« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月24日 (金)

青い花々(141~144)

青い花々(141)
セリンセ
0901040017








去年つれづれさんのところで見かけてドキッ。
おしゃれな色合いが素敵で、今年初めて種を蒔いて育てました。
一見、ソラマメ風。
どんどん伸びるので、後ろのスイトピーが影に隠れてしまいなかなかのびてきません。
一緒に咲いたらさぞきれいでしょうに。なかなか思うようにいかないものです。
こんな風に咲いています。
0904160036















青い花々(142)

セントーレアブルーカーペット

0904240024












ヤグルマギクは大好きな花で、青い花々にも載せたけど、この冬買っって寄せ植えに使ったこの花は、這うタイプのヤグルマギク。
花は、少し花びらが少ないけど、寒くてもずっと咲いているのがいいな~(ここ2ヶ月ポツポツ北側の軒下で咲いて、このところ急に蕾が増えています)


青い花々(143)
ブルンネラジャックフロスト
0904240025
以前、sissiさんのところで、見せてもらったな~。
うちにもどこかに植えているんだけど?
数年前に植えたまま、元気なさそうなので放っておいたんだっけ。
先月新芽が出ていたのを見つけたので、株分けして鉢植えにし日向に置いたら、かわいい花が咲きました。
忘れな草にそっくりの花で、葉は観葉のようにきれいです。
冬にも強そうだし、増やしてみたい。


青い花々(144)
シャガ

0904240020 青と呼べるかな?
青いラインがとてもおしゃれで、側で見るととてもきれいですよね。
比良の裏側の鯖街道は、シャガの群生が見事です。
この季節、必ず見に行きたくなります。
うちの裏庭にも真似して、たくさん植えています。

| | コメント (10)

3年目のクラブアップルとライラック

0904240014_2
もう一本のクラブアップルも少ないけれど花が咲きました。
3年前のブログを始めた頃に植えた時は、ほんの50cmほどで、去年は花も咲かなかった白い花が咲いて、蕾はほんのりピンク色。
先日載せた濃いピンクの花のほうは、赤い実。
この白い花のほうは黄の実が実るのですが、今年は2本とも花が咲いたので、実が実ってくれることを期待しているのですが、はてさて。
ターシャさんちのクラブアップルのように大きなきになって、かわいい実がたわわに実るのは、10年くらい先でしょうかしらね~?

  3年前7月。                      こんなに背が伸びました。
07130001_3 0904240008 





















0904240001_3 ライラックは、20年間、庭に植えていました。
玄関先に植えた小さな苗木が、子供の成長と共に大きくなり、毎年GWが近くなる頃には。あふれるほどの花が咲いて、周りがやさしい甘い香りに包まれました。



0904240006 その頃は毎年、小中学校の担任の先生が家庭訪問をされる時期で、玄関先に訪れた先生が、必ずと言っていいほど、「このいい香りはこの花ですか?」と訪ねられたものです。
その大きな木も、暑さのせいかだんだん弱ってきました。
ライラックは必ず根元にひこばえが出ます
枯れそうな木を抜いて、ひこばえを里山に植えたのも3年前。
ほんの30cmほどのひこばえが、2mくらいに大きくなって、今年初めて花が咲きました。
小さくても一人前に、あの香しいライラックの香りです。
もう一度、あの玄関先に咲いていた頃のように花咲くには、10年くらい先でしょうかしらね~?

| | コメント (6)

2009年4月20日 (月)

里山春の日

里山にも遅い春が来て、梅、さくらんぼ、花桃、カイドウザクラ、幼い木にも順々に花が咲いて、やっとクラブアップルも咲き始めました。
クラブアップルって、すっぱいくて小さいりんごのことを総称して言うみたいだけど、ターシャさんの庭にある大きく枝を横に張るタイプと、まっすぐ伸びるタイプとあるようです。

0904190013 3年前に植えた時は1mほどだった2本の幼木は、3m近くに育ち、去年は咲かなかった白い花のほうも今年は蕾をつけています。
まっすぐ枝を伸ばす濃い桃色のほうが、ひと足先に咲きました。

0904190005夫は、年のせいもあって、朝早く目が覚めるので、みどりを連れて里山に行きます。
まずはラジオ体操。
体が固いんじゃない?
お隣の田んぼに水を入れ始めていますね。
田植えの準備が始まりました。

0904170055モッコウバラもだいぶん大きく育ち、アーチに仕上がりました。
花壇の花たちもあちこちで芽吹き始めています。







0904170059 里山に入って4年目。
ようやく花壇らしく、畑らしくなってきました。
小さな苗木たちも、大きく育ち始めました。
今年の冬は、痩せていた花壇の土を少し改良したので、花壇も少しは期待しているのですが、さてどうなるしょう。

0904060011 ワラビ、蕗、ゼンマイ、タラの芽など、山菜摘みも忙しい季節になりました。

野うさぎの赤ちゃんに出会いましたよ。
みどりに見つからなくて、ああよかった。

| | コメント (10)

2009年4月17日 (金)

ネモフィラシーズン

今年もやってきました、うれしいネモフィラシーズン。

毎度、代わり映えしない写真ですみません。

0904170078 まずは、けなげな道端のネモフィラさん。
去年の種がこぼれたんだね~







白いチューリップは、球根が年々増えて、今年は50本くらい咲きました。
ストックもまだまだ元気です。
0904160041












やっと、8分咲き。
いよいよ、空色に揺れてくれそうです。
0904170082















0901010004_2 こちらは、里山のネモフィラ。
横のラベンダーは、蕾もまだです。
















ローズマリーは満開です。
向こうがネモフィラ。
0901010010

| | コメント (14)

2009年4月 6日 (月)

桜の花に寄せて

山陰の実家のすぐ近くには古い川が流れ、見事な桜土手がありました。
「車椅子を借りて、桜を見に行こうか?」
たまに帰省したおりに誘ってみても、父は首を横に振ります。
「花びらが庭に舞い落ちて来るから、桜が満開なのがわかる」
そう父が言うので、小さな小さな坪庭に目をやると、淡い淡いうす桃色の桜の花びらが金魚鉢の水面や、コケの上にちらほら。

父は、人の手を借りてまで歩行を助けてもらったり、何より近所の人の同情をかったりするのが嫌らしく、いくら誘っても、昔の男の人らしい頑固さで、外出を拒んでいました。
はなやかな桜を愛でる人々の中に入っていく気にならない心境は、足が不自由になった父の身にならないとわからないのだろうなと、満開の桜の下に連れて行ってやりたい気持ちも、私達きょうだいは、十数年あきらめていたのです。

子供達から遠い実家で、老いた両親が二人助け合って暮らすのは限界だと、両親を諭し、末娘の私の近くのここ湖西に越してきたのは6年前でした。
父は87歳になってしまっていました。
安心したのか、自然豊かなこの湖西の地に来たことが幸いしたのか、強引に介護保険をフル活用させて大勢の方々のお世話になりながら、二人とも見違えるほど元気になりました。

マンションの部屋の父のベッドからは、比良の山並みと琵琶湖が見えて、窓の下には大きな桜の木があって、巡って春が来ると、眼下の桜はそれはそれは美しく、父のうれしそうな顔を見たとき、
「ああ、おもいきって引っ越してきてよかったな~」と母と笑顔を交わしたものでした。

きらめく琵琶湖の朝陽、新緑の湖畔、虹のかかる秋雨の山並み、錦織り成す晩秋、山陰のように雪に包まれる白い冬。
晩年を、二人仲良く助け合いながら、移りゆく四季の中で過ごすことができました。
そんな環境に老いた両親を置いてやれた、ただそれだけが、私にできた親孝行だったように思います。

それでも、二人とも寄る年波には勝てず、だんだん弱り、ホームへ移って2年。
年末から体調が懸念されていた父は、お正月が明けて呼吸困難になり、病院に運ばれてちょうど一ヶ月で、穏やかに息を引きとりました。。

時間の許す限り、母を病院に連れて行って面会させてやりました。
とても仲の良い夫婦で、93歳と、90歳のしわだらけの手と手を握り合い、呼びかける母の声を聞くと、父はとても穏やかな表情になるのです。
兄嫁が思わず、「こんな夫婦にならなあかんな~」と言いました。
「ほんまやな~」 

まだ雪のちらつく頃、花屋さんで、冬に咲く”啓翁桜”の一枝を見つけ、病院のベットの父に見せてやると、かすかに開いた瞼のむこうにキラッと瞳が輝いて、軽くうなずいてくれました。
最後の桜だったよね。

先月の末、四十九日の法要をすませました。
寒さが長引いた今年の春は、この日に合わせた様にやっとソメイヨシノが数輪咲きました。

ここ湖西は、今やっと、五分咲きの桜です。
おじいちゃん、今年は空の上から見てるかな~?

親を亡くすというやるせない喪失感を、初めて味わった冬も終わりました。

今朝の里山の桜です。
0904060027

| | コメント (17)

花達に背中を押されて

たくさんのコメントと共に、励ましの言葉ををいただきながら、お返事も返さず申し訳ありませんでした。
自分にも必ずくる老いについて、自分の生き方、死に方について、いっぱい考えた日々でした。
例年なら花自慢の季節が来ているのに、今年はいつまでも寒くて遅い春の訪れだったのをいいことに、長らくお休みしましたが、花たちに背中を押されてブログを再開いたしました。
桜、コブシ、スミレ、水仙、桜草、クリスマスローズも咲きそろって、まるで北国の春のようです。

スローペースではありますが、皆様のところへもまた訪問させてください。


まだ咲き始めたばかりの庭の花たちを少しご紹介します。

白い花の寄せ植えと東側花壇
寄せ植え(しだれビオラ、白花斑入りブルーデージー、ローダンセマムアフリカンアイズ、ゴンフォスティグマ、ベロニカオックスフォードブルー、吊っているのはイオノプシジューム)
花壇(ストック、チューリップ、ネモフィラ、ビオラ)
0904060040
















ネモフィラはやっと、空色の花がポツポツと。遅いでしょう?
0904060036















北側のビオラと雲南桜草。シラーとタマクルマバソウはまだ成長中です
0904060044
 

















   
                   シダレビオラも、大きく株が張ってきました。
0904060037_2















                                                                 


ムムムさん、頂いた種で育てた葉牡丹は、まだこんな風にきれいに咲いていますよ。
0904020037











 日向夏さん、頂いたカトレアはこの冬、全部で5個花が咲きました(3月中旬撮影)
0903200007

| | コメント (3)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »