間置いて、苗を植えつけます。
  この間、雨が少なければ水をしっかり撒きます。

細かい、数値は適当です。
スコップがスッと軽く刺さるような固さを基準にしています。
花壇に有機の素材を使うのは、環境の事を気遣うこともあうけれど、長年使用していると、土がだんだん肥えていくような気がするからです。
化成肥料や消石灰を使い続けると、土がパサパサ、ボロボロになるような気がします。
追肥の液肥も、最近は有機の液肥を使っています。
ただし、有機の土は虫達にも心地よいようで、ナメクジ、ダンゴ虫も快適そうです。
冬のうちに捕殺して増やさないようにすることと、最近はハーブなどで殺虫剤を作っています。
なにより、虫に負けない勢いを花達につけさせる事が大切かと思っています。

ただし、鉢植えは狭い環境に閉じ込めているので、栄養過多になりすぎて蒸れることが多く、花壇のようにはいかず、土は主に市販の培養土、肥料もマグアアンプなどを使うことが多いです。
古い土に、土の再生材(土)、赤玉、鹿沼をそれぞれ1割くらい混ぜて使ってもよく育つよと、花友に教えてもらったので、試してみます。
少しミリオン(ねぐされ防止剤)を入れておくと、なおいいでしょうね。

いい方法があれば、教えてくださいね。

てなかんじの花壇で、
たった一本の宿根草も、根付くとこんなに大きくなってしまいます。
(一昨年植えたオステオスペルマム、去年植えたフウロソウなど)
0905210005
  
  

| | コメント (8)

2009年5月20日 (水)

淋しいペインテッドセージ

0905190029 種まきしたペチュニアとサルビアが、こんなに育ってきたので、とうとうネモフィラを抜き、チューリップの球根を掘りあげた。






0905190026 抜いたネモフィラ、お疲れ様。
80cmも伸びていました。
種もたくさん取れました。





0905180005_3 白いチューリップの球根はこれだけ。







0905200005_2 ストックの後に植えていたけど、ネモフィラの勢いに押されて隠れていたペインテッドセージ(サルビアホルミナム)の、綺麗な青紫の葉がお目見えです。
ペインテッドセージは、初夏の早くから咲く大好きなセージです。
青く染まる先端の葉を観賞するセージで、下に並んでいる白っぽい小さいのが花です。
種で買うと白、ピンクも混合で入っているので、今年は去年の種を採って、青と白だけ蒔きました。



でも、ネモフィラを抜くと、急に淋しいペインテッドセージの東側花壇です。
ネモフィラとチューリップを抜いた後は、有機石灰を撒いて中和します。
0905180024_2









数日置いて、バーク堆肥と赤玉、鹿沼土などを少々と有機肥料(骨粉入り粉末油粕)を漉きこみます。
苗を植え込むのは、その1週間後です。
年2回。秋と初夏。なんとかの一つ覚えのような私流です。

花によっては、土も肥料も合う合わないがあるかもしれないけど、いろんな種類を植えるので、あまり気にしていません。
環境の合った花は元気に育つし、合わないものはか弱い姿にしか育ちません。

それでも私流に合ったたくさんの花が、今年もたくさん咲いてくれました。

北側の花壇は、まだこんなに元気なビオラとタマクルマバソウ。
ほんとうは、ビオラは3色なのですが、なぜかピンク系がナメクジやダンゴ虫に食べられてしまいます。
色を選んでいるのか?味が好きなのか?それとも香り? なぜなぜ?
0905180019

まだ抜けないな~。
こちらに植える予定のニチニチソウとジニアは、まだまだ小さな苗なので、ちょうどいいタイミングかな。

| | コメント (7)

2009年5月13日 (水)

田植え花っていうの?

GWは、このあたりの田植えどきでした。
里山は少し気温が低いので、1週間ほど遅れてやっと田植え終了です。

水を張った田に、細い細い淡い緑の早苗が日に日に育って、やがて青々と風にうねる夏の日まで、この景色を眺めて日々過ごせるのはしあわせなことです。

去年から鴨が来るようになった近くの田
0905120001

5年前は、小さな鉢植えだったフレンチラベンダー。
とうとう今年は里山に移し、のびのびと大きくなって、うれしそうです。
挿し芽でいっぱい増やしています。
0905120009

白いモッコウバラは、3年目にしてやっとアーチっぽく育ち、花もいっぱい咲き始めています。

0905120013_2
里山のあちこちで、ピンクのタニウツギ(谷空木)が見事に咲く季節です。
田植えの頃に咲くから”田植え花”とも言うそうです。
去年数本幼木を植えたら、花がいっぱい咲いています。
ヤマナラシはあっという間に新緑。
遠目に琵琶湖を望む夕ぐれの空を眺めていたら、ヤマナラシがザワザワと騒いで、風を知らせてくれます。
0905120019



毎日こんな景色を眺めながら、夕方は、みどりを連れて里山に散歩に行きます。0905130002
畑で、今晩食べる分だけ野菜を摘みます
きょう摘んだのは、これだけ。
明日は、ほうれん草と人参の間引き菜を摘む予定です。

| | コメント (14)

2009年5月12日 (火)

まだがんばってるネモフィラ、とりわけ好きなタマクルマバソウ

5月の花壇は、あちらもこちらも花いっぱい。
どこにカメラを向けても、撮っておかなくっちゃと思ってしまいます。

まだまだ、こんなに咲いてるネモフィラは、ずいぶん枝垂れています。
今年の撮りおさめになりそうです。
0905110024_3

















シダレビオラもボリュームいっぱい。
0905110033













アネモネシルベストリスとハーデンベルギア
このアネモネは純白で、一重で、どんどん増えちゃう優れもの。
0905110038










        花壇で越冬したペチュニア”さくらさくら”も、どんどん咲いています
0905110032_2            











そしてこの季節、とりわけ好きなタマクルマバソウ
0905110021

| | コメント (11)

2009年5月11日 (月)

母の日の青いバラ

2009




母の日にもらった青いバラ






GWは、父のお葬式で久しぶりに会ったいとこ達や、私の姉が里山に遊びに来たり、母の日には息子の家族、娘も帰ってきたりとにぎやかな日々が続きました。
里山の畑は、やっとイチゴが実りはじめ、スナップエンドウ、アスパラ、山蕗、わらびなどが収穫時で、皆に喜んでもらえるいいシーズンでした。
里山の景色の中で大勢で(10人でしたよ)食事をするのはとても気もちよく、いとこの孫達もとても喜んでくれたようでした。
みんな、またおいでよね。
みどりも、みんなにかわいがってもらってうれしかったね。

母の日に、お嫁さんのNちゃんが、「日頃お世話になっているから」と、生花のアレンジをプレゼントしてくれました。
孫達と遊んで、お手伝いもしてもらって、日頃お世話になっているのはこちらのほうかもしれません。Nちゃんありがとう。

0905090013 私が青い花を好きなので、プリザーブの青いバラが入った、こんなに素敵なアレンジです。
自慢たらしく、外からも見える窓辺に置きました。
青いバラは、バラ好きの方々のブログで見せていただきます。
こんなに青いバラを作ってしまえるプリザーブはやっぱりすごい。

Nちゃんのプレゼントを見て、「あ~、忘れへんでよかった」と冗談を言いながら、娘は年中ジャージで過ごしている私に、新しいジャージの上下をプレゼントしてくれました。
こちらはめったに着ないというより、持っていないピンクです。

それぞれに、ちょっと色にこだわったやさしい想いを感じました。


ついでに青い花々を

青い花々(145)

0905110015 丁子草(チョウジソウ)
裏庭に植えていたのをすっかり忘れていました。
ほら綺麗な空色でしょう?とたくさん咲いてくれました。
花を横から見ると丁の字に似ているからこの名がついたそうです。
ならば、丁字草では?



青い花々(146)
0904190017 芝桜

里山の少し上のお宅でいっぱい咲いていた芝桜の淡い紫。
陽をいっぱい受けて、いろんな色が見事に咲いていました。



青い花々(147)

0905110046_3 ネメシア

ピンクのネメシアは、毎年春になると元気に新芽をだすのに、このブルーは、うまく越冬できません。
土にパーライトを2割入れるように書いてあるので、夏は蒸れないようにして、冬も少し暖かいところにおいてみましょう。

| | コメント (9)

2009年5月 2日 (土)

セラスチュームが揺れる頃

去年の秋から育てた苗、年々増える球根、季節が来るとちゃんと芽吹く宿根草。
今年は寒さが長引いたため、例年なら枯れかけている春先の花もまだ元気で、このGWの花壇は、花いっぱいになりました。

白いセラスチュームが咲いて風にゆれます。
今年はまだ、タマクルマバソウがチラホラ咲きです。
0905010036
















オステオスペルマムは、いちだんと大きくなりました。
0905010030













ネモフィラもどんどん咲いています。
0905010038











バラの蕾も見えてきました
0905010031










| | コメント (12)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »