« 里山遊覧飛行 | トップページ | カナヅチみどり »

2007年9月18日 (火)

過酷な虫の世界

デュランタは、きょうも虫ざかり
左から、ツマグロヒョウモン、カマキリ、アゲハチョウ。
0709140027



                                 近くに飛んできたら              あっという間に捕まった

Photo Photo_2













Photo_4小さな苗に育ってきた葉牡丹に、オンブバッタがいました。

アレ、2匹も背中に。
ほほえましい親子のようですが、背中にいるのはオスで、どうも三角関係のようです
どちらが横恋慕?
それにしても、葉牡丹食べ過ぎてませんか?
それも、食べるのはほとんどメスだけだそうです。
カマキリも、最後はオスを食べてしまうと言いますし、どこの世も、女恐るべし???

小さな庭で、小さな命は、日々命をけずって生きながらえているのでした。


|

« 里山遊覧飛行 | トップページ | カナヅチみどり »

コメント

minigardennさんへ
思わず蝶を逃がしてやろうかと思いましたが、自然の摂理に逆らってはいけないと写真まで撮ってしまいました(笑)
やはり、肉食のカマキリは、姿からも嫌われ者で、損な役回りです。
今年はいつまでも暑いので、いまだに虫に食われまくっていますね。いつになったら、涼しくなるのでしょうか。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年9月20日 (木) 11時00分

本当に虫ざかりだ!
カマキリさんは、さすがハンターですね。
相手が悪すぎて、捕まったのは気の毒な感じ。
世の中、食うか食われるかで、どこも厳しいです。。。
うちの葉っぱもバッタや青虫でたいへんなことになってるので、
気もちとしてはカマキリさんの味方なんですが。

投稿: minigarden | 2007年9月19日 (水) 23時47分

つれづれさんへ
なにしろ健忘症がでてきたこのごろ、はっきりは覚えていないし、つれづれさんのように園芸記録もつけていないし、不確かですが、
葉も茎も、かさかさ状態で、出ていたように思います(20センチくらいかな)
軒下なので、とても乾燥していた土のところです。まったく出ていないのは、長雨で、消えたかもしれませんね。
秋になってもなければ、ちょっとあやしいね。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年9月19日 (水) 18時17分

ネモフィラブルーさん、うちのルナリア
地上部に葉っぱが1枚もないんです。
その状態で 来春新芽はでてきますか?
宿根花壇の一番奥に植えていたので
ひょっとしてくさっちゃたのかな?と
心配になってきました。昨年の今ごろ
ネモフィラブルーさんのところのルナリア
は、どんな状態だったかおしえて下さい。
よろしくお願いします。m(__)m

投稿: つれづれ | 2007年9月19日 (水) 14時43分

マウンチョ!!さんへ
ホントに毎日暑いですね。
昼と夜の温度差が大きいですよね。
昆虫はよく動くので、思うような写真がなかなか撮れませんね。
その点、チョコちゃんはいつもカメラ目線でおりこうです。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年9月18日 (火) 23時47分

つれづれさんへ
今晩、ゆっくり読ませてもらいます。
たしかに以前は「デュランタライム」って言ってましたね。刈り込んで、新芽を楽しむ大好きな観葉でした。
あれを伸ばしていたら、花が咲いたのかな~?

投稿: ネモフィラブルー | 2007年9月18日 (火) 23時40分

日向夏さんへ
定年後の楽しみのため、今から足腰鍛えておく必要がありそうですね。
つれづれさんがお気づきのように、「デュランタライム」のことでしょうか。
デュランタは、以前は、ライム色の葉が綺麗な観葉として売り出されていました。
沖縄では綺麗にカットして、生垣にしてありましたよ。
うちのは、「デュランタ宝塚」と言いますが、同じでしょうかね?
私も、後ほど、日向夏さんのブログにおじゃまいたします。これからも時々、のぞいてくださいね。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年9月18日 (火) 23時32分

庭に出て、水巻とかしていたら 急にバッタが飛んでビックリ!!
チョウチョもよくやってきます。
でも なぜかそんな時にかぎってカメラがなくて収められません・・・。(残念)
日中はまだまだ暑いですが、虫たちの姿・鳴き声を聞いていると 秋を感じます♪

投稿: マウンチョ!! | 2007年9月18日 (火) 22時04分

すみません。取り急ぎ送ったので、手紙も入れていませんでした。
でも無事ついて安心しました。どうぞ ゆっくり読んでください。
あら、日向夏さんがおみえになってる~♪こんばんは!
「デュランタイム」って たぶん「デュランタ ライム」のことだと思います。
すみません。横から口をはさんでしまいました。

投稿: つれづれ | 2007年9月18日 (火) 21時48分

さっそくの"コメント返し"に感謝します。
定年退職後に出来るとは?、先々の楽しみが出来ました。
『デュランタ』のことですが、我が家でもいただいたモノが花を咲かせていますが、始め、『デュランタイム』と聞いていたのですが間違いでしょうね。
この花は、よく"虫"(害虫じゃないけど)が来ますね。熊蜂・蝶がよく来ます。
これからも時々お邪魔させてくださいませ。

投稿: 日向夏 | 2007年9月18日 (火) 20時18分

kyutarouさんへ
このところ、昼間の日射しは、まるで真夏ですね。
うちのハイビスカスが喜んで咲いています。
庭にいると、いろんな動物のいろんな生態に出くわして、面白いですね。
これも、ブログを始めてから、いろんな事象に目が行くようになったおかげといえます。
女恐るべしというべきか、男はつらいよと言うべきか?

投稿: ネモフィラブルー | 2007年9月18日 (火) 17時05分

つれづれさんへ
えへへ、だだちゃさんの駄じゃれ?の域に達してきたでしょう?
バカの一つ覚えみたいに、楕円にくりぬいて透過しております。花と虫のシリーズを作ろうとたくらんでいます。
さっき、本が届きました。ありがとうございました。
お手数かけちゃいましたね。
気になっていた、ページを先に見てしまいました。なるほど、描かないほうが、はっきり見えることもあるってことですね。
しばらく、お借りします。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年9月18日 (火) 16時55分

ポエポエさんへ
アハハ、「蝶々一斉飛び立ち事件」は、長い後遺症が残って、やっと普通に動けるようになりました。
パラグライダーに乗るどころじゃなかったな~。
カメラばかりのぞいて、溝に落っこちないよう気をつけま~す。
この写真は、カマキリも蝶に夢中で、私に気づいていませんでした(笑)

投稿: ネモフィラブルー | 2007年9月18日 (火) 16時39分

こんにちは残暑厳しいですね♪
デュランタと昆虫の一生を見せてもらいました、最後の、女恐るべし?同感ですね・・・
どこかのブログに、動物の世界も雄は美しく
ても雌に選ばれて、女は強いとコメントが有りました、通じる所があるな~と?
人間の世界も若者の世代はそうなってしまいさしたね~・・・

投稿: kyutarou | 2007年9月18日 (火) 16時35分

ossさんへ
デュランタはとっても綺麗ですが、育てるのは温度とお日様さえあれば簡単なんですよ。
小樽は温度が問題なんですね。
温暖化が進んだら、小樽でossさんがデュランタを育て、私はマンゴーでも育てることになるかもしれませんね(笑)
笑い事ではないか。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年9月18日 (火) 16時32分

micoさんへ
人間も最近は、女が強いのに、子孫繁栄とはいきませんね(笑)
虫達にとって一番怖いのは、人間でしょうね。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年9月18日 (火) 16時24分

Happyばあばさんへ
子供達が小さい頃は、セミの幼虫のを観察したり、アリをたくさん育ててみたり、親のほうが面白がってやっていたように思いますね。
美しい花の陰で、小さな命たちは、食べて、増やすために過酷な日々を送っていました。
少々、花や葉を食べられても許してあげよか。
いや~ん、少々じゃな~い。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年9月18日 (火) 16時22分

笑顔のたんぽぽさんへ
虫の世界も、花の世界も子孫繁栄の努力を惜しまず、オスは涙ぐましい限りです.
鈴虫もそうなんですか。綺麗とは想像のつかない世界です。
日本の女性も、こんなに強くなったのに、子孫繁栄とはいかないのはなぜか?
オスを必要としなくなるほど、強くなりすぎたのかな(笑)


投稿: ネモフィラブルー | 2007年9月18日 (火) 16時09分

”虫ざかり” ホントホント(^.^)
言い得て妙 の 写真たちですね。
サークルの切り取りも透過処理も
バッチリ♪バッチリ♪
ネモフィラブルーさんのうでにかかったら
パソコンの向こうのできごとが
すぐそばで起きているようで 楽し~い。
私は 虫たちにカメラをむけている
ネモフィラブルーさんを写したいなぁ~。
すごくいい写真が撮れると思う。ウンウン

投稿: つれづれ | 2007年9月18日 (火) 13時53分

スゴイ瞬間が撮れましたね~♪
相手は動くし、飛ぶし、なかなか決定的瞬間を撮るのは難しいですよね~。と、ここまで書いたら先日のネモフィラブルーさんの、「蝶々一斉飛び立ち事件」を思い出しました。くれぐれも気をつけてくださいね~(笑)

投稿: ポエポエ | 2007年9月18日 (火) 13時34分

命を産み育てる使命のあるメスは、たくましく、過酷に出来ているようです。
デュランタ、憧れの花ですが、こんなに咲かせるのは難しいそうですね。
こちらもサルビアの葉がなにものかに、ひどくかじられています。

投稿: oss102 | 2007年9月18日 (火) 11時19分

自然界で生きていくのは厳しいですね。
子孫繁栄のためにメスのほうが強いようですね。

投稿: mico | 2007年9月18日 (火) 10時40分

昨日の大雨でデュランタの花がだいぶ落ちてしまいました。残念!

息子が小さい頃アゲハの幼虫を見つけてうちで育てたことがあります。
全部見届けて大感激したのですが、息子の反応は???
自分が飛び跳ねているほうが楽しいほうでしたので。
自然界は容赦ないですね。そうやって生きつないでいってるんですね。

投稿: Happy ばあば | 2007年9月18日 (火) 09時30分

おはよう~~
みんなメスがオスを食べて産卵するのですね
我が家でも鈴虫を飼っていますが、最後はオスを食べてパンパンのお腹になって卵を産みやがて一年の命を閉じていきます・・・
見るのは辛いです・・・

投稿: 笑顔のたんぽぽ | 2007年9月18日 (火) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 里山遊覧飛行 | トップページ | カナヅチみどり »