« セブ島から①(リゾート) | トップページ | セブ島から③(島の生活) »

2007年9月30日 (日)

セブ島から②(秘境へ)

日本からだと、マニラへ飛行機で3時間半、乗り換えてセブ島へは1時間半。
そのセブ島から高速船で2時間のボホール島に渡り、再び舟で、川をのぼって、原住民地区に入りました。
今は、観光客が、収入源になっている人たちも、暮らしはまだ昔のままで、洞窟に住んでいます。
若い男の子と太鼓たたいてきちゃいました    川に面した洞窟が住まいです
0709240015 0709240017











0709240018 奥地に住む手乗りメガネ猿は、17センチくらいで、こおろぎを食べます。
見られるのは、フィリピンでも数箇所だけ。
5年に1匹しか子供を生まない、希少な猿は、他に移すと自殺してしまうそうです。


右はコウモリ(30センチ前後)。
Photo_3 0709240022











数億年前、サンゴ礁が隆起して山になった、チョコレートヒルズ。
石灰質のため、木が生えないので、草の枯れているときはチョコレート色です。
眼下の密林にポコポコと丸い大きな山々が延々と続き、壮大です。
0709240024















マゼランに発見され、
スペイン統治がつづいて以降、500年の歴史の教会は、今でも島の小学校として使われています。
古い教会の中では、今も毎日ミサがあります        
0709240006_2 














ボホール島も稲刈りでした(手作業です)                         
0709240023











0709240009_2 村の鍛冶屋さん。
子供のころ、お となりが鍛冶屋さんだったので、とてもなつかしかった。




|

« セブ島から①(リゾート) | トップページ | セブ島から③(島の生活) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セブ島から①(リゾート) | トップページ | セブ島から③(島の生活) »