« ミニばら フェアリーウィング | トップページ | 大津の大花火大会 »

2007年8月 7日 (火)

まだ夢の中?

息子の家族がやってきた。

毎日のように夢をみては、朝の目覚めとともに現実に引き戻され、辛い想いを味わっていたこの半年。
説明のできない理不尽な状況に追い込まれた息子と、私達夫婦は、来るともしれない再会を心の隅に追いやって別れた、つらいつらいこの冬だった。
「○○を信じて、何年でも待っているから」と息子に言ったときの、大人になってはじめて見せた息子の涙。
それだけを信じて、何年でも、凛とまっすぐ待っていようと夫と誓い合った。

2ヶ月前に無事に二人目の男の子が産まれたと、数枚の写真とともに知らせてきたが、会いに行くことも、お祝いもできず、いつか渡せる日が来た日のためにと、出産祝い、こどもの日、お誕生日と通帳に書き込みながら、二人の会えない孫達に預金をすることで、自分をなぐさめてきた。

私の腕の中に、2ヶ月になったSちゃんがいる。               兄 弟           
0708060016_2 夫のひざの上に、じいじい、ばあばあとしゃべれるようになったOちゃんがいる。

何も話さないけど、息子、嫁のやさしさが伝わってくる。
この1年ほどの息子の苦労を想い、切なく、頼もしく見つめた。

「夢のようやな。夢なら、醒めるかもしれへん」
私は、お昼寝中の二人のかわいい孫達を見ながら、夫にそう言った。

「夢でもいいやんか。こうして逢えたんや」

里山を、Oちゃんとみどりと夫と歩いた。
Oちゃんが「みどりー」と呼ぶと、みどりは大急ぎで走りよってくる。
こんな幸せが、こんなに早くもどってきた。

私は、まだ夢の中にいるようだ。

|

« ミニばら フェアリーウィング | トップページ | 大津の大花火大会 »

コメント

ちひろさんへ
ありがとうございます。
皆さんによかったねと言っていただき、夢じゃないと実感しています。
長い人生、想像もつかない出来事がおこることがあると経験しました。
こどもは、いずれ親元をはなれ、自立するものと心得ていますが、やはり親子の絆は大切にしたいし、いくつになっても、親、子の存在は生きるよりどころになっているんですね。
立派な親じゃないけど、いつもどこかで見守っているよとのメッセージだけは発信し続けていたいと思います。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年8月11日 (土) 09時58分

ご無沙汰しました
暑い日が続いていますがお元気ですか?
小道も暑い暑いと言いながらおかげ様で元気にしています
何度も何度も読ませて頂きました
熱いものが込み上げて来ました
静かに黙って待つどんなに辛くても
ブルーさんご夫妻は温かく大きい方ですね
何時かそんなに遠くない日私たちから巣立っ行く一人娘にどんな時でもブルーさんご夫妻の様に温かい大きな心でじっくり構えていてあげられるでしょうか
そんな母になれるでしょうか
親子の絆ですね
良かったですね

投稿: ちひろ | 2007年8月11日 (土) 06時30分

kyuutarouさんへ
ありがとうございます。
子を持つと、長い人生いろいろあるんですね。
いくらがんばっても、どうにもならない時があるものです。
kuutarouさんも、今の幸せは、そんなご苦労の後で得られたものなのですね。
身を切られるような辛さとは、ほんと言い当てています。
これからも、まだまだ危なっかしい日は続くと思いますが、kyuutarouさんのように、笑って過去を振り返れるようになりたいと思います。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年8月10日 (金) 08時21分

ネモフィラブルーさん、こんばんは、しばらく覗かない間に、いろいろな事を耐えて居られたのを知り、8年前息子一家に突然襲った不幸でシヨック状態になり、心筋梗塞を起こしました、親とは辛いものですね、見守る事位しかできないのわ、・・・なんとも身を切られるより、辛いですね、でも、お孫さんとの楽しい日々を優しいお嫁さん、息子さんとの再会を、お大切にね・・・
深くは解りませんが、何も知らずに、ブルーさんの思いやりの深さに心、惹かれていました、我が家も、今は幸せな暮らしが戻りました、お互いに楽しい人生にしましょうね。(^^♪

投稿: kyutarou | 2007年8月10日 (金) 00時21分

ゆさんへ
ゆさんの子供達は、自分の子供の小さい頃も思い出しますが、孫のことも思い出し、孫の成長を見るようでした。
夢じゃないようだし、とても幸せですよ。
ありがとう。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年8月 9日 (木) 01時26分

咲子さんへ
ご心配をかけてしまいましたね。
ありがとうございます。
なんとか元気にしていましたが、いつも氷の塊が心の中にあるようでした。
この度で一気にとはいかないでしょうが、これからも、息子達を信じて待っていようと思います。
ブログの皆さんは、皆さん、優しくて、こんな方々に心配かけちゃまずいなというのが、私の率直な気持ちです。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年8月 9日 (木) 01時21分

ロココさんへ
普通では想像できないようなことなので、話は見えなくて当然ですよ。
見えないほうが、幸せです。
良いことが起こったのです。
ありがとう。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年8月 9日 (木) 01時09分

ジェフママへ
ありがとう。心配かけてごめんね。
みどりまで、元気なかったのかな?
Oちゃんが、こんな大きな犬も平気なくらい犬好きで助かりました。
近所の犬仲間に逢えて、Oちゃんもとても喜んで、何度も外へ出たがりました。
またこんど来たら、ジェフに逢わせてやってくださいね。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年8月 9日 (木) 01時00分

chiyomiさんへ
ありがとう。
以前、chiyomiさんへのコメントで、Oちゃんと別れるとき後を追って泣かれ、辛かったと書いたことがありますが、その声と姿を一日たりとも忘れられませんでした。
私の姿が見えないと、「ばあばは?」と探してどこでもついて来ます。
近くに住んでないので、chiyomiさんのようにはいかないけど、こんな日来ただけでも、とても、うれしいことなのです。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年8月 9日 (木) 00時42分

つれづれさんへ
ありがとう。
想像もつかないことが起きたように、また似たような想いをすることが起こるかも知れませんが、夫が言うように半年前が、最低だからこれ以上悪いことは起きないし、息子を信じて待つことができたので、なんだか怖いものは無くなりました。
流石に、この半年楽しい文が書けなくなっていましたが、少しは変わるかな?
去年の、誕生日の記事で夫と一週間違いと書いてますが、実は私のほうが一週間早いのですよ。
あっ勘違いさせちゃったかなと思ったけど、
まあいいかと思ってたら、ちゃんと覚えていてくれたんですね。
1週間とはいえ、若くサバよんでました(すいませ~ん)
クリトリアってはじめて聞く名なので、楽しみです。落ち着いたら、後ほどゆっくり伺います。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年8月 9日 (木) 00時30分

あきのさんへ
ありがとうございます。
「人間万事塞翁が馬」とあきのさんにアドバイスいただいて、なんどもこの言葉を心の中で繰り返していました。
自分では、それなりに苦労してここまで生きてきたように思っていましたが、ほんとの山も谷もまだ知らずにいたようです。
信じられる息子を育てられたことが、なによりの財産となりました。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年8月 9日 (木) 00時10分

ポエポエさんへ
なにもわからないのは、当然なんですよ。
この年になるまで、想像もつかない出来事が起こり得ること、思い知らされました。
そのかわり、こんなうれしい日がくる経験も味わえました。
一緒に喜んでいただいて、ありがとう。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年8月 9日 (木) 00時02分

となりのとまとさんへ
ブログに書くのは、ずいぶん気がひけましたが、隠せない性格です。
でも、わかってもらうほど、詳しくかけない事情がありました。
皆さんに心配させてしまい、お恥ずかしいことですが、思いもかけずうれしいお知らせを早くすることができました。
とまとさんは、さすが読書家で、以前の記事も、他の人へのコメントも、全部読みこなして、ちゃんと覚えているんですね。
私も、シネンシスで再開した時の、清い画面を励みにこの半年がんばって来たように思います。ありがとう。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年8月 8日 (水) 23時55分

ネモフィラブルーさんが幸せなら、それが一番うれしいことです。

投稿: ゆ | 2007年8月 8日 (水) 23時29分

今晩は詳しい事情は解りませんが、色々大変な事がお休みされた時に有って深い心の傷を察し心配していました。でも今回明るい兆が見えて来ましたね。そしてとっても温かい様子が伺えます。少しずつ心をつなぎ合い、焦らず自然に幸せな家族に成れます様心からお祈り致しております。お孫さんの笑顔、声、元気な姿は最高の宝物です。何も見知らないお孫さんの自然のエネルギーを体に一杯もらって元の元気にネモフィラブルーさんに戻ってください。

投稿: 咲子 | 2007年8月 8日 (水) 22時17分

ロココには話が見えていない・・・のですが、でもすごく良い事が起こったようなので、良かったですね。

投稿: ロココ | 2007年8月 8日 (水) 22時04分

本当に・・・よかった!

何度も読んだのに
心が絞めつけられて書けなくて。
ネモフィラブルーさん、あれからずっと
そんなに辛かったなんて。
ごめんなさい。

それでやったんやね。みどりの表情が
あれから淋しそうやったんは・・・

この前の Oちゃんの可愛い笑顔は
夢なんかじゃないよ♪

素敵な 素敵な 
”じいじ ばあば”やねっ。

投稿: ジェフママ | 2007年8月 8日 (水) 10時59分

ブルーさん よかったな
ブルーさんと御主人の喜びが、里山の散歩からリビングから伝わってきます。
息子さんのご苦労を黙って見守ってこられたこの半年間、しんどかったやろうのにchiyomiさんはいつも気楽げでごめんね。
待たれたかいがありましたね。
おもいきり、おもいっきりとりかえしてくださいね。

投稿: chiyomi | 2007年8月 8日 (水) 00時30分

よかった・・・。胸がいっぱいで言葉が続きません。
昨日 クリトリアに美しいブルーの花が咲き
ネモフィラブルーさんのことを 考えていました。
しばらくはブログをほったらかしにして
”ばっちゃ”業にせいをだしてくださいね。
顔に笑いジワが い~っぱいできるまで・・・。
そうだ!明日は ネモフィラブルーさんの
お誕生日だったのではありませんか?

投稿: つれづれ | 2007年8月 7日 (火) 22時20分

そのときは逃げたくなるようなことでも、後になるとそれが、別な力になっていることがあります。つくづく後になってみなければ分からないことだらけです。
山も谷も歩きとおすことで、人は人の心も判って行くようです。
とにかく急に2人の孫がもてたのですから、まずここは上等な結末と想像させていただきます。

投稿: あきの | 2007年8月 7日 (火) 21時55分

いろんな事、全部飲み込んで生きていくのは辛いけど、夢のようだと思えるほど嬉しい日が来て、ほんとに良かったですね。
なんにもわからないのに、ゴメンナサイ。
でも、ネモフィラブルーさんの、喜んでいる気持ちが、私にも伝わって素直に嬉しいです。

投稿: ポエポエ | 2007年8月 7日 (火) 21時09分

ネモフィラブルーさん、よかったですね。
今年の1月に、待っててください とブログをお休みされた時、シネンシスの満開で、帰って来られた時、とても心配なことが起こっておられる様子に胸がさわぎました。
でも、今日のブログを読んで、本当によかったなぁ、と思いました。
Sちゃんがいて、Oちゃんがおしゃべりをしてくれて、息子さんとお嫁さんの笑顔があって・・・夢みたいだけど、夢じゃないですね。
里山を歩くネモフィラブルーさん御夫婦とみどりとOちゃんの姿が目に浮かびます。Oちゃんの「みどり~」と呼ぶ声は愛らしいでしょうね。

投稿: となりのとまと | 2007年8月 7日 (火) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミニばら フェアリーウィング | トップページ | 大津の大花火大会 »