« んっもぉ~、パか?バか? | トップページ | 寄せ置き秋バージョン »

2007年10月15日 (月)

無量大数の彼方へ

ホテイアオイの群生の記事に、北富さんがコメントで「かなりの株数が‥‥」と。
かなりどころの数ではない。
どのくらいと表現すればいいのかな?
と考えて、思い出した。

子供達が小さい頃、山陰の実家に、車でよく帰省した。
三人の子供達は、後部座席で、ころころと遊んだり、おしゃべりしたり。
6時間くらいかかる長旅は、年の離れた小さな二男にとって、たいくつが極まる。
何度となく、「あとどのくらい?」とたずねるたびに、上の二人の姉と兄は、
「むりょうたいすう~!」と大きく声を合わせる。
「あ~あ」と、気を落す弟の姿が面白くて、すぐ近くに来ても「むりょうたいすう~!」は続いた。

どこで覚えたのか、子供というのは難しい言葉を覚えると盛んに使ってみる。
そのとき、私もはじめて知った言葉、「無量大数」は、難しい定義もあるけれど、簡単に言うと、限りある最大の数。
限りのない「無限大」とはちがう。

私の載せたホテイアオイの写真は内湖のほんの一部で、よく見るとわかりますが、対岸にもびっしりで、その数はどんどん繁殖している小さな株も合わせると、まるで「無量大数」
ちょっとおおげさか(笑)

学生のとき、比良山頂に宿泊して仰いだ夜空に、隙間なく敷き詰められていた星々。
はじめて行った南の島、フィジーで見た銀河の星々。
あの星々こそが、無量大数。
あれは、どちらも秋だった。
もう一度見たいな。  満天の星。  無量大数の星々。

まだまだ咲き続けるうちの庭の南十字星(白いサザンクロス)
0710140003












0710140011
青い花々(109)

サルビアライムライト
正式の名はほかにあるのかもしれませんが、お店ではこの名で販売していました。
ライム色の花穂に綺麗な青紫の花びらが美しい。
寄せ植えに使いたいのですが、まだポットのまま置いてます。
早くしないと、この涼しさでは、もう花が終わっちゃいそう。

|

« んっもぉ~、パか?バか? | トップページ | 寄せ置き秋バージョン »

コメント

ムムムさんへ
無量大数なんて、学校では教えないですよ。
子供のころは、ちょっと耳にかじった難しい言葉をいかにも知ったように使ってみるものですね。
さっき、姉が℡をしてきて、近江八幡のもホテイアオイだよと教えてくれました。
増えて増えて困るのだそうです。
私、何年もすんでて、水郷めぐりってしたことありません。
ciyomiさ~ん、皆が教えてくれましたよ。
うれしいね~。
ムムムさん、ちなみに私の姉はカヨちゃんです(笑)

投稿: ネモフィラブルー | 2007年10月19日 (金) 11時08分

あきのさんへ
ライム色のサルビアは、花のがくのところがライム色で、花びらは青紫なんですよ。
とてもおしゃれな色合いです。
花マニアは、見慣れていてもあきのさんのように、珍しい、初めてだと言ってくださる方がいると、載せてよかったなとこちらまでうれしくなります。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年10月19日 (金) 11時00分

無量大数って、うちの子の口から聞いたことなかったような。ちゃんと勉強してたのかな。当方も聞くの初めて。
楽しいエピソードと一緒に教わったからきっと忘れない。
白色のサザンクロス、素敵です。
chiyomiさんとの近江八幡の水郷の浮き草の件・・・横っちょからご無礼しますが、chiyomiさんが言われるのもホテイアオイと思われます。水郷めぐりした時、咲いていました。船をおりる時に、船頭さんが、お土産に持っていったらと乗客に勧めていました。
ブルーさんの記事のほどは咲いていなかったと思いますが、きれいでしたヨ。

投稿: ムムム | 2007年10月18日 (木) 21時21分

いつもここのコメントは繁盛しているので、書こうとしては、引っ込んでしまいます。
ほんと、花が珍しくきれいだもの。一筆書きたくなるよねえ。
今日も黄色のサルビア。初めてだし、上の白い花も珍しいです。

投稿: あきの | 2007年10月18日 (木) 17時24分

chiyomiさんへ
chiyomiさんの、お父さんへの愛は∞では?
水郷めぐりは、遠くから見るだけで、気がつかなかったけど、真夏だときっと少しはさくのでしょうね。
このホテイアオイの群生は、長い間近くにいて、はじめて気づいたので、きっとこのところの温暖化で大繁殖しているのだと思います。
こんど八幡に行ったら、気をつけて見てみます。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年10月18日 (木) 10時12分

つれづれさんへ
さすが、つれづれさんちの兄弟は、向学心旺盛です。
うちの子は、ただただ、とてつもなく大きな数字ぐらいにしか理解していなかったと思いますが、この話は、よく思い出して皆で笑ったものです。
日本海のフェリーは、みどりも一緒に連れて北海道に行きたいなとあこがれています。
今でも、星がきれいなのかな?

投稿: ネモフィラブルー | 2007年10月18日 (木) 10時04分

ossさんへ
数学用語なので、私も子供達が言ってなければ、縁のない世界の単語です。
でも、知らなかった言葉を知るって面白いですよね。
うちの、コクネシアは、すごいいきおいで、花壇はピンクガーデンです。
ライムライトは、色のコントラストがとてもきれいで、きっとossさん好きな色だと思います。来年当たりは出回るのでは?

投稿: ネモフィラブルー | 2007年10月18日 (木) 09時53分

お父さんへの愛はどのくらい?…「無量大数」
あとどのくらい?…「無量大数」
限りのない「無限大」ではないのです。(^o^)
近江八幡の船で水郷巡りの時見られるのもホテイアオイですか?花が咲いていない時期だったのですが、株がぷかぷか浮いていました。

投稿: chiyomi | 2007年10月18日 (木) 00時49分

そういえばこどもたちが一十百千万・・・と
大きな数の学習の時、チャレンジかなにかに
のっていた無量大数まで位取りを
覚えようとがんばってましたっけ。
無量大数に星をながめたのは
舞鶴から船にのって北海道にむかった
船の上の20歳の私。う~んなつかしい。
ネモフィラブルーさんのおかげです。

投稿: つれづれ | 2007年10月17日 (水) 13時54分

無量大数・・この年にして初めて知った言葉です。有難う!!
いつものことですが、とってもいい文章で、ウットリです。
サルビアライムライト・・こちらではまだ見かけません。サルビアコクネシア、ピンクも白も好きですが、これもまだいい色ですね。

投稿: oss102 | 2007年10月17日 (水) 12時14分

日向夏さんへ
フフフ、なんでも無料はいいですね。
私も、数十年ぶりに思い出した単語ですが、北富さんに、こんなに詳しく説明していただいて、ブログで生涯学習を受けられて、ラッキーです。
カメラもマニアのようですし、一度北富さんのブログものぞいて見られたらいかがでしょう?
北富さんも、カトレア分けてあげたら、きっとお喜びじゃないかな~?

投稿: ネモフィラブルー | 2007年10月17日 (水) 09時57分

あきのさんへ
秋の真ん中にいると、意識しなくても、秋めいた文になるんでしょうか?
なんだか、あきのさんのコメントのほうが、しっとりしていて、ノスタルジーな気持ちになりました。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年10月17日 (水) 09時38分

『無量大数』ってこんなの辞書に出てるの?
変換すると『無料大数』になるよ・・・
なんて、コメントする前に、ちょっと待てよ・・・
で、さっそくWikipediaで調べてみたら、
出てきましたわ、びっくり。
10の68乗とか88乗とかいう説があるんですね。勉強になりました。
追伸;北富さん、くわしい説明ありがとうございました。

投稿: 日向夏 | 2007年10月16日 (火) 20時11分

秋の文章ですねえ。そこはかとなく、じっくり書かれていて、郷愁をさそう感じのしっとりさがあって、秋ですねえ~。

投稿: あきの | 2007年10月16日 (火) 13時21分

Happyばあばさんへ
子供は、難しい言葉を訳もわからずよく使いますね。こっちも勉強しちゃいます。
私の故郷はもっと東ですが、米子は、子供のころからよく遊びに行ったし、数年前、息子が住んでいたこともあって、なじみ深いです。
大山の山開きは、いつも登っていましたよ。
お魚は美味しいし、いいところですよね。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年10月16日 (火) 12時45分

咲子さんへ
きょうは、面白いけど、難しいお話になりました。
サザンクロスは、大きなポリポットに植えて、寄せ植えの鉢に入れています。
夏は、涼しいところに置いていますが、冬は少々寒くても、雪が降っても枯れません。
花の咲く期間も長く、地味だけどおりこうさんですよ。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年10月16日 (火) 12時34分

北富さんへ
サザンクロスは、数年前に小さな苗買ったのですが、環境になじんだようで、庭の片隅にほっといても、枯れずにいます。
夏の高温多湿に弱いとおもうので、砂の多い土で、乾かし気味にしています。
私は、ピンクは失敗するのですよ。
無量大数についても、詳しく教えていただいてありがとうございます。
すごく面白くて、こうして噛み砕いて説明してもらえるとわかりやすくて、感謝です。
「不可思議」、「極」なんて日本語も、そこからでた言葉なんでしょうか?
那由侘も聞いたことがあります。
漢字文化の数の呼び方で育ったから、未だに桁の多い金額を読むときに、点がうってあっても分かりずらく、一、十、百,千と一の位から読み直してしまう訳ですね。
洋数字ってのは、シンプルそのものなんですね。
まあ、桁数の多い金額と縁のない生活をしているせいでもありますが(笑)
コンマ以下は、例のナノの世界ですね。
1μmを5万倍すると50mm?
何を見てるのでしょう?
昔見た「ミクロの決死圏」って映画も、まんざら夢ではない?
ナノテクノロジーで世界は救えませんか?

投稿: ネモフィラブルー | 2007年10月16日 (火) 11時57分

コーラルさんへ
ホテイアオイの咲く池ってきれいだけど、気温が高くないと育ちにくいんでしょうね。
ガウラの無量大数は、きれいでしょうね。
一株でもどんどん大きくなって、長く咲いて、きれいですよね。
そういえば、コーラルさんのところは、草のように出てくるんでしたね。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年10月16日 (火) 11時21分

「無量大数」なんだか昔々に聞いたような?? 何かで見てもきっと残らないからやっぱり子供たちが何度も言ってたんでしょうね。
ご実家山陰ですか?
米子に3年いました。子供も小・中学生だったので、大山やら海やらよく行きました。
ホント楽しい所でした。

投稿: Happy ばあば | 2007年10月16日 (火) 08時02分

今晩はホテイソウノの無量大数、此の言葉始めて知りにました、無限大は時々何かに付けて冗談ぽく話す時も有りますが、その違い中々難しく底が深そうですね。難しいお話はこの辺で白のサザンクロス可愛い地植えですか、私も今年初めてピンクのサザンクロス買い寄せ植えをして見ました。中々可愛らしいお花で好きに成り大きく出来たらと細やかな期待をしています。

投稿: 咲子 | 2007年10月15日 (月) 23時44分

コメント2: 「無量大数」 私目このような話大好きです。ネモフィラブルーさんのブログで以下勝手に書かせていただきます事お許しください。
「限りある最大数」さてその限りとは? 10の68乗、何と1の後に0が68個も付く。子供達の会話「後、どの位?」「無料大数」。ウーン、これは指数であって「単位」を持たない。で、時間の最小単位「秒」で考えると、「後、どの位?」「無量大数・秒だよ」「エッ、まだ3X10の61年もかかるの?」「そうだよ、30那由侘(なゆた)・年だよ」。となる。那由侘は10の60乗。ちなみに1年は31,536,ooo秒で計算した。
無量大数の下のケタは「不可思議」ですね。10の64乗。「極」は10の48乗」。億は10の8乗、兆は10の12乗、京は10の16乗、そうなんですね、漢字桁は4桁区切りなのですね。洋数字の桁は3桁区切り、kilo,million,billion、ですね。なので3桁区切りで書かれた数字を日本語で読むと読みづらいのです。
さて、大きな数の話をしましたが、小さい数もまた面白いです。ちなみに私の会社での長さの日常使用単位はマイクロメーター(μm)です(10のー3乗mm、0.001mm)。今日は1μmのものを5万倍で見てきた(何のコッチャ)。てな具合。

で、ホテイアオイは無量大数でしたね。

投稿: 北富 | 2007年10月15日 (月) 22時20分

コメント1: まずは、花の話から。白のサザンクロスいいな! 去年購入したのですが1年でダメにした。前に育てたピンクは数年もちかなり楽し見ました。これが忘れられず購入を続けるのですがナカナカ以前のように育ってくれません。今年はピンクを買ってきました。これは育って欲しいです。

投稿: 北富 | 2007年10月15日 (月) 21時27分

無量大数って、はじめて聞きました。
ホテイアオイ、うちの池では消えてしまいました。
私は、コーラルニンフで無量大数を目指そうかな。
ガウラは、近づきつつあります。

投稿: コーラル | 2007年10月15日 (月) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« んっもぉ~、パか?バか? | トップページ | 寄せ置き秋バージョン »