« 老いを見つめて②(診断) | トップページ | 老いをみつめて④(回復) »

2008年3月31日 (月)

老いを見つめて③(命の水)

0501160005 青い花々(116)
イオノプシデュウム

毎年こぼれ種で、庭のあちこちにたくさん咲いています。
小さくて、なんともかわいい花です。




介護師さんとの話の中で、すごいヒントをもらった。

ひとつは、
ホームの入居者は、1日の水分を1000cc摂取するように、きちんと一人づつチェックしていること。

水分の摂取量が少ないと、熱がでることがあるし、最近では認知症の原因になることもあると言われているらしい。
とくに寒い時期、高齢者はたくさん水分をとらない。
いつも、お茶と水はベッドのそばに置いていたが、飲む量は義母本人に任せていた。
食事の水分(お味噌汁、果物、牛乳など)も含めて、1日1000cc、ちゃんと量ることにした。

もうひとつは、
ウォシュレットに頼らず、なるべく自力で排便させること

義母は、ベットのそばのポータブルトイレで用をたすようにになってから、排便ができず、夫が水洗トイレまで抱いて連れて行った。
聞けば、もう何年も、便はウォシュレットの高温の湯を当てて、出させるくせがついていて、自力では出せないと言う。
それも、たいてい親指の先ほどの量しか出なかったらしい。 え~、そりゃあかんわ。
自力で排便出来るようになるまで、下剤を服用することにした。

この2つをはじめてから3日目、宿便と思われる大量の排便があった。
嫌がる入浴をさせて、タップリお茶を飲ませて、サテサテその晩、うちへ来てからはじめて朝までぐっすり眠った。
それどころか、朝食をとるとまた眠り、昼までスヤスヤ。
どうかなってしまったかと、何度も何度も息をしているか覗いてみた。

義母はこの日以来、すっかり薄着になり、食欲が増していった。
すっかり空っぽになったお腹から水分が吸収され、乾ききった体に満ち満ちていったに違いない。
吸収された水分は、体温に温められ、体を温める。
青白い頬が、薄くピンク色に染まってきた。

それまで、義母は異常な寒がりだった。
夫が「雪だるまみたいやな」というくらい、上下5枚ずつに、靴下は3枚、そのうえ、昼間でも布団を掛けて横になる。
それでも腰周りが寒いからと腰に毛布を巻き、足元には電気毛布。
ずっとそんな生活をしていたと言うし、痩せた人なので、そんな体質なのかな?と思っていた。
この世代の人は、節約のせいか、エコのせいか、あまり暖房をしない。
加齢とともに体の動きが緩慢になり、厚着をして、昼間から布団にもぐる。
体は、温めすぎて発汗するが、そんな意識もなく、水分は取らない。
寒さと体の不自由なせいで、お風呂へ入るのを嫌がり、血行を促すチャンスがない。
そこへ便秘が重なり、悪循環は体力を奪っていったと思える。
水こそが、命の源だった。

暖かい部屋、朝晩の着替え、入浴、歩行練習などなど。
義母自身に任せていた生活習慣を、私が規則正しく整えていった。
素直に私の指示に従ってくれた。

体は見違えるほど健康になったが、心のほうは?
次の難問が待つ。

 この記事は続くので、コメント欄は最終回に設けます。

|

« 老いを見つめて②(診断) | トップページ | 老いをみつめて④(回復) »