« 悪戦苦闘のピアノレッスン | トップページ | 天然酵母でパン作り »

2008年7月 1日 (火)

山小屋の灯は?

里山に行くようになって丸3年。
4度目の夏を迎えます。
となりの竹やぶとの境に最初に植えたキョウチクトウ5本。
たった20cmだった苗が、大きく育ちました。
0504170029_2














休日の夫は、嬉々として里山で過ごしています。
小屋は完成しているけれど、生活するにはまだまだ不完全。
電気は、引こうと思えば引けるのですが、電気を使わない生活を目指している夫としては、いずれ風力発電でも作りかねないと思われます。

0504190039 里山の夜は、真っ暗で、風の音のみ。
がさがさと音がすると、「誰?」って感じの
魑魅魍魎(ちみもうりょう)ワールドです。
明かりがないと、夜泊まれないな~。
夫は、そろそろ週末はみどりと泊まりたいようです。
ガスのランプを買ってきました。

同じ里山のすぐ近くで、木工家具を製作している「KIILO CRAFT」さんに、
テーブルと椅子を、私のへそくり?で作ってもらいました。
独立して1年。こんな山奥でがんばってる青年にとって、初めての外注品です。
0504190040
















テーブルの上のブタの蚊取り線香は、父の日に娘から送ってきたものです。
0504190035_2 そうそう、娘は母の日に忘れていた?、私へのプレゼントのエプロンも一緒に送ってくれました。
「よく気がついたな~」と、ブタさんには夫もおお喜びでしたよ。
ふ~ちゃんありがとう。
大切に使わせてもらいますよ。

椅子に座って窓を開けます。
緑の風が渡ってゆきます。
0504190036














子供達が小さな頃、よく「北の国から」を家族で観ていました。
一番影響されてたのは、夫だったということのようです。

私たちの世代は、少し昔の不便な時代を生きた最後の年代のように思います。
そんな時代へのノスタルジーは、楽しむだけならいいけれど、深刻な現実にならなければいいけど。
最近の環境問題、エネルギー問題、食料問題を思うにつけ、なんだか恐くなってくるのは私だけでしょうか?

|

« 悪戦苦闘のピアノレッスン | トップページ | 天然酵母でパン作り »

コメント

pencilちひろさんへ
こちらこそご無沙汰しています。
何でもやってみたい性格です。
どれも長続きしないのですが、花作りだけは続いています。
ターシャさんのように、自然の中で、シンプルに生活するのは素敵ですね。
私もDVDを持っていますよ。
誰もプレゼントしてくれないので、自分で買いました(笑)
ナスタチウムは、どれもつるが伸びるのだと思っていました。
最近の苗は、つるが伸びないのが主流のようですね。

投稿: ネモフィラブルー | 2008年7月 3日 (木) 22時34分

ご無沙汰しました~
ピアノのレッスンパン作り楽しんでいらっしゃいますね?頑張ってかな?
素敵な椅子とテーブルがログハウスにピッタリですね
窓から入る爽やかな空気が小道にも届きそうです
電気も便利ですがランプの灯りも柔らかくて心が落ち着きますね
夕方外のテーブルにローソク灯すの大好きです(ほんのちょっぴりターシャさんの世界ですね)
ターシャさん亡くなられたのですね
今年の母の日にパートナーからターシャの四季の庭のDVDプレゼントしてもらったところでした

ナスタチウムの支柱お洒落です
ツル性のものが有るの知りませんでした

投稿: ちひろ | 2008年7月 3日 (木) 21時31分

pencilマウンチョさんへ
たった3坪の小さな小屋ですが、夫にとってはとても楽しい場所のようです。
近くでも、何人か定年退職した人が、一人でこつこつ小屋を建てていますよ。
定年になって時間がタップリできたら、きっとマウンチョさんのご主人も夢が実現しますよ。
海の側は、理想的ですね。


pencil日向夏さんへ
なかなか、全体を写すのが難しくて、載せていませんが、いつか近いうちに載せますね。
夏は、草刈ばかりやっていますよ。


pencilossさんへ
小さな小屋だけど、なにより景色が美しいので、心安らぎます。
あきのさんがおっしゃるように、簡単に引っ越すのは、そう簡単ではありませんが、価値観をぐっと変えれば快適に違いありません。
便利な時代に慣れすぎて、人のベーシックな生活の仕方を忘れています。
夫は、ぜんぜん平気で、むしろ楽しんでいます。
男はいつまでも少年なんですね。

投稿: ネモフィラブルー | 2008年7月 3日 (木) 09時01分

山小屋の内部を見せてもらい、本当に素敵で旦那に見せたら喜ぶだろうな・・・。
旦那が定年になったら 実家の近くに家を作って そこから釣りに行きたい・・・。
といいながら ログハウスの展示場を見学したことがあります。
自分たちの夢と ダブって見てしまいましたよ。^^*

投稿: マウンチョ!! | 2008年7月 3日 (木) 06時42分

 なるほど、わかりました。なんとなく勝手に想像できるようになりました。
 200坪あれば畑でも花壇でも自由ですね、車の乗り入れが出来て小さな家があれば、時々訪れるには十分でしょうねぇ。キャンプが出来ますね。羨ましいです。草に負けないように、花をたくさん植えてください。そのうち土地の全景写真を楽しみにしていますわ。

投稿: 日向夏 | 2008年7月 2日 (水) 22時03分

素敵な風景、すてきな夫婦、素敵な小家、
夢の世界です。仰るとおり虫も廃棄物も・・現実から逃げられませんが、家の片隅30センチの花壇で嬉しがっている私からみれば・・・豪華豪華絢爛、それになによりみどりちゃん付き。

投稿: oss102 | 2008年7月 2日 (水) 13時14分

pencilあきのさんへ
あきのさんのアドバイスは勇気百倍です。
ありがとうございます。
夫は、今すぐにでも生活できると言ってます。
ランプの横に階段が見えているでしょう?
昇るとフロアの半分の広さ(3畳分)の屋根裏があって、そこには布団が敷いてあるんですよ。
夫が泊まりたいというのも無理はありません。

投稿: ネモフィラブルー | 2008年7月 1日 (火) 23時56分

pencilkyutarouさんへ
同じ里山に何人か、同じように畑をしたり、小屋を作ったりしている方が数名います。
ホント、男の人はこういうことが好きですね。いつまでも少年のままなんでしょうね。
夫に付き合ってると、だんだんこちらも好きになります。
あんまり便利に暮らしてきたので、後戻りする必要があっても、なかなかできません。
私たちの子供の頃は、不便でもそれが当たり前でしたからね。

投稿: ネモフィラブルー | 2008年7月 1日 (火) 23時45分

ステキ、すてき。一番見たかった小屋の中。これなら立派に泊まれます。水は工夫次第と思います。寝袋も2つあればみどりちゃんは要らないし。後はキャンプ用品で間に合いますね。夏の間は早く新居に移ってください。
お節介ですみません。

投稿: あきの | 2008年7月 1日 (火) 23時38分

pencil日向夏さんへ
住んでる家から車で10分位のところです。
バブル期に、別荘用地として棚田を見下ろす山すそを開発したけど、バブルがはじけ開発が止った土地です。
土地の持ち主は、投資のために買った人が多く、ここ数年はあきらめて、格安で手放すことがあるのです。
もう20年くらい前のことなので、整備されていた道路も、宅地も山林に戻りかけています。
うちは、そのひな壇になった宅地の一番前がたまたま売りにでたので、3年前に驚くほどの安さで、200坪買いました。
この200坪は段差になっていて、高い部分(15坪位)に3坪の小屋を建てました。
電気は来ていますが、上下水道がありません。美しい棚田が見直されて、風紀地区に指定され、建築許可が下りないため、3坪以上の家は建てられず、こんな小さな小屋にしたわけです。
そんなわけで、棚田を見下ろす山の裾野で、見晴らしだけは最高ですし、一応、普通車が通れる道路は、よく見るとあります。
近辺には、同じように畑をしたり、小さな小屋を建てたりする人もぽつぽつ増えています。
標高はわかりませんが、棚田の上なので、随分高い場所であることは確かです。
眼下に琵琶湖、住宅地を見下ろし、比良山系を仰ぎます。
イメージできますか?

pencilmicoさんへ
写真だけ見ると、とてもよく写っていますが、現実は、草が多く、虫も多く、廃棄物も近くにあるんですよ。
きれいなところばかり載せています。


pencil台所のキフジンさんへ
景色だけは自慢できます。
以前は、犬を連れてあちこちの野山に遊びに行ってましたが、この里山に行くようになってから、よそのところへは行かなくなりました。
とても、経済的です。
けんかするんですか?
そういえば、ケンカって長いことしてないな~。きれいな景色のせいかな(笑)


pencilムムムさんへ
写真はうまく撮れるものですね。
ここでお茶を飲んでるのは、ジャージ姿のおじさんとおばさんで、素敵とは程遠くて申し訳ありません(笑)
とにかく狭くて(3坪)、シンプルにせざるを得ないので、置くものも限られてしまいます。ボチボチです。
なんだか嫌なニュースばかりで、どうしたらいいんでしょうね。
緊迫感がないのも不思議なんですよね。


pencilhiroさんへ
うちの夫婦は、地方出身のせいか、どうしても野山に憧れがあります。
夫ほどではありませんが、私も自然の中で、シンプルに暮らせたらと思うので、夫のやりたい気持ちはよくわかります。
男っていつまでもそういうところがありますね。
hiroさんのご主人も、畑や蕎麦うちなど、好きなこと充分やっておられるように思いますが。
うちの夫は、土木作業が好きなだけですよ。

pencilセンジュさんへ
私も今年イチジクを1本植えましたよ。
イチジク大好きです。
小屋は、フィンランドの組み立てキッドで、とても安いものなんです。
でも、窓の仕組みは、なるほどと思わせるレトロなもので、窓の開閉が楽しいですよ。
ローラやハイジの時代は、どんなに大変だったろうと、想像がつく位、電気や水がない生活は不便です。
あこがれだけでは、難しいものだと実感です。


pencilとなりのとまとさんへ
写真では、きれいに見えていますが、やっぱり、窓の外は、日本の原風景なんですよ。
この季節の棚田は、イギリスの風渡る草原のようです。
景色だけは自慢できますが、見てるだけでは生活できないし、ここで暮らしたいけどそれは、便利さにどっぷりつかった私には、とても難しいことです。
そのつけはどう返せばいいのでしょうね。


pencilHappyばあばさんへ
少しでも生活の場にしようとすれば、まだまだ準備が必要です。
狭い部屋なので、キャンプみたいなものですよ。
椅子に座って、ぼーっと景色を眺めていると、目の前に大きな木が、ざわざわと揺れたり、野鳥が行ったり来たりしています。
気温が少し低いせいか、畑以外は不思議と蚊が少なくて、このブタさんもときどきしか使わないんですよ。

投稿: ネモフィラブルー | 2008年7月 1日 (火) 23時29分

こんばんは~~
ログハウスのその後、気になって居ました~~、作りつけのテーブルと椅子とっても素敵
窓からの景色をご馳走に、ワインでもご主人と一緒に、なんて、至福の時ですね~~
北の国からは、我が家も毎週見てましたよ、特に男性は憧れがあるようですね、女性は
便利な生活になれ、捨てがたいですよね~~
環境に優しい生活、考えなければと思いつつ
粗大ごみの多さに、もったいないと思うのは、私達の年代だけかな~~何時も思うのですよ~~happy01

投稿: kyutarou | 2008年7月 1日 (火) 23時28分

いつも思うことですが、
里山は、自宅からどのくらいなのでしょうかねぇ・・・?
土地は、購入されたの?それとも夫婦どちらかの先祖代々の土地?
面積は、どのくらいあるの?ログハウスの周りは畑?山?草原?
標高は、海抜何m?付近の平野部からはどのくらいの高さ?
あっ、それにログハウスまで車で近寄れるの?
なんて、プライバシーかな?知りたいな?頭の中で想像するのに必要なのですわ。

投稿: 日向夏 | 2008年7月 1日 (火) 20時23分

こんばんは
まるでおとぎの国のようですね。
最高の人生ですね。

投稿: mico | 2008年7月 1日 (火) 18時33分

そうデスね 開け放たれた窓に珈琲の香りもします もしワタシタチ夫婦が此処にいたら少しヮケンカもしなくなるんじゃないかな なんて思っちゃいました 。。 娘さんからの『ブタちゃん』心遣いに泣かされちゃいますね 勿論 ランプも ステキデス!!

投稿: 台所のキフジン | 2008年7月 1日 (火) 17時59分

外観を見させてもらって、山小屋いいな~!と思っていましたが、こうやって山小屋の中、おまけに窓からの景色を見てその気持ちがつのります。
窓からの風を受けてお茶を飲むとか、ブタさんの口からの蚊取り線香の煙を眺めてるとか、・・素敵すぎる。
ブルーさんの最後の2行で現実に帰りますが。

投稿: ムムム | 2008年7月 1日 (火) 17時24分

ネモフィラブルーさん、こんにちは~
素敵な山小屋ですね。
窓からの眺めも最高です。

ネモフィラさんのご主人は男としては
最高の人生を送っているのではないでしょうか。
自分の好きな場所に自分で家を建て
好きな時に好きなみどりちゃんをつれて
フラフラッと来て一緒に過ごせるなんて、
こんな素敵な人生をご主人にプレゼントできる
ネモフィラさんはもっと素敵ですが・・・

私は憧れるだけでなかなか踏み切れません
ネモフィラさんとご主人に大きな拍手を
送りたいと思います。

投稿: hiro | 2008年7月 1日 (火) 16時18分

ネモフィラさん!
なんて素敵なのでしょう~
私。。途中参戦だったので里山の事詳しく
知りません。
すご~い。
過去記事をつたった見てきますね^-^
木工家具も小屋の窓枠も
その景色もすばらしい!
私は大草原の小さな家とか
アルプスの少女ハイジの暮らしが
大好きです。
いいな~
すごくうらやましい!
4年でかなり大きくなるのですね。
励みになります。
今日は
クラブアップルとイチジクを2本ずつ
植えてきました。
こんな暮らし、憧れですよ。
いつもは。。違う所にお住まいなんですね。

投稿: センジュ | 2008年7月 1日 (火) 15時05分

最後の写真は、まるでイギリスの田舎の風景画のようです。
極上の生活ですね。丸イスに腰掛けて飲むコーヒーcafeは美味しいでしょうね。
便利さのみを追求し続けたツケがそろそろ回ってきたのでしょうか。

投稿: となりのとまと | 2008年7月 1日 (火) 15時01分

山小屋どうなったかな~と思っていたところでした。
この窓の感じ好きです。
いいですね~
丸椅子に座って風を受けながらのんびり・・
いいですね。
プレゼントのぶたさん、なるほどここでは必需品ですね。

投稿: Happyばあば | 2008年7月 1日 (火) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悪戦苦闘のピアノレッスン | トップページ | 天然酵母でパン作り »