« ひこにゃん登場 | トップページ | 鯖街道から奥琵琶湖へ »

2007年11月15日 (木)

彦根のあたりは

                                                                              きのう、きょうは、つれづれさんに刺激されて              
精力的に2007_11140007記事を書いてみました。                   彦根城の天守閣

      
                                
母は、ひこにゃんよりも、お城のお堀の白鳥と、黒鳥に興味津々でした。  
えさをもらえると思って寄ってくるのですが、白鳥が、黒鳥にあっちへいけと追い払うのです。
母は、「そんなことしたらあかん、あんたのほうが大きいやろ」と白鳥を叱っています。
私たちの小さなころも、同じように叱っていました。
2007_11140006 母は、「ここは大きな街やな~」と彦根の街を見ると、いつも言います。
どうして、ここにいるのか?
何故、ここに来たのか?
いままで、どこに住んでいたのか?
わかっていないけど、ホームに慣れて安心したのかとても元気になりました。

彦根からの帰り道は、夕日に向かって走ります。
渡ってきた鴨の群れと、右に見えるのは、ウィンドサーフィンを講習中の若者達です。
2007_11140008











湖畔には、このあたり名産の漬物用に赤カブが、「はさ」に干してあります。
2007_11140009

|

« ひこにゃん登場 | トップページ | 鯖街道から奥琵琶湖へ »

コメント

あきのさんへ
あきのさん、お帰りなさい。
どんな旅だったのか、あとでブログに寄りますね。
日本は急に寒くなって、驚いたでしょう?
いつまで、こうして外に連れ出せるのかと思いつつ、できる限り大好きな湖を見せてやろうと思います。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年11月20日 (火) 19時39分

秋いっぱいのいい写真が並びましたね。その中のお母さんも、絵に溶け込んでいるように感じました。たいへんだけれど、大切な時間のように思えました。

投稿: あきの | 2007年11月20日 (火) 16時19分

咲子さんへ
私は、今はなにもしていないんですよ。
近くに呼び寄せたときは、毎日のように通っていましたが、いくらヘルパーさんと私が手伝っても、二人きりの時間が長く、体の不自由な父と、認知症のはじまった母はほんとに心細かったと思います。
今は、すっかり安心して、心穏やかになったのでしょう。
彦根の街は、風景もお店もステキで、女性の観光客が多いですよ。
機会があったら来てくださいね。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年11月20日 (火) 13時57分

すみれさんへ
うちの場合は、夫婦で暮らしていたので、なんとか頑張ってくれましたが、体が動かなくなったり、認知症がはじまって、こちらのほうに呼び寄せました。
しばらくは、ヘルパーさんに手伝ってもらって、なんとか暮らしましたが、限界がきました。ほんとは、うちに引き取るのがよかったかも知れませんが、本人にとって、きょうだいたちにとって、どうするのがベストかは、難しい問題でした。
幸いこの年まで、夫婦でいるのが、なにより有難いここと思っています。
すみれさんのおかあさんも、いつまでも一人で元気ではいられないでしょうね。
離れていると、いろいろご心配ですね。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年11月20日 (火) 13時47分

今日は秋が深まって来ましたね。お堀の白鳥と黒鳥そして見ておられるお母様、そんな事したらあかん、何とも温かい言葉です。私もこうして育てられ又私も孫達に同じ言葉で叱る事が有ります。お母さんの心が穏やかに成って来て良かったですネ。之もネモフィラブルーさんの優しい心の賜物です。白鳥、黒鳥の写真を見てても心安らいで来ます。又赤カブのはさに干して有る長閑な田園ムードは美しい田舎の心温まる風景で嬉しく成ります。

投稿: 咲子 | 2007年11月19日 (月) 11時22分

こんにちは~
ブログ拝見していて、胸が熱く成りました。
素敵に親孝行されているのですね。
お写真からも楽しい会話が聴こえてきそうです。
私の母は遠い田舎で周りに助けられて、一人暮らしをして居ます。
電話をかける度に弱音が聞こえてきます。
ネモフィラブルーさんのお母様とのお出かけを拝見し、反省の私です。
今宵はせめて電話での会話を楽しみたいと思います。
黒鳥、初めて見ました。イメージ的には黒鳥が強い様に思って居ましたが、
違うのですね。赤カブの「はさ」のお写真とても素敵です。

投稿: すみれ | 2007年11月18日 (日) 16時38分

minigardenさんへ
うちの場合は、ふたりで暮らした期間が長かったので、ホームで、いたれりつくせりしていただいて、心配事がなくなったのだと思います。さいわい、姉、兄も時々、顔を見せるので、母はうれしそうです。
こちらへ呼び寄せるまでは遠くて、きょうだい皆、たまにしか帰れませんでした。
物事をいいように、いいように考えようとする母のくせは、見習いたいと思います。
腕をかかえて、やっと歩ける状態ですが、外へ出ることをとても喜びます。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年11月18日 (日) 00時49分

ムムムさんへ
お元気でしたか?
うちの母は、父といっしょだし、二人はとても仲がよく、母はなんでも人に従いながら生きてきた人なので、すべて受け入れてくれるのだと思います。
ここ20数年、二人で誰にも迷惑かけず、頑張って暮らしてきたので、今はかえって、楽なのかもしれません。
何よりも母から学ぶのは、年とるほど夫婦は仲良くということです。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年11月18日 (日) 00時37分

Happyばあばさんへ
いつも、きれいな空をブログで見せてもらっているので、見惚れたと言っていただくのは、うれしいです。
湖はいつ撮っても美しいんですよ。
いろんな表情を見せてくれます。
ひこにゃんは、関西で有名かと思っていましたが、ブログに書いてみると、けっこう全国区だとわかりました。
かわいいんですよ。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年11月17日 (土) 23時57分

お母様がホームでお元気になられてよかったです。
夫の両親も1年前からホームに入りましたが、日々すったもんだがあるようで、義姉に頼りっぱなし。ありがたいです。義母はブルーさんのお母様と(たぶん)同様の状況ですが、外出はできない状態です。
安心して穏やかに暮らせるのが一番かと思います。ブルーさんとこうやって出かけられて、お母様は楽しかったことでしょう。

投稿: minigarden | 2007年11月17日 (土) 09時26分

久しぶりに書き込みができます。
里のわが母と対比して考えるせいか、ブルーさんのお母さんが、穏やかに過ごされている姿に安心します。
姉夫婦と暮らす母ですが、身体等が弱ってきているが寝たきりではない、直前の記憶ができないが、まだまだしっかりしている。サポートはいるがプライドが邪魔をすることが多々ある等々。穏やかな心境に至るには遠いのですが・・。記事をみて、ブルーさんのお母さんのように穏やかな心持が保てる日がくることを改めて願います。
JR彦根駅から彦根城を見ただけですので、このエリアもまた是非訪れてみたいと思います。

投稿: ムムム | 2007年11月17日 (土) 09時13分

つれづれさんへ
ちょっと頑張ってみましたが、たぶんこんな元気はもうでません(笑)
母は、環境のいいせいもあって、ホームにもすっかり慣れました。
いくら、誰かが毎日のように顔を出していても、二人暮らしは心細かったのでしょう。
安心したのか、おだやかな日々を送っているようです。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年11月16日 (金) 22時41分

この湖の写真いいですね~
見惚れてしまいました。
こんなところでお母さんとゆったりした時間を過ごせてよかったですね。

ひこにゃんは初めて見ましたし、そんな大変な事態になってることももちろん知りませんでした。
どんないきさつがあるのかわかりませんが、円く治まってほしいですね。

投稿: Happy ばあば | 2007年11月16日 (金) 22時35分

chiyomiさんへ
ひこにゃんは、いかにも子供の好きそうなキャラクターです。
半年前には、こんなに人気がでるとは思わなかったのに、面白いものです。
母は、前のマンションのことは、まったく覚えていませんが、ホームの生活にも慣れ、琵琶湖や、木々の緑が側に見えるので、喜んでいます。
体が不自由でも、そばに父もいるのは、とても有難いことです。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年11月16日 (金) 21時07分

精力的なネモフィラブルーさんも
そうでないネモフィラブルーさんもどちらも
大好きなつれづれで~すヽ(*^^*)ノ
お母さまと彦根におでかけだったのですね。
「どうして」と「なぜ」がいっぱいわかることより
笑顔で元気なことのほうが大切な気がします。
穏やかな時間が彦根の風景といっしょに伝わってきました。
ひこにゃんは 昨日もTVで話題になっていましたよ。
縁起のいいひこにゃんのことですもの きっと丸くおさまるにちがいありません。

投稿: わがままほうだいのつれづれより | 2007年11月16日 (金) 16時10分

彦根のお寺にだるまさんもあったけど“ひこにゃん”なんともかわいいキャラクターですね。お孫さん喜ばれますよ。我が家もやっと絵本に興味を持ってくれるようになりました。
お母さんとのおでかけをこんなきれいな写真でつづることができる…ブルーさんの心映えをあらわしている気がします。
元気になられてうれしいブルーさんの気持ちが伝わってきます。
赤カブが全体をぎゅっと引き締めています。

投稿: chiyomi | 2007年11月15日 (木) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひこにゃん登場 | トップページ | 鯖街道から奥琵琶湖へ »