« 猛暑の日々が続いています | トップページ | ストレプトカーパス葉ざしとクロサンドラリフレブルー »

2008年7月27日 (日)

夕立のあと

やっと、夕立が降りました。
雷をともなう久しぶりの雨にホッと一息つけたけど、北陸のほうでは、突風の被害がでているようで、どうも最近の天候は極端で困ります。

0807270009夕立があがったあと、みどりの散歩にでかけ、家の前の公園で、羽化したばかりのセミを見つけました。

子供達が小さい頃は、よく観察したものですが、長い間見ていなかったので、あまりの美しさに見入ってしまいました。








短い地上での命の始まりです。
0807270018_3




















日向夏さん、オステオスペルマムをUPしました。
これは、オステオスペルマムマリーという名ですが、キク科ディモルフォセカ属で、ディモルフォセカという名で店頭にでていることもあります。
花の色も種類も多く、寒さ、暑さに弱いものもあって、育て方はそれぞれ差があるようです。
花は、春咲くのですが、地に下ろしたせいか今年は夏になっても、また花芽がついてたくさん咲きました。
春と秋に挿し芽ができるようですので、少し摘んで、挿したらどうでしょう?
わたしも、今年の秋やってみます。
0807270005_2













|

« 猛暑の日々が続いています | トップページ | ストレプトカーパス葉ざしとクロサンドラリフレブルー »

コメント

pencilマウンチョ!!さんへ
こちらは、2日続けて雷交じりの大雨が降ったので、人も花もホッと一でしたが、また暑い日が戻ってきました。
でも、夜はとても涼しくなってヤレヤレですよ。
セミは、今はヒグラシがたくさん鳴いて、とてもにぎやかです。

投稿: ネモフィラブルー | 2008年7月30日 (水) 23時15分

pencilossさんへ
私の育った実家の側は桜土手で、夏は、桜並木に鈴なりのセミの抜け殻がありました。
それこそ佃煮に出来そうなほどですが、食べてみたいとは思いませんね(笑)
北海道もセミがいるんですね。
先日、ossさんのブログにアジサイが載っていて、これだけ季節がちがうんだなと思いました。
日本は長いから、こうして季節の移っていく様が花をとうして感じることができて、ブログは面白いですね。

投稿: ネモフィラブルー | 2008年7月30日 (水) 23時04分

各地で夕立ちがあり 場所によっては被害も出ていますね。
私の住んでいるところも、一雨欲しいのですが、降りませんね。。
セミの抜けがらはみますが、その様子はなかなか見れませんよね。
本当に神秘的です。^^*

投稿: マウンチョ!! | 2008年7月30日 (水) 08時00分

セミの羽化を久し振りに見ました。
田舎にいくと佃煮にしたいくらい沢山幼虫がいたのですが、今の田舎はどうでしょう。
オステオステルマム、毎年春花壇を飾るのですが、今年は植えませんでした。ここで眺めさせていただきます。
こちらは涼しくて自然のクーラーが利いています。春が遅くて、冬の厳しい分の贈り物と考えています。

投稿: oss102 | 2008年7月29日 (火) 11時13分

pencilkyutarouさんへ
神戸の川の事故は、ニュースを見て驚きました。
神戸は鉄砲水の多いところだけど、こんなところでこんな事故が起こるなんて。
防げなかったのでしょうか。
底までセメントで固めた川は、きれいだけど、こんな事故もあり得るんですね。
楽しい夏休みだったはずの子供達が不憫です。
このセミは、とても目立つところで羽化していたので、野鳥に取られないかと心配でした。


pencilsissiさんへ
コーギーは、地面にお腹がくっつきそうだから、夏はお散歩たいへんみたいですね。
みどりも、アイリッシュというくらいだから、涼しい地の出身で暑がりです。
でも、冬は寒がりですよ??
セミは夕方、公園の木をよく見ると幼虫が見つかりますよ。
永遠の昆虫少女?としては、是非連れ帰ってベランダの観葉に停まらせ、羽化を観察されたらいかがですか?
チョウとはまた違った美しさですよ。


pencilぴぴさんへ
ぴぴさんのところは、セミの声がまだなんですか?
こちらは、ずいぶん前からうるさいくらい鳴いていますよ。
羽化したばかりのセミは、羽のふちが透明な薄青緑色で、とてもきれいです。
久しぶりの雨はうれしいけど、被害も出ているようで、喜んでばかりもいられませんね。

投稿: ネモフィラブルー | 2008年7月29日 (火) 09時17分

こんばんは~~
此方も今日は久しぶりに雷交じりの大雨が降りました~~神戸で子供達が川の増水で事故に遭い、心が痛みます、都会の川底の在りかたに、疑問です!!セミの羽化なんて久しぶりに見ました、生まれたばかりの初々しい羽根の色ですね、綺麗に撮れて居ますね
オステオスペルマム、ブルーに合いますね
挿し芽出来るのですね、出会えたら私もやって見ますheart04

投稿: kyutarou | 2008年7月28日 (月) 22時49分

暑い日が続きますね。
みどりちゃん、元気ですか。
暑さが、とりわけ苦手な犬種のロイは、エアコンの前で、伸びていますcoldsweats01

昆虫少女だった私は、アゲハやモンシロチョウの幼虫は育てて、変態から、あの神秘的な羽化まで見たことがあるのですが、セミは、未だ、見たことがないのです。
(さすがに育てるわけにもいかなくてsweat01
写真でしか見たことがない水色の羽…。
ネモフィラブルー様のお写真、何度もみていました。
そしたら、コメントが遅くなってしまいました(^^ゞ

投稿: sissi | 2008年7月28日 (月) 19時14分

昨日の雷&雨今日は少し涼しかったです。
ホッホ.:♪*:・'゜♭.:*・♪'゜。.*#:・'゜.:*♪:・'
セミがブルーに見えますが 綺麗久しぶりに
羽化のセミを見ました。
まだ泣き声は聞こえませんよ もう時期うるさい位にo┤*´Д`*├o アァー
短い命ですものね^^

投稿: ぴぴ | 2008年7月28日 (月) 18時33分

pencilムムムさんへ
京都は降ってないのですね。
今日もお昼にすごい風が吹いて、夕立でしたよ。おかげで涼しい夕方になり、庭の水遣りもしなくてすみます。
畑が干上がっていたので、ほっとしました。
京都も降ってほしいですね。
ムムムさんも、息子さん達が小さなころは、セミの孵化を一緒に観察していたんでしょうね。
私も久しぶりに見て、こんなにきれいなものだったかと感動しちゃいました。


pencilセンジュさんへ
センジュさん、実物を見たらもっと感動しますよ。
ガラス細工のように素晴らしくきれいだし、くしゃくしゃの縮こまった羽がきれいに伸びてゆく様子は、神秘的です。
抜け殻をよく見る木の根元あたりを、夕方よく見ると、ゆっくり幼虫が登るのを発見できます。登っている枝を折って持って帰って、家で観察すると面白いですよ。
私からの、夏休みの宿題ですよ(笑)


pencilhiroさんへ
私もアゲハの幼虫は、レモンの木によく見ます。葉っぱをよく食べて、お元気です。
幼虫は、いつさなぎになるんでしょうね。
さなぎからチョウに孵化するのを撮って見たいですね。
オステオスペルマムを買ったときに付いていたネームプレートに育て方が、「可愛がってあげるのが一番です」と書いてあって、思わず納得しました(笑)


pencilmicoさんへ
夕方から夜にかけて、庭をよく見ると、木の枝先に発見できるかもしれませんよ。
あの殻を破って、この姿になるまでを見ていると、本当に生命の神秘を感じます。


pencilポエポエさんへ
ポエポエさんちのような広い庭だと、夕方、幼虫が木の枝を登るのを見つけられるのでは?
枝を折って、うちへ持って入ると、殻を脱いで羽を拡げて成虫になるのが見られますよ。
子供が小さい頃は、よく観察しました。
ガラス細工のように、透明で、きれいな色は、ちょっと感動ものですよ。


pencil日向夏さんへ
キク科オステオスペルマム属と、ヂィモルフォセカ属があるようだけど、どちらの名も使われているようで、違いはよくわかりません。
白くて花芯が、黒っぽいものや、ベージュ色のものや、いろいろ育てたけど、2~3年目には消えてしまいました。
これは、丈夫そうなので、地に下ろしてみました。冬はどうしようかな?と思案してます。

投稿: ネモフィラブルー | 2008年7月28日 (月) 16時14分

久しぶりに、羽化したてのセミの美しさに感動しました。
と、朝ブルーさんのブログを見た後、我が家の門扉で発見!私もしばし見とれました。
地面から這い出ても、適当な木とかがなかったので、こんなところまでのそのそ移動したのかとこれも感心。
ブルーさんのところは夕立がありましたか。こちらは遠くに雷の音を聞くだけでした。こ祇園祭の宵宵山くらいから、雨1滴もなしです。

投稿: ムムム | 2008年7月28日 (月) 10時50分

おはようございます^-^
わ~。。。
セミの抜け殻はお庭にもありましたが。。
こんな美しいセミを見たのは
写真でも初めて!
美しいですね~。。
2枚目の画像の羽の美しいこと。。
顔も愛らしいですね。
しばらく見とれてしまいました。

投稿: センジュ | 2008年7月28日 (月) 08時59分

ネモフィラブルーさん、おはようございますsun
羽化したばかりのせみ、綺麗ですね。
私もアゲハ蝶の幼虫を夏みかんの木で見つけたので
羽化の瞬間を撮りたくて毎日姿を追っていたのですが
昨日見逃してしまいました。
どこか羽化するのによい場所を見つけるために移動
したのか、それとも鳥に食べられてしまったのかわかりませんが、
今日も探してみます。

オステオスペルマム、まだ咲いて、綺麗ですね。
私も春にオステオスペルマムを植えました。
今はとても間延びしています。
秋には挿し芽をしたいと思います。

投稿: hiro | 2008年7月28日 (月) 08時23分

おはようございます、
羽化したばかりの蝉を見るのは初めてで感動しました、
生命の神秘を感じますね。

投稿: mico | 2008年7月28日 (月) 07時58分

ウワ~♪ 綺麗ですね~♪ 羽化したばかりの蝉なんて、初めてみました~shine
透き通るような、薄いブルーなんですね~。
蝉の抜け殻は、家でも見かけますが、羽化したばかりの蝉は、
そうそう見れるものではありませんよね。
珍しい写真を、ありがとうございました~happy01

投稿: ポエポエ | 2008年7月27日 (日) 22時38分

オステオスペルマムとディモルフォセカは、同じなんですね、なるほど。
近所のは、白花で縁取りがあるような気がします、確かに菊の花に似ていますね。
何もしなくても繁殖して満開のような気がしますが、いろいろと手をかけてらっしゃるのかもしれませんね。
何とかして手に入れますわ、ありがとう。

投稿: 日向夏 | 2008年7月27日 (日) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑の日々が続いています | トップページ | ストレプトカーパス葉ざしとクロサンドラリフレブルー »