« 畑のめぐみとブログのめぐみ | トップページ | ストレプトカーパス大?研究 »

2008年6月25日 (水)

ナスタチウム大?研究

空色ガーデンと言ってはいるけど、ピンクや黄、赤の花もけっこうあります。
毎年この季節、ナスタチウムは毎年欠かしたことがないくらい、好きな花です。
最近は、青色にこだわっているせいもあって、花壇全面に咲かせることはなくなりましたが、数株買ってつり鉢にしたり、鉢植えにしたりして、楽しんでいます。

去年の買った苗は久しぶりに大きな鉢に植えて、高く仕立てようとしましたが、ぜんぜん、茎が長く伸びません。

     去年の様子                        10年位前の写真
0706020010_3 0706010007 






















左は去年の様子。
こんもりときれいに咲きはしましたが、せっかく組んだ竹に絡んで上に伸びていかず、ちょっとがっかりでした。
右は10年前の写真 (残念ながら伸び始めたばかりのこの写真しか残っていません)
植えたばかりでもすぐ茎が長くのび、葉の茎が柳の枝に絡みついて上に昇り、葉も花も密集するととてもきれいだったのです。
最近のナスタチウムは、徒長しないように改良されたのでしょうか?

種ならどうだろう?
それならと、今年は種を蒔いてみました。

吊り鉢に植えたのは、早々と花が咲いていますが、茎は長く伸びません。
0504120017











0504120023もうひとつは、深い鉢に植えて、大きく育ててみることにしました。
確かに同じ時期に蒔いたとは思えないくらい大きく育ってきましたが、花は未だに咲きません。
植える環境が違うとこうも成長が違います。
徒長とはいかないけど、大きく育つだけあって、茎は上へ伸びようとしていますが、昇っていくほどではありません。
これから、どこまで伸びてくれるかな~?

やっぱり、低くこんもり咲くように改良してあるんだな~。

昔のように、長く垂れ下がったり、ひょろひょろ上にのぼるナスタチュウムをもう一度売り出して欲しいなと思うのは私だけ?

ん? 今咲いてる花の種か、その種から育てた種は、先祖還りして、元にもどるかな?
ちょっと試してみたいナスタチウムへのこだわりです。

|

« 畑のめぐみとブログのめぐみ | トップページ | ストレプトカーパス大?研究 »

コメント

pencilsissiさんへ
はじめまして。空色ガーデンへコメントありがとうございます。
sissiさんのブログも、少し拝見させていただきました。
緑豊かなベランダガーデン。
軽井沢の素敵なガーデン。
やっぱ、東京やな~、垢抜けてるな~。
また、覗きにいかせていただきますのでよろしく。
ナスタチューム、とても詳しく教えていただきありがとうございます。
つねづね、普通の園芸店では、草花の種類については、かなりアバウトに売られているものだとは思っていましたが、ナスタチュウムだけでも、こんなに奥が深いってことですね。
以前は、そのクライングタイプが主流だったことになる訳でしょうか?
この斑入りのタイプも、種の袋にはまったく説明がなく、本当は単色の葉のほうが好きなので、ちょっとがっかりだったのです。
好みを選んで、種を買うには、探す必要があるということですね。
とても参考になりました。
これからも、アドバイスいただけたらと、期待していますのでよろしく願います。

投稿: ネモフィラブルー | 2008年6月30日 (月) 09時47分

初めまして。
東京郊外のベランダで、ささやかにガーデニングを楽しんでおりますsissiと申します。
ネモフィラブルーさまのブログ、以前より、ちょくちょく拝読させていただいたていたのですけれど、ナスタチウムについて、コメントさせてくださいね。

私の拙い知識ですが、ナスタチウムは、一般には、漠然と苗で流通しておりますが、種類が結構あるようです。
また、クライミングするタイプと、ツルが伸びないタイプとあります。

最後の斑入りのナスタチュームは、「アラスカ」と思われます。
ナスタチュームは、葉色が濃いブラックジャックや、ティップトップマホガニーなど葉の色の明るい品種など、調べますと、さまざまあるようです。

お目当ての品種は(クライミングタイプとか)、種から育てるのがベターと思われます。
種は、比較的大きくて扱いやすいです。

これからも、楽しみに、拝読させてくださいね。

投稿: sissi | 2008年6月29日 (日) 00時27分

pencilminigardenさんへ
既製品の支柱では、すべって、うまく絡みつきませんが、植物だと寄り添うように茎が登って行きました。
柳はけっこういろんな風に使えるのですが、最近見かけなくなりましたね。
ここ2~3年くらいに、茎が長くならないこと気づきました。
鉢に植える場合は、こんもり仕上がったほうがきれいですからね。

投稿: ネモフィラブルー | 2008年6月27日 (金) 01時42分

竹や柳を使って支えを作るといいんですね。
なるほど~と感心しました!shine
ナスタチウムのもじゃもじゃしていくのが
すごく気になってましたが、これなら安心ですね。
ここ2年くらいは買ってなかったのですけど
すっきり育つように改良されたのかなぁ??

投稿: minigarden | 2008年6月27日 (金) 01時08分

pencilhiroさんへ
日当たりの悪いところと、種から(2代目)と言う条件だと、ツルは伸びるかもしれませんね。
昔は、花壇の一番前に植えて、長く垂らしていたので、そのイメージがありますが、最近の苗はこんもりと咲きます。
きっと、3代目くらいの種なら、そうなるのでは?とにらんでいますが、どうでしょう?
細かな枝を残した細い竹を、鉢の周りに6~7本刺して、上で束ねています。
クレマチスなんかも、こうすると簡単で、雰囲気がいいように思います。

投稿: ネモフィラブルー | 2008年6月26日 (木) 09時05分

ナスタチウムは私も好きで
毎年植えていましたが今年は植えませんでした。
昨年のコボレダネから、一つ庭に芽が出て咲きました。
凄く日当たりの悪い場所なので
蔓が上に伸びてツツジの上まで来ましたが
姿は乱れています。
一番下の写真の支柱は竹ですか?
とても自然な感じが素敵です。
真似して見たいです。

投稿: hiro | 2008年6月26日 (木) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 畑のめぐみとブログのめぐみ | トップページ | ストレプトカーパス大?研究 »